2010年07月11日

内藤みか 夢をかなえるiPhone (7/2010) ☆☆☆☆1/2

夢をかなえるiPhone

夢をかなえるiPhone

価格:998円(税込、送料別)


内藤みか
技術評論社

夢をかなえるiPhone まいにちが楽しくなるケータイの使い方
・発行年月: 2010年08月
・ISBNコード: 9784774143132

このタイトルの本、実は出版記念セミナーに行ってきた。
昨年のロフトプラスワンでもお会いした内藤みかさんがiPhoneの本を出したという。
前回の「夢をかなえるツイッター」と同じような装丁で今度はiPhoneだ。色は前回が青、今回は緑。

最近iPhoneの女性ユーザーが増えている。これは私もよく感じている。
だがどんな使い方ができるのか?
たぶん知らない人たちも多いだろう。

この本は、ケータイ小説を書いていてiPhoneアプリもリリース、ということになってiPhoneを使いはじめた内藤さんがみごとにハマり、使いこなすまでの実話と、彼女が出会ったiPhoneユーザーの人びと(男女問わず)の使い方が出ている。

内藤さんは実はかなりハマっていて、買ったその日にアプリ122個もダウンロード、カメラアプリだけで30個もあれこれ試したという。
彼女のたとえとして「iphoneはお弁当箱みたい」というのがある。 わかるようなわからないような。だが女性のほうがよくわかるようだ。

出版セミナーで面白かったのは、この本に登場している何人かとお会いできたことだ。実物から話を聞くとまた余計に面白い。そしてあんな人がこんなことを…などとあれこれ考えるのも楽しい。

一番感じたのは、iphoneは情報発信をできるツールだということだ。
もちろん情報を手に入れるために非常に役立つのだが、それに加えて発信を始めるとまた世界がかわる。それがよくわかる本になっている。 しかもノンユーザーや初心者にも楽しめる。

小難しい入門書より一部の人たちにはずっと相性がよさそうだ。
iPhoneユーザーも読んでみてあるある、とかなるほど、と思うこともあるだろう。

ただタイミング的にはiPhone4がでたばかりでまだその内容にはあまり触れられていないのは残念なところではある。
だが基本コンセプトがぶれていない、というのがいいのだろう。

おすすめ度;☆☆☆☆1/2 初心者にはぴったりだ。

追伸;次回は「夢をかなえるiPad」だろうか?赤い色で(笑)


ラベル:内藤みか
posted by 濫読ひで at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。