2010年01月02日

Kindle出版顛末記 その3 やっと出版へ

このままではいずれにしても日本では読めない、ということで、仕方なく翻訳することにした。
まあもとが短いので、翻訳は手間の問題だけだ。
忙しいのでなかなか手につかない。

なんとかQuick and dirty翻訳を終わらせた。
あちこちの翻訳サイトを使ってみたが、いまいちで結局自分でやるほうが早い。単語についても変な感じだったりする。
エキサイト翻訳でこんなふうになった。
したしみがわく → Familiarity is a frame.  orz
意味がわかるだろうか?

ほかにも
すり抜ける It prints and it comes off.
これも焦った。
あと、
 痴漢Public nuisance 
うーむ。これはむしろ「公害」という感じだ。
まあ、そうこうしながらも、年賀状を終わらせたあと、なんとかやっと12月30日にアップすることができた。

そして元旦。
iPhoneでKindle for iPhoneを立ち上げて見て、randoku hideで検索すると、おお!載っているではないか!

しかし価格が$7.49? そんなに高くしたっけ?
まあまずはテストでサンプルをダウンロードしてみた。

できた。

次に、本物もダウンロードした。
ワンクリックでできるかららくだ。

で、日本語が読める。
やった!
これで完成だ〜〜


posted by 濫読ひで at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。