2010年05月30日

重松清 あすなろ三三七拍子 (5/2010) ☆☆☆☆1/2


あすなろ三三七拍子
* 重松清
* 毎日新聞社
1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
・発行年月: 2010年03月
・ISBNコード: 9784620107547

あすなろ学園大学の応援団は廃部の危機を迎えていた。
後継者がいないのだ。
OB会のメンバーは悩んだ。そしてOB会長は、大きな決断を下した。
彼は会社の社長をやっている。社員を、応援団長として大学に送り込むのだ! 社会人入試により、いきなりフツーのオヤジ、大介が大学生になってしまった。

大介の娘はあすなろ大学付属高校生。まさか父親がこんな姿に…
そして娘のボーイフレンドは、あすなろ大学の学生だった!

果たして大介は応援団長として、応援団を立て直し、新入部員を迎えることができるだろうか?


面白い。
ありえない話なのに、ありそうで面白い。
フェミニストの顧問とか、女性部員。押忍といえない金髪の部員。
チアリーダーに吹奏楽部。ライバル大学の応援団。
いろいろな関係者が入り乱れて楽しめる。

笑いアリ涙アリで、気楽に読める。

おすすめ度:☆☆☆☆1/2 応援団を応援しましょう!



ラベル:重松清
posted by 濫読ひで at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。