2009年10月25日

柴田よしき 神の狩人 (10/2009) ☆☆☆☆


神の狩人

2031探偵物語
著者: 柴田よしき
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 255p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784163270302
本体価格 1,381円 (税込 1,450 円) 送料無料
神の狩人

柴田よしきの近未来作品。
時は2031年。
探偵のサラは、仙台へ向かった。3年後に遷都をひかえたその町で、風祭という男を訪ねて行ったのだ。 風祭は引退した探偵だ。昔、免許のいらなかったころ、彼はある女性を探していた。そしてレポートを出したが、その結果について聞きたかったから。サラの依頼人は、その女性の妹なのだ。風祭はサラを子ども扱いする。 実際引退したとはいえ、彼はベテランなので、彼のほうがずっと上の部分も多いのだ。

女性に狂わされた男性の妻が依頼人にやってきた。 だが、その女性は、その男性とはたまたま話をしただけだ、という。実際その通りだったようだ。 なぜそれが起こったか。それを調べるうちに、サラはある芸術家に出会い、また自分自身にある秘密に気づいていく…
小説としては完結していないので、今後も続きがあるだろう。


設定が未来であるだけに、作者がいろいろ説明に苦労している部分と、自由に作り上げた部分が混在している感じだ。

あとほんの22年でこの時代がやってくる。 自分の22年前に、今の世界が想像できたか?と考えると、変わらない部分と変わった部分が混在しているな、と思う。

柴田よしきワールドのような世界が来るかどうか? それはなんとも言えないが、もっと明るい世界であってほしいと願う。


お勧め度;☆☆☆☆ 未来の設定、それからその「敵」の設定についていけるかどうか、が好みを分けそうです。

楽天ブックスでこの本を見てみる→神の狩人


ラベル:柴田よしき
posted by 濫読ひで at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。