2009年11月07日

五十嵐貴久 年下の男の子 (11/2009) ☆☆☆☆


年下の男の子
著者: 五十嵐貴久
出版社: 実業之日本社
サイズ: 単行本
ページ数: 380p
発行年月: 2008年05月
ISBN:9784408535302
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
年下の男の子

このブログにもときどきご訪問くださる、五十嵐貴久さんの作品。
このタイトルを見ると、多くの人が、キャンディーズのヒット曲を思い出すだろう。 まあ近頃の若い人は知らないかもしれないが…キャンディーズの面々も50を超えていることだし…

それはさておき。
わたしは、37歳のOLだ。なんと大きな買い物をしてしまった。マンションだ。 とうとう、やってしまった。これは、一生独身でいるぞ、という宣言でもある。
仕事は銘和乳業の宣伝部広報課。実際お局様でもある。
ある日、凡ミスで、フリーペーパーに出した新商品の価格が抜け落ちているのに気付いた。再悪の凡ミス。 しかたなくわたしはすべてのペーパーにシールを貼る、という気の遠くなるような作業についた。 そこで一緒にやってくれたのが児島君だ。大学出たての契約社員の23歳。 
なぜか児島君はわたしのことが気に入ったらしい。 でも、彼は14歳も年下なのだ。一方、会社のやり手の部長がこんど離婚するらしい。彼はみんなの憧れの的だ…。

一途な若者と、不安を隠せない年上の女性。
二人の恋はいったいどちらへ…


この前、ちょっと話したことがある。今の日本においては、男性は年齢を重ねると結婚相手の選択肢が広がるが、女性の場合狭まる、ということだ。男性が14上でもありだが、女性が14上だとなかなか難しい、と思われがちだ。

この小説は、そんな意識を打破してくれるかもしれない。もちろん悩みは尽きないだろう。だが男女間で悩みがないほうがおかしい。年齢差は、そのひとつでしかない。
読者は、それに気づくだろう。

お勧め度:☆☆☆☆ はたして彼女はいつ決断を…

 

この本の情報を楽天ブックスで確認する→年下の男の子


ラベル:五十嵐貴久
posted by 濫読ひで at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。