2008年09月07日

新堂冬樹 夜騎士物語 (9.2008) ☆☆☆☆


夜騎士物語
著者: 新堂冬樹
出版社: 双葉社
サイズ: 単行本
ページ数: 372p
発行年月: 2008年08月
ISBN:9784575236316
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別

夜騎士物語

心はナンバーワンホストだ。そこへ、別の店からナンバーワンだった男、流花がやってきた。
流花は、心のナンバーワンを抜く、と宣言する。
実は、流花は、心の父親に深い恨みを抱き、ホストの世界に入ったのだ。
心は、女性をやさしく扱い、無理をさせずにナンバーワンの座を維持してきた。 流花がやってきて、心の心中はおだやかではない。

心と流花、壮絶なトップ争いが始まる。

太い客をどちらがつかむか。今までの客、これからの客をどうやってつなぎとめるのか…

圧巻なのは、二千五百万円のボトルだ。世の中には、そういうものが存在するということだけでもすごい。

そして、それを注文できる女性がいる、ということはもっとすごい。そうでなくても、一本十万円のボトルなど当たり前の世界がここにはある。

男と女、そして男と男の騙し合い、つばぜりあいの世界がここにある。

お勧め度;☆☆☆☆ 心の変貌ぶりが見ものです。
私はホストにはとてもなれそうもありません。でも、こんなお金持ちの女性たちに貢がれてみたい気はします(笑)。


夜騎士物語


ラベル:新堂冬樹
posted by 濫読ひで at 11:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ホストクラブの内実をあっさり描く:夜騎士物語
Excerpt: 夜騎士物語―Night Knight Story作者: 新堂 冬樹出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2008/08/19メディア: 単行本 「黒い太陽」以来、水商売を描く小説が多い新堂冬樹がホ..
Weblog: 本読みの記録
Tracked: 2008-12-06 09:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。