2012年02月26日

黒田 研二 キュート&ニート (2/2012) ☆☆☆☆1/2

【送料無料】キュート&ニート

【送料無料】キュート&ニート
価格:1,470円(税込、送料別)


CUTE & NEET
CUTE & NEET黒田 研二

文藝春秋 2012-01
売り上げランキング : 362586


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【送料無料】キュート&ニート

僕は引きこもりでオタクのニートだ。
高校時代にいじめられて引きこもりになった。
ところが、遠くに住んでいる姉が海外出張になり、姪の面倒を見て欲しい、という要求が急にやってきた。
仕方なく僕は、姉の家に行き、5歳の幼稚園児の面倒をみることになった。続きを読む
タグ:黒田 研二
posted by 濫読ひで at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本幸久 一匹羊 (2/2012) ☆☆☆☆

【送料無料】一匹羊

【送料無料】一匹羊
価格:1,680円(税込、送料別)


一匹羊
一匹羊山本幸久

光文社 2011-10-18
売り上げランキング : 186852


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【送料無料】一匹羊

山本幸久の短篇集。
彼の作品らしい、ユーモアがありあたたかで、どこかに実際にありそうなものが並んでいる。

「一匹羊」
ある小さな制服メーカーのマスコットは羊。中学生のグループが見学にくる、というので会社はアドバルーンを上げた。そのアドバルーンは羊の形をしている。そして、群れずに一匹だけで飛んでいる。
この物語の主人公はパタンナーの「大神」だ。
彼は同僚の受けた仕事が、実は他の真似であることを知った…。続きを読む
タグ:山本幸久
posted by 濫読ひで at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

小路幸也 花咲小路四丁目の聖人 (2/2012) ☆☆☆☆1/2 @shojiyukiya

【送料無料】花咲小路四丁目の聖人

【送料無料】花咲小路四丁目の聖人
価格:1,680円(税込、送料別)


花咲小路四丁目の聖人
花咲小路四丁目の聖人小路幸也

ポプラ社 2011-11-10
売り上げランキング : 183265


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【送料無料】花咲小路四丁目の聖人

小路幸也に外れなし、といつか誰かが言っていた。
たしかに本作も面白い。

舞台は、ある田舎の商店街、花咲小路。
主人公は若い女性の亜弥。
亜弥には秘密がある。正確には、亜弥の父、矢車聖人に秘密がある。
父はイギリス人。
そして、父の正体は、昔イギリスで有名だった泥棒紳士セイントだった!続きを読む
タグ:小路幸也
posted by 濫読ひで at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

垣谷美雨 夫の彼女 (2/2012) ☆☆☆☆

【送料無料】夫の彼女

【送料無料】夫の彼女
価格:1,470円(税込、送料別)


夫の彼女
夫の彼女垣谷 美雨

双葉社 2011-04-20
売り上げランキング : 265349


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【送料無料】夫の彼女

タイトルからして、夫の不倫が発覚して悩む妻の話だろうと想像する。
妻が夫を責めるが、夫は開き直る。そして妻は夫の彼女と直接対決して修羅場を… と思うが、ちょっと違う。

もちろん途中までは、予想通り、夫、麦太郎の浮気の証拠を見つけた妻、菱子が悩み、友人に相談し、そして夫の彼女が会社の部下であることを突き止める、といった感じの話になっている。

ところが。
続きを読む
タグ:垣谷 美雨
posted by 濫読ひで at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島 京子 小さいおうち (2/2012) ☆☆☆☆1/2


小さいおうち
小さいおうち中島 京子

文藝春秋 2010-05
売り上げランキング : 7882


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


直木賞受賞で評判だったがなかなか読めなかった本。
やっと読む機会ができた。

冒頭から、ある女性の一人語りで始まる。
おばあちゃんの回想録ということになる。

戦前に住み込みの女中として過ごした、ある家での出来事ということになる。ある「小さいおうち」での話だ。

タキは、他での女中としての働きを経て、平井家の女中となった。
正確に言うと、「奥様」である時子の女中として、初婚のときから仕えていて、再婚とともに平井家に入った。

そこで、タキはずっと平井家の女中として毎日を過ごすことになる。
奥様の世話、旦那様の世話、そして恭一ぼっちゃんの世話をして、日々が過ぎていく。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

原 宏一 佳代のキッチン (2.2012) ☆☆☆☆

【送料無料】佳代のキッチン

【送料無料】佳代のキッチン
価格:1,680円(税込、送料別)


佳代のキッチン
佳代のキッチン原 宏一

祥伝社 2010-12-01
売り上げランキング : 156423


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【送料無料】佳代のキッチン

出版されたのはちょっと前だが、おなじみ原宏一の作品。

佳代は、移動する車で「調理屋」をやっている。
お客が材料を持ち込んだら、料金をもらってリクエストされた料理を作るというものだ。

こんな珍しい商売を始めたのには、実は理由がある。実の両親を探しているのだ。
続きを読む
タグ:原 宏一
posted by 濫読ひで at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小手鞠るい 望月青果店 (2/2012) ☆☆☆☆

【送料無料】望月青果店

【送料無料】望月青果店
価格:1,680円(税込、送料別)

望月青果店
望月青果店小手鞠 るい

中央公論新社 2011-08-25
売り上げランキング : 185669


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【送料無料】望月青果店

ひさびさ登場。男なのにこんなもの読むの?の小手鞠るいだ。

鈴子の生まれ育ったのは、「望月青果店」。
商店街の小さな果物屋だ。
ストーリーは、時点を交互に変えながら進行する。
現在、米国に住んでいる鈴子。
子供の頃の鈴子。続きを読む
タグ:小手鞠るい
posted by 濫読ひで at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

角田光代 幾千の夜、昨日の月 (2/2012) ☆☆☆☆

【送料無料】幾千の夜、昨日の月

【送料無料】幾千の夜、昨日の月
価格:1,365円(税込、送料別)


幾千の夜、昨日の月
幾千の夜、昨日の月角田 光代

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-12-27
売り上げランキング : 51302


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【送料無料】幾千の夜、昨日の月

角田光代のエッセイ集。
「旅」と「夜」がテーマだ。

彼女は世界中を旅している。時には編集者と一緒に、高級な旅。昔ははバックパッカーだった。いまでもそうなのかもしれないが。

旅に出るとしても日常を過ごすにしても、必ず夜はやってくる。
そして旅先で過ごす夜は、一人であっても他人と一緒であっても、印象に残りやすい。
時に甘い思い出、時には苦い思い出がやってくる。

彼女は旅に出る場合、次の街に到着するときには夜の到着を避けるという。
これは実はバックパッカーの基本でもある。なぜなら夜になって宿を探す場合、焦ってしまうことでもあるし、また周りの街がどうなっているかを知らないままに泊まってしまうことにもなるからだ。


続きを読む
タグ:角田光代
posted by 濫読ひで at 22:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。