2011年07月03日

朱川湊人 オルゴォル (7/2011) ☆☆☆☆1/2

【送料無料】オルゴォル

【送料無料】オルゴォル
価格:1,785円(税込、送料別)


オルゴォル
朱川湊人
講談社
・ISBNコード: 9784062165693

古い団地に住む小学生のハヤトの家は母子家庭だ。母のヒトミさんは不動産屋で働いているが、夜遅くまで帰ってこないことも多い。
ある日ハヤトは、近所に住む足の悪いトンダじいさんから、「一生に一度のお願い」としてオルゴールを託された。
お金ももらって後暗くなったハヤトは、春休みに父親のところへ行く。そこで、父親の新しい奥さんやその友人たちと出会い、オルゴールを持って鹿児島へ行くことになる。
途中で福知山線の事故現場、広島の原爆ドームなども見て、幼い心は揺れ動く。
そして、行き先のわからない鹿児島に到着。どこに届けたらわからないはずの鹿児島で、奇跡が起きる…。

小学生には重い話でもある。だが、語り続けなければいけない話として、子供の目で、オトナにも訴えかけてくる。
最後の奇跡も、ありえないだけに洒落ている。ファンタジーとして完結したといえるだろう。

お勧め度:☆☆☆☆ 1/2 子供は成長していきます。

【送料無料】オルゴォル


ラベル:朱川湊人
posted by 濫読ひで at 09:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「オルゴォル」朱川湊人
Excerpt: 「実は前から、ハヤ坊に頼みたいことがあってなぁ」東京に住む小学生のハヤトは、トンダじいさんの“一生に一度のお願い”を預かり、旅に出る。福知山線の事故現場、父さんの再婚と新しい生命、そして広島の原爆....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2012-03-16 17:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。