2013年08月31日

石持浅海 カード・ウォッチャー (8/2013) ☆☆☆☆



石持浅海の作品。
登場人物を嫌いにならずに読めた。

ゴム会社の研究所に労働基準監督署の臨検が入った。
労災が隠されていた、という通報があったからだ。

実際は椅子が壊れて倒れただけではあるが、その研究所では実はサービス残業が日常化していた。
関係者はそれを隠そうかとも考えたが、タイムカードはみんなまとめて同じ時間に総務が処理しているし、あまりにあからさまな形のため、むしろ工作はこれ以上しても無駄になってしまう。

というわけで総務は臨検のための準備をしていたが、その中で一つ問題が起こった。

なんと、メンバーの一人が倉庫で死んでいたのだ。
もしこれが過労死なら、会社もただではすまない。
労災かくし、とかいうレベルではなくなるからだ。

そこで関係者がとった行動とは…
続きを読む
posted by 濫読ひで at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

伊坂幸太郎 終末のフール



隕石が衝突して世界が終わることになった。
そんな状況の中、人々はどう過ごすのか。

そんな短篇集
ラベル:伊坂幸太郎
posted by 濫読ひで at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荻原浩 幸せになる百通りの方法 ☆☆☆☆



登場人物が少しずつつながっている短篇集。

表題作。
ビジネスで成功するための成功本をたくさん読んでいる英雄。それが当たり前だと思っていた。
だがそれでなかなかうまくいかない。

そんな時、ある女の子に出会った。彼女は街でギターを弾いていた。
なぜか彼女を自分の部屋に泊めることになった英雄。

彼女は、英雄の本を見て言う。
「誰もが成功する秘訣なんて、そんなものほんとにあったら、人に教えるわけなかろ。第一、こいつ、誰?」

「世の中のたいていのことってさ、YesかNoかでなんか答えられないんだよ。すべてが、ま、ね、だ」

そんなちふゆにあって、彼の人生は大きく変化しはじめる…

おすすめ度;☆☆☆☆ ほんわかする話も、ちょっと胸の痛くなる話もならんでいます。
posted by 濫読ひで at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

池井戸潤 民王 (8/2013) ☆☆☆☆1/2

【送料無料】民王 [ 池井戸潤 ]

【送料無料】民王 [ 池井戸潤 ]
価格:651円(税込、送料込)



「半沢直樹」で急に話題になった池井戸潤の作品。

予想以上に面白かった。

いろいろなしがらみや闇に染まった総理大臣と、遊んでばかりのドラ息子。
なぜかその人格が入れ替わってしまう。
それにより起きるドタバタ劇。

漢字が読めない首相、というのは実は人格が息子と入れ替わっていたのだ!
続きを読む
ラベル:池井戸潤
posted by 濫読ひで at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。