2013年09月29日

石持浅海 届け物はまだ手の中に (9/2013) ☆☆☆☆




おなじみ石持浅海。
どう思うか、といういつもの前置きは抜きにして。

楡井は、長年の友人である設楽の家を突然訪れた。
手土産をもって。

カバンの中には彼が関わったメロンが入っている。
だがそれだけではない。
彼が殺した男の生首も入っていたのだ。
その男は、彼と設楽の師を殺した仇なのだ。

昔、設楽と楡井は、師の仇をとる、と誓ったが設楽は会社を作り事業を起こしてその夢を捨てた。
楡井は、自分が約束を果たしたことを告げに来たのだ。続きを読む
ラベル:石持浅海
posted by 濫読ひで at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汀こるもの 溺れる犬は棒で叩け 



タナトスシリーズ。

既にこれを読むときには謎解きをしようとする意欲は放棄せざるをえない。
むしろ主人公二人の人の悪さと殺人を呼び寄せる状況を楽しむ、という妙なことになる。

どうせ殺人は起きる。
何人も死ぬわけだし。

この二人が意図して人殺しをするわけではない…と思ってはいたが。


続きを読む
ラベル:汀こるもの
posted by 濫読ひで at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

黒木亮 獅子のごとく 小説 投資銀行日本人パートナー




外資系の投資銀行の日本人パートナーになるにはどんな仕事ぶりが必要か?
どんなビジネスをしているのか?

そのへんをかなり綿密な調査の上で書いてある投資銀行小説。
しかも実在の人物、企業、事件をベースにして書いている。
ホリエモンや三木谷浩史なども実名で出てくる。

基本的にはゴールドマンをモデルにしつつもそれ以外のデータもおりまぜて架空の投資銀行の話に仕立て上げている。

とくにいま40代後半、50代の人々にとっては記憶に新しい人たちが多く現れる、といってもいいだろう。
続きを読む
ラベル:黒木亮
posted by 濫読ひで at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波多野陸 鶏が鳴く (9/2013)

【送料無料】鶏が鳴く [ 波多野陸 ]

【送料無料】鶏が鳴く [ 波多野陸 ]
価格:1,365円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
高校3年生の伸太は、かつてのバンド仲間で引きこもり中の健吾の部屋にしのびこんだ。どちらが相手より上なのか確かめるため。お互いの素の心に向き合うため。夜通し続く対話の果て、二人に光は見えたのか?第56回群像新人文学賞受賞作!

ということ。

ちょっと設定が突飛ではあるがお互いの心の中、生活の状況をさらけだす二人。

ラベル:波多野陸
posted by 濫読ひで at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五十嵐貴久 編集ガール (9/2013) ☆☆☆☆

編集ガール!

編集ガール!
著者:五十嵐貴久
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



おなじみ五十嵐貴久先生の小説。

あたし、高沢久美子は出版社で経理をやっている。つきあっているのは社内の学。
普通のOL生活をしていたはずなのに、ある日突然社長に呼び出される。

なんと先日会社で適当に書かされた企画書が社長の目にとまり、いきなり新雑誌の発行になる、というのだ。
しかも編集経験のないあたしが編集長に!
そしてスタッフも寄せ集め。その中になんと学も!!

というわけでいきなり走り出した新雑誌の企画。果たして雑誌は出るのか?成功するのか?
そして…。

続きを読む
ラベル:五十嵐貴久 
posted by 濫読ひで at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

伊坂幸太郎 SOSの猿 (9/2013) ☆☆☆1/2

【送料無料】SOSの猿 [ 伊坂幸太郎 ]

【送料無料】SOSの猿 [ 伊坂幸太郎 ]
価格:660円(税込、送料込)



ちょっと辛い点をつけてしまったが面白いことは面白い。

視点がいろいろ変わりながら、日常に出てくる「猿」と「三蔵法師」の話になる。
日常の話は株の誤発注をした男性の理由をさぐろうとする真面目な男の話だったり、
悪魔憑きがひきこもり男性を助けようとする話だったり。

他の伊坂作品と比べると、パズルのはまりかたが甘い気がする。

最後の最後にみんなの行動がぴったりとパズルのピースとしてはまり、説明もつくし結末もしっかりと着く。そう思っていたのだが、今回はちょっと組みあがりが甘いと思えるのだ。

他の伊坂作品を知らなければこれでも十分に面白いと思うだろう。

お勧め度;☆☆☆1/2 キンコジ は変換に出てきません。
ラベル:伊坂幸太郎
posted by 濫読ひで at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富樫聖夜 勇者様にいきなり求婚されたのですが (9/2013)



私はお姫様の侍女のアーリア。 お姫様が魔王にさらわれ、それを勇者が倒しに行くことになりました。
勇者は無事にお姫様を救出して戻りました。 当然、勇者様はお姫様に求婚するものと皆信じていたのですが…なぜか勇者様はこの私に求婚したのです!
私はゲームでいえばモブキャラ。その他大勢、のはずでした。
なのにこんなことになってしまい、私は困惑しています。


続きを読む
ラベル:富樫聖夜
posted by 濫読ひで at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

瀧上耕 青春ぱんだバンド (9/2013) ☆☆☆☆1/2

【送料無料】青春ぱんだバンド [ 瀧上耕 ]

【送料無料】青春ぱんだバンド [ 瀧上耕 ]
価格:1,470円(税込、送料込)



進学校三年生のおちこぼれの僕は、文化祭をさぼって街にいたら、農業高校の不良に、バンドのチケットを買わされた。
だがそれをきっかけで、僕はバンドを組むことになる。

受験勉強もせずに、バンド。
他のメンバーは、農高生と小デブと秀才と、あこがれの女性、ヨシカワさん。

なぜかレパートリーがさだまさしだったこのバンドに沖縄音楽を加え、某所でゲリラ・ライブを試みる。
バンド名は「うっふん、パンダバンド」!

読んでいるだけで楽しくなるストーリーだ。
アラはあるけど、面白ければ問題なし!

楽しくスカッとするお話しだ。

お勧め度:☆☆☆☆1/2 パンダのTシャツ8000円!
ラベル:瀧上耕
posted by 濫読ひで at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島京子 眺望絶佳 (9/2013) ☆☆☆☆

眺望絶佳

眺望絶佳
価格:1,575円(税込、送料別)



大人の童話集、とでもいえばいいだろうか。

「眺望良し」これは往復書簡だ。往信が冒頭にあり、返信が最後にある。
それが全体の作品をくるむような形になっている。

それ以外の話は、あまり関連のない短編だ。
もちろん、眺望良し、の二人が空から眺めることはしているのかもしれないが。

一番好きな作品は「よろず化けます」だ。
たぬきの兄弟が、人間のために化ける商売をする話になっている。
化けて人をあざむくのではない。化けることで、人を喜ばせるのだ。
☆ 
そんないろいろなものを、高いところから二人は見守っているのだろう。

お勧め度:☆☆☆☆ 世代はすこしずつ変わります。
posted by 濫読ひで at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

近藤史恵 ホテル・ピーベリー(8/2013) ☆☆☆☆



僕は友人に教えられて、ハワイ島のこのホテル・ピーベリーにやってきた。
ここは長期滞在用のホテルだが、ひとつの掟があるという。
滞在は一度だけ、というものだ。

ぼくは小学校の教師をやめて、ここにやってきた。
滞在客はみな日本人。
女性もひとりいる。
そしてホテルをきりもりするのは50近い女性の和美さんだ。
彼女の夫の浩一さんはカフェを始めていて、ホテルのことはほとんどやらない。

そして僕は彼女と深い関係になってしまった…続きを読む
ラベル:近藤史恵
posted by 濫読ひで at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。