2006年07月27日

西澤保彦 実況中死 (7/2006) ☆☆☆☆

実況中死―神麻嗣子の超能力事件簿実況中死―神麻嗣子の超能力事件簿
西澤 保彦

講談社 2003-11
売り上げランキング : 214770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾン:http://tinyurl.com/kgata
楽天:実況中死

http://www.geocities.jp/hidebookjp/bookstore/jikkyo.htm

また出た、「チョーモンイン」見習いの神麻嗣子と能解警部コンビが作家の保科匡緒(ほしなくにお)と繰り広げる超能力謎解き本格ドタバタ小説!

素子はとつぜん、頭の中に不思議な画像を得るようになる。他人が行動しているときの視野が、なぜか自分の頭に浮かんでくるのだ。どうやら犯罪者の視線のようだ。

それを知った超能力問題の専門家見習いの神麻嗣子と、女性の敏腕警部の
能解の二人が、今回は保科の手をできるだけわずらわさないように、という形で動きはじめる。

そして、その画像を自分たちに移動して、自分たちがその電波を感じられるようになったとたんに、彼女たちの目に、大変なものが映った…


変則的ながら、材料はすべて提供されているといえば言える。
その意味では「本格」といってもいいのかもしれない。

だがどちらかというとドタバタだし、類似作品の秘密についても、そう来たか、という感じはあっても、それってないんじゃないの?という考えもあるかもしれない。

だが言おう。
私はこういうの好きだ(笑)。

制約をなくして自由に発想できる形での犯人さがし。
どこまでが許されるのか?議論するのにいい材料だと思う。

ついでにいえば、神麻嗣子ちゃんのイラストは可愛い。このフィギュアもあるらしい(笑)


お勧め度: ☆☆☆☆  こういうの好きなんですよ〜
posted by 濫読ひで at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。