2009年07月04日

水田美意子 着ぐるみデパート・ジャック


着ぐるみデパート・ジャック
著者: 水田美意子
出版社: 宝島社
サイズ: 単行本
ページ数: 278p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784796664783
本体価格 1,143円 (税込 1,200 円) 送料無料
着ぐるみデパート・ジャック

「このミステリーがすごい!」大賞の特別奨励賞を受賞した作者の新作。

デパートに武装したメンバーが人質をとってたてこもった。
その要求はなんと「文部科学省の解体」だった。
犯人たちは、パンダなどの着ぐるみを着て、武器を持って立てこもっている。

はたして警察は、この犯人たちを捕まえ、無事に人質を救出できるだろうか?

物語の同時進行で、近所の建設会社の秘密が明らかになり、改革を望む若手が役員たちに直訴していく。 その二つが次第にからみあって結末へと向かっていくことになる。

ストーリーのディテールは凝りにこった部分と、粗雑だったりありえない部分が混在している。
ナンセンス的なミステリーだからもちろんそれでいいのだが、その一方で、実際上読者にフェアな形でトリックが提示されている、ともいえる。

物語は、意外な結末を迎える。
そして作者は、きっとこの登場人物たちをシリーズ化していきたいと思っているのだろう。

お勧め度;☆☆☆☆ 楽しんで読んでください。

追記:
先入観なしで読んでほしいので、以下はおまけではあるのだが。
作者が「このミス!」奨励賞を受賞したのは12歳のときだ。 92年生まれである。であるから彼女はいまも高校二年生あるいは三年生ということになるだろう。

高校生でこれを書いた、というのはすごいとしか言いようがない。天才作家になる可能性を大いに持っている、と言えるだろう。


着ぐるみデパート・ジャック


ラベル:水田美意子
posted by 濫読ひで at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。