2008年10月26日

吉野万理子 乙女部部長 (10/2008)☆☆☆1/2


乙女部部長
ダ・ヴィンチブックス
著者: 吉野万理子
出版社: メディアファクトリー
サイズ: 単行本
ページ数: 182p
発行年月: 2007年11月
ISBN:9784840120791
本体価格 1,200円 (税込 1,260 円) 送料別
乙女部部長

小夏は運命の人を探し続けて、今に至った。
小夏はデパートに勤める32歳・独身。
友人の遥香は、結婚して子供もいる。


小夏は、独身女性たちを集めて「部」を作った。
名づけて「乙女部」
・運命の人との出会いを信じる
・赤毛のアンが大好き
・男の人は、外見ではなく魂だと思う
・運命の人と出会うまで、指輪はつけない

この4つのうち2つ以上を満たすのが乙女部入部の条件。
そして乙女部のミッションは…「運命の人」との出会いを信じて行動すること。
はたして小夏は「運命の人」と出会えるだろうか?


軽い読み物として読むのがいいだろう。
べつにシリアスなエピソードはそれほど出てこない。
ストーリーとしては、比較的ありがちな形になっている。

乙女部に入部できるような読者に、納得できるような作品に仕上がっている、といえるだろう。
これをいい、と思うか、それともありえない、と思うか。

それはあなたが乙女部に入れるかどうか、の踏み絵かもしれない。

お勧め度:☆☆☆1/2 運命の人との出会いをいつまで信じますか?

乙女部部長


ラベル:吉野万理子
posted by 濫読ひで at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。