2011年02月06日

木宮条太郎 本日の議題は誘拐 (1/2011) ☆☆☆☆

【送料無料】本日の議題は誘拐

【送料無料】本日の議題は誘拐
価格:1,680円(税込、送料別)


本日の議題は誘拐

* 木宮条太郎
* 朝日新聞出版
・ISBNコード: 9784022507051

関磐マテリアルの元会長、名誉顧問が誘拐された。昔別れた会社を買収しようとする説明会に向かう途中だった。何が起こったのかわからず、関係者は右往左往する。
そのうちに犯人からコンタクトがある。しかも直接ではなく、間接的な物ばかりだった。


身代金が要求される。だが、誘拐がおもてに出て、大株主の海外ファンドから、「会社のカネを身代金に支払うのはまかりならん」という発言が出てくる。

内部監査室長代理の岡野、同期の経営企画室長の沢上、その部下の女性でIR担当の市川などが、右往左往しながら全力で対応する。

果たして名誉顧問を救出できるか?


推理小説とみると、少し不満が残るだろう。犯人の候補が増えていかないからだ。だが、エンターテインメントとしては十分に面白い。 面白いから、それでいい。
不満はあるとしても、楽しめるのが一番だ。

お勧め度:☆☆☆☆ 身代金をどうやって受渡しましょうか?



【送料無料】本日の議題は誘拐


ラベル:木宮条太郎
posted by 濫読ひで at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。