2010年08月22日

佐藤多佳子 夏から夏へ (8/2010) ☆☆☆☆


* 集英社文庫
*
・ISBNコード: 9784087465778

「一瞬の風になれ」
http://hidebook.seesaa.net/article/38043866.html
の作者、佐藤多佳子の書いたノンフィクション。
夏から夏、というのは大阪の世界陸上から北京オリンピック直前までの夏を指している。
日本の短距離陸上選手たち、とくに「4継」つまりリレーの選手たちを追い、記している。

このメンバーは、もちろん五輪で銅メダルを取ったメンバーだ。
「一瞬の風になれ」で短距離のことをいろいろ勉強し取材した作者が、今度は短距離のノンフィクションを書いた。

「一瞬の風になれ」は本屋大賞まで取った名作であり、きっちり取材していることもよくわかる。
面白いのは、朝原選手にインタビューしたとき、彼から、小説の仲で出てきた練習方法が、東海大のものだというのを当てられたというエピソードだ。
見る人が見れば、どういうスタイルの練習がどこのものか、というのはわかるわけだ。

この作品には、北京五輪の記述はない。
五輪に間に合うように出版された本だから。

だが、それを補うように、作者と朝原の対談が載っている。引退後の生活が語られ、それもまた興味深い。

作者は今後も定期的に陸上のことを追っていくだろう。いや、追っていって欲しいと思う。
スポーツ・ノンフィクションの良質なものをこれからも読みたいと思うので。

おすすめ度;☆☆☆☆ 短距離のほんの10秒の走りの前に、これだけの蓄積があります。

【2冊同時購入でポイント3倍】【ポイント5倍対象商品】夏から夏へ




ラベル:佐藤多佳子
posted by 濫読ひで at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。