2009年07月25日

倉阪鬼一郎 夜になっても走り続けろ (7/2009) ☆☆☆☆


夜になっても走り続けろ
Joy novels
著者: 倉阪鬼一郎
出版社: 実業之日本社
サイズ: 新書
ページ数: 245p
発行年月: 2009年06月
ISBN:9784408505084
本体価格 857円 (税込 900 円) 送料無料
夜になっても走り続けろ

ミステリ作家の倉阪鬼一郎先生は、最近マラソンに凝っているようだ。
以前紹介した「湘南ランナーズ・ハイ」http://hidebook.seesaa.net/article/82016515.html も、マラソンの話だった。 

今回は、なんと「24時間耐久マラソン」の話になっている。
単純に42.195キロを走るマラソンではない。24時間かかってどれくらい走れるかを競うものなのだ!大学生の月岡麻友(まゆ)は、失恋の痛手でやけになって、死んでやる!という気になって「24時間耐久マラソン」というものにエントリーした。24時間走る、といっても無理に走らずに途中で寝ていてもいい、と甘くみていたのだ。

実際、そうはいってもなかなかそんな単純なものではなかった。フルマラソンどころか5キロも走ったこともない麻友にとって、これは無謀以外の何物でもなかった。体が悲鳴をあげている。そんな麻友に、助けの声がかかった。なんと麻友が通う湘南国際大学ジョギング同好会のメンバーが、テーピングとか助けてくれる、というのだ。

同好会は、団体の部に参加していた。チームで24時間走るというものだ。 麻友も、なぜか突然メンバーに加わることにした。


作者は、実際に24時間マラソンに参加している。その経験に基づいた作品になっている。痛みへの対処法とか、夜中の観客や参加者の行動など、実際に体験に基づいた記述になっているのだろう。

前作と同じように、霊的なものが出てくる。これも作者の経験に基づくのだろうか? 走っているとそんなイメージがわいてくるのかもしれない。

お勧め度:☆☆☆☆ 24時間、走り続けられますか?

夜になっても走り続けろ


ラベル:倉阪鬼一郎
posted by 濫読ひで at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。