2015年11月23日

山本幸久 店長がいっぱい (11/2015) ☆☆☆☆1/2

店長がいっぱい

店長がいっぱい
著者:山本幸久
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



楽天ブックスによる紹介はこうある。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
夫を亡くしたばかりの真田あさぎは、小学生のひとり息子を育てるため、「友々丼」と名付けた“他人丼”の専門店「友々家」を開いたー。あれから30年余り。いまでは、百二十店舗を数えるまでになった。東京、神奈川、群馬…今日も、あちこちの「友々家」では、店長たちが、友々井をせっせと提供している。それぞれの事情を抱え、生きるために「友々丼」をつくり続ける7人の店長と、共に働く人々のちょっぴり切ない七つの物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
松を飾る/雪に舞う/背中に語る/一人ぼっちの二人/夢から醒めた夢/江ノ島が右手に/寄り添い、笑う


もちろん間違ってはいないがこれを前提に読むとあれ?となるだろう。
タイトルのとおり、これはそれぞれのフランチャイズの店の店長の物語だ。店にはそれぞれ店長がいて、それぞれ悩んでマネジメントしている。そして皆自分の人生を背負っているし、店員やバイトなどの管理も行っている。 そして、当たり前だが料理を作って出さなければならない。店長は皆悩みながら日々を過ごしている。大きなものであっても小さなものであっても。続きを読む
ラベル:山本幸久
posted by 濫読ひで at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。