2013年10月26日

五十嵐貴久 こちら弁天通りラッキーロード商店街 (10/2013) ☆☆☆☆1/2



おなじみ五十嵐貴久さんの作品。

俺は借金を踏み倒して逃げていた。保証人になったばかりに、こんなことになってしまったのだ。
そして山奥のボロ寺にいったところ、新しい住職と間違えられてしまった。

だが皆の願いはひとつ。「早く死なせて欲しい」というものだった。
驚いて聞いてみると、ここの商店街はもう客も来ない、さびれるばかりでこのままでは潰れるしかない、それくらいならもうぽっくりと死んでしまったほうがましだ、というのだ。

俺は驚いたが、しばらく坊主の真似事をすることにした。

続きを読む
タグ:五十嵐貴久
posted by 濫読ひで at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石持浅海 扇動者 (10/2013) ☆☆☆☆

【送料無料】煽動者 [ 石持浅海 ]

【送料無料】煽動者 [ 石持浅海 ]
価格:1,470円(税込、送料込)



石持浅海の作品

今回は「非過激なテロリスト」の話だ。
テロリストといえば過激派として人を殺してでも自分たちの目標(多くは政治的目標)を達成しようと考えるものだが、今回は違う。 

登場人物たちの属する組織「V」は正体不明だが、政府を倒し国をよくする、という確信にあふれた者たちが参加している。
個別のメンバーは「細胞」といわれる小さなグループになっている。この形であれば、もし計画がもれたとしても上層部につながることはない。

今回のテーマは「国民の政府に対する不信」を起こさせる。
そのために選ばれたのはじゃがいもの芽だった。
続きを読む
タグ:石持浅海
posted by 濫読ひで at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂場瞬一 異境 (10.2013) ☆☆☆☆

【送料無料】異境 [ 堂場瞬一 ]

【送料無料】異境 [ 堂場瞬一 ]
価格:1,785円(税込、送料込)



新聞記者の甲斐は、上司に逆らい、本社から横浜支局に飛ばされてきた。
ベテランの彼はそこでも厄介者として遊軍扱い。

その中で、若い記者の二階は、お調子者っぽいがそこそこ甲斐を立ててくれた。
そんな二階から連絡がなくなった。
どうやら失踪したようだ。
なぜ…甲斐は二階の足跡を調べ始めた。続きを読む
タグ:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白瀬修 おとXまほ 13巻

おと×まほ(13)

おと×まほ(13)
著者:白瀬修
価格:641円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



おとXまほ13巻。
かなりドラスティックな結末。
というか予定調和していない。
彼方の意識が消え、此方は謎の人々とさってしまう。
そして「つづく」
タグ:白瀬修
posted by 濫読ひで at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野圭吾 パラドックス13 (10/2013)

【送料無料】パラドックス13 [ 東野圭吾 ]

【送料無料】パラドックス13 [ 東野圭吾 ]
価格:1,785円(税込、送料込)



東野圭吾のSFミステリ作品。
ある時刻に、「宇宙全体が移動する」という特異な事件が起きることが予測された。
そのため政府から一部のトップに対して指示が出た。たとえば、警察ではその時間に「極力、警察官を危険な任務には就かせないこと。」

突然の衝撃から冬樹は立ち上がった。そして世界が急変したことを知った。
なんと、人間、いや生物が消え去ったのだ。
ほんの一部だけ生きている人間が見つかった。
人々は集まってなんとか耐えしのごうとする。その中には冬樹の兄もいた。

なぜこんなことが起きたのか、そして皆生き延びられるのか…


続きを読む
タグ:東野圭吾
posted by 濫読ひで at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

馳星周 ソウルメイト (10/2013)☆☆☆☆1/2



馳星周の作品だからハードボイルドだと思っていたら、全く違った。
これは人間のソウルメイト(魂の伴侶)である犬と人間の関わりについて書かれた短篇集だ。

彼には「走ろうぜ、マージ」という作品がある。
http://hidebook.seesaa.net/article/23719217.html
彼は以前、愛犬のバーニーズマウンテンドッグを失った。
病に倒れた犬を看病するために、彼は軽井沢に引っ越したのだ。
そしてマージを看取った。

そんな感じで、犬との関わりを描いた短篇集。
犬がチワワだったり柴犬だったり。

そして最後の作品。バーニーズ・マウンテン・ドッグ。
名前はカータ。
もちろんこれはマージへのオマージュだろう。



続きを読む
タグ:馳星周
posted by 濫読ひで at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小路幸也 コーヒーブルース (10/2013)

【送料無料】コーヒーブルース [ 小路幸也 ]

【送料無料】コーヒーブルース [ 小路幸也 ]
価格:1,575円(税込、送料込)



僕は古い家を改装してそこで喫茶店をやっている。
彼女はいない。昔の彼女とは悲しい別れ方をした。

僕のまわりの人たちはみんな思いやりがあって優しく楽しい。刑事までいる。

そんなとき近所の女の子が、おねえちゃんを探して欲しい、と頼んできた。僕が以前猫を探すのを手伝った話を聞いたらしい。
おねえちゃん、というのは中学生の女の子だ。家出したのか、それとも…。

一方、僕のところにあるニュースが飛び込んできた。橋爪が刑務所を出た、と。
彼は昔とんでもないことをした。僕は彼を許すつもりはないし、彼女の父親もだ。

続きを読む
タグ:小路幸也
posted by 濫読ひで at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。