2009年12月20日

柴田よしき 私立探偵・麻生龍太郎 (12/2009) ☆☆☆☆1/2


私立探偵・麻生龍太郎
著者: 柴田よしき
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 392p
発行年月: 2009年02月
1,800円 (税込 1,890 円) 送料無料
私立探偵・麻生龍太郎

刑事をやめて私立探偵になった麻生龍太郎が活躍する短編集。
というか、あまり活躍しなくても、彼のところには情報が流れ込んでくる。 
先日紹介した「ドント・ストップ・ザ・ダンス」
http://hidebook.seesaa.net/article/135500447.html
ででてきた「アソー菌」の麻生龍太郎、ということになる。
彼が受けた依頼には、何か別のように見える事件がからんできて、それが最後にうまくつながっていく。

麻生は探偵だが、ひとりでやっているため、警察時代の知り合いからの紹介などで、なんとか食べていける。彼は離婚して、独身だ。とはいえ、恋人というか強い絆を持つ相手がいる。その相手は男だ。そして、犯罪者。 刑務所から出てきて、ヤクザに協力するかどうか、すれすれのところにいる。

"Carry on"
麻生は、ある日、知り合いの元検事の早坂絹子から個人的に依頼をうけた。叔母がしていた指輪が失くなった。もしかしたら、犀川という男がその手がかりを持っているかもしれない、と。
麻生は犀川と会い、逆に依頼を受けてしまった。 そして、指輪の行方を追ううちに、別の事件に巻き込まれてしまい、女性を連れて逃げる羽目になる…

麻生は、これからも探偵を続けるのだろう。そして、麻生が求める男、練はいつも麻生の思うようにはならない。そして、逆に麻生も練の思うようにはならない。義理だったり、生き方だったり、いろいろなものが決断の邪魔をする。人生はそういうものなのかもしれない。自分が思うようにしなければ、結局納得できないのだ。

おすすめ度:☆☆☆☆1/2 これくらい事件を解決できるなら、苦労はしないでしょう…いや、しているか。

私立探偵・麻生龍太郎


ラベル:柴田よしき
posted by 濫読ひで at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。