2010年09月11日

北川歩実 硝子のドレス(9/2010) ☆☆☆1/2

硝子のドレス

硝子のドレス

価格:880円(税込、送料別)


* 北川歩実
* 集英社文庫
・ISBNコード: 9784087465297

作家の菅見の家に、昔の同級生の女性から電話がかかってきた。留守電メッセージを聞いた菅見の彼女、実咲は急に態度が変わる。そして、突然姿を消してしまった。

菅見は、実咲を探し始める。
そして、いままで知らなかった実咲のこと
を調べていると、多くの謎が出てきた。

そして、謎の女に襲われる。

話の裏には、どうやらダイエットコンテストがあるらしい、ということもわかってきた。菅見は、実咲を追いかけて、コンテストの主催者にコンタクトをはかるが…


さすがにかなり前の作品の文庫なので、今みるとカセットテープだとか、ちょっとした違和感というか時代を感じさせる部分がある。

だが、ダイエットしたいと思う女性の気持ちは今でも変わっていない。
そして、おそらくそういう女性の気持ちが事件を引き起こす、というような構図も変わらないのだろう。

おすすめ度:☆☆☆1/2 ダイエットしたらいい、というものではないのですが…


硝子のドレス


ラベル:北川歩実
posted by 濫読ひで at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。