2010年05月15日

山本幸久 失恋延長戦 (5/2010)☆☆☆1/2


失恋延長戦
* 山本幸久
* 祥伝社
1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
・ISBNコード: 9784396633363

名手、山本幸久の描く話。
米村真弓子は高校生。放送部に所属している。いいな、と思う相手は同じ学年の大河原君。 彼はだれにでも優しい。 藤崎というクラスメートはなぜか真弓子をライバル視している。
全体の中で意外に役割を果たすのは、犬のベンジャミンだ。真弓子の飼い犬なのだが、人間の言葉がわかるかのように行動する。実際心のなかでは人間に話しかけている。そして真弓子はある程度それがわかるのだ。

地元のラジオ局のオーディションを受ける話とか、藤崎がいろいろちょっかいを出してくるエピソードなどが順番に。

そして大河原君を好きでも告白できなかった真弓子には衝撃だが、大河原君に蔦岡というガールフレンドができる。彼女はちゃっかりしていて、真弓子を使って自分が思うようにしようとする。不器用な真弓子はそれに抗えなかったりする。

真弓子は「不器用」。それがたぶん正しい言い方なのだろう。高校を出ても、不器用な毎日は続く。そしてもう一人、不器用な藤崎。 彼女はいつのまにか、真弓子に頼っている。そしてそれを真弓子は嫌いではないのだろう。なぜなら東京で彼女は大胆な行動にでるのだから…

全体的にゆっくりなトーンで話が進み(いや進まず)、真弓子の不器用さにより恋はなかなか成就しない。人生もそれほどうまくいかない。だがそれでも真弓子に魅力があるのは、彼女のことを暖かく見守りたい、と思えるようなキャラクターだからなのだろう。そして、そう思うのは読者だけではない。彼女を最も愛しているのは、ベンジャミンなのかもしれないのだ。

おすすめ度;☆☆☆1/2 最後のエピソードはとてもいい文章です。

失恋延長戦


ラベル:山本幸久
posted by 濫読ひで at 22:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「失恋延長戦」山本幸久
Excerpt: 全力で片思い、しちゃいました!苦しくって、ちょっぴりはずかしい……そんな不器用で切ない日々をかろやかに描く青春ラブストーリー! 女子高生の米村真弓子は、放送部で一緒になった同級生・大河原くんに片思い..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2011-06-15 10:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。