2010年10月17日

樹林伸 ビット・トレーダー(10/2010)☆☆☆1/2

ビット・トレーダー

ビット・トレーダー

価格:840円(税込、送料別)


* 幻冬舎文庫
* 樹林伸
ISBNコード: 9784344414549

「神の雫」などの作者としても名高いこの作者。
いろいろなペンネームで多くのジャンルのストーリーを書いている。姉弟という話もあるが詳細はわからない。

さてこの本は、株式トレードの話。
息子を電車事故で失った外車のセールスマン恭一が、その金で株式投資にのめりこむ。恭一は儲けた金でマンションを借り、愛人を住まわせる。 その一方、娘は中学生ながら化粧をしてでかけ、ホストクラブでホストに入れあげる。 妻は昼間にスポーツクラブでインストラクターに思いを寄せる。




こんな崩壊しかかった家族。
ある日、恭一は「ナイト・サザビーズ」という女性のオークションに誘われた。
そこで売られていたのは、部下の桜だった。恭一は、500万円で彼女を競り落とす。
その恭一に、別の男から声がかかる。ある取引をしないか、というものだ。

恭一は、自分の全力を尽くしてそのトレードに突入する。
インサイダー取引がからむこの大勝負。しかも裏切り、事情の変化、娘の転落、突然の邪魔などいろいろ入り、事情は複雑になっていく。

果たして恭一は勝負に勝って平穏無事な日々を取り戻せるだろうか?


5%ルールもインサイダー規制もない世界。
こんなことができて金儲けできれば、そんなに楽しいことはない。

まあ、規制など考えていたらエンターテインメントにはならない。気にせず、「面白いか」で考えれば十分に面白い。
ご都合主義のように見えるが、それだけではなくてある程度の説明がついているところも納得感がある。
わくわくしたい人におすすめだ。

おすすめ度:☆☆☆1/2 株式投資の売りで勝つのは難しいです。
ビット・トレーダー

ビット・トレーダー

価格:840円(税込、送料別)



ラベル:樹林伸
posted by 濫読ひで at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。