2009年08月02日

海堂尊 夢見る黄金地球儀 (7/2009) ☆☆☆☆


夢見る黄金地球儀
東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 海堂尊
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 300p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784488017453
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

夢見る黄金地球儀

おなじみ桜宮市を舞台にした物語。ただし、今回は病院や医者の話ではない。
鉄工所の跡取り息子が主人公だ。ほんのちょっとだけ、厚生労働省の妙な役員、白鳥らしい者も言及される。

平沼鉄工所の平沼平介は、突然の市役所からの依頼に驚く。
昔の「ふるさと創生基金」でもらった金を使って市が作った「黄金地球儀」の警備をしてほしい、という要望だった。

平介はそれを受け入れる。そこに大学時代の悪友の「ガラスのジョー」が現れる。 ジョーはその黄金地球儀の強奪をもちかけてきたのだ…。そして平介は大きなことに気づいてしまう…

舞台は海堂ワールドの中心地、桜宮だが、このストーリーはシリアスではない。むしろコミカルだ。ジハード・ダイハードが合言葉。

結末はそれなりに納得する人と否定したい人たちがいそうな感じとなる。じっくりと読んでみてほしい。


お勧め度:☆☆☆☆ 楽しめます。

夢見る黄金地球儀


ラベル:海堂尊
posted by 濫読ひで at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。