2011年05月08日

樋口有介 片思いレシピ (5/2011) ☆☆☆☆

【送料無料】片思いレシピ

【送料無料】片思いレシピ
価格:1,680円(税込、送料別)



柚木草平シリーズ番外編、とのことだが、この柚木草平シリーズというのを読んでいない。
それどころか、実は作者を間違えて呼んでしまった本ということになる。
(誰と間違えたのかは恥ずかしくて言えないが…)

加奈子は、小学生。別居中の父とマスコミに出ている女性評論家の母を持つ。お友達の柚子ちゃんと楽しい毎日を過している。

そんな加奈子の通う塾で、殺人事件が発生した。 

塾の講師が殺されたのだ。
加奈子の父、祖父、そして加奈子自身もその背景を調べ始める。
そのうちにだんだん背景が見えてきた。塾の経営はいまは実質的にはオーナーの娘、亜佐美先生がやっているのだが、拡張話が持ち上がっている。
そして殺された山川の飲む投入には、睡眠薬が入っていた。
犯人は内部をよく知る人間であろう、ということになる…

たしかに面白い。ただし、小学生に殺人事件の調査を少しでもさせる、というのは設定としてどうかという気がする。

個別のキャラクターはそれぞれ特徴があって面白い。よく出来た作品に仕上がっていることは確かだ。
本編シリーズも呼んでみたくなった。

お勧め度:☆☆☆☆ こんな小学生に調べられたら、犯人はどんな気持ちになるでしょう。


【送料無料】片思いレシピ


ラベル:樋口有介
posted by 濫読ひで at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。