2011年01月22日

花形みつる まわりして、遊びに行こう (1/2011) ☆☆☆☆1/2

【送料無料】遠まわりして、遊びに行こう

【送料無料】遠まわりして、遊びに行こう
価格:1,575円(税込、送料別)


* 花形みつる
* 理論社
・ISBNコード: 9784652079669

新太郎は一人暮らしの大学生。失恋で落ち込んでプチ引きこもりしていたが、母からの電話で突然動き出す。 バイトをしなければ、生活できなくなったからだ。

そして新太郎は「遊び塾」の講師になった。子どもたちを遊ばせることにより、しなやかな感受性とたくましい身体を育てるというのだ。
ただ、子どもたちを遊ばせる、いや子どもたちと遊ぶ、というのは並大抵のことではなかった。新太郎はへとへとになりながらも、なんとか子どもたちとの遊びに慣れてくる。

途中から女子大生の講師も増え、楽しい中にドキドキの日々が加わってきた。
忙しくも楽しい日々の中に、いろいろと問題が起こる。

そして…


ここに出てくる新太郎は、今風の男だな、という感じがする。優しく草食系だ、ということではやはり現代の男性だ。
子どもたちのことも好きで、そして家族のことも好きだし、家族のために覚悟を決めたりもする優しさを持つ。その一方で、女性に対しての考え方、接し方はまさに草食系だ。

振り返って自分の人生、こんな生き方ができただろうか?と考えると、難しいと思う。
新太郎が自然にやっていることは、私にはたぶんできない。

だが、きっとこんな生き方は今の若者には普通すぎて、あまりインパクトがないかもしれないのだ。

お勧め度;☆☆☆☆1/2 子どもたちと遊ぶには、ものすごいエネルギーが必要です。

【送料無料】遠まわりして、遊びに行こう


posted by 濫読ひで at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。