2011年07月31日

有川浩 県庁おもてなし課 (7/2011) ☆☆☆☆☆

【送料無料】県庁おもてなし課

【送料無料】県庁おもてなし課
価格:1,680円(税込、送料別)


県庁おもてなし課

有川浩
・発売日:
2011年03月
・ISBNコード: 9784048741828

こちらの商品は東日本大震災のチャリティ商品になります。
【寄付・募金内容】印税が義援金として寄付されます。


*****とにかく。面白い。*****

高知県の県庁に突然生まれた新部署「おもてなし課」。高知県の観光産業の活性化のために、若手職員の掛水は、地元出身の作家の吉門に観光特使になってもらうべく、コンタクトした。
快諾してもらい、その後掛水は地元の調整に動く。一ヶ月後、吉門から掛水に電話が入る。彼が聞いた言葉は辛辣なものだった…

続きを読む
タグ:有川浩
posted by 濫読ひで at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島本理生 真綿荘の住人たち (7/2011)☆☆☆☆

【送料無料】真綿荘の住人たち

【送料無料】真綿荘の住人たち
価格:1,400円(税込、送料別)


島本理生
文藝春秋
・ISBNコード: 9784163289403

真綿荘の住人たち

レトロといえばレトロ、おんぼろとも言える変わった下宿、真綿荘。住人は女性ばかりだったが、そこに一人、大和君が引っ越してきた。
続きを読む
タグ:島本理生
posted by 濫読ひで at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永井するみ マノロブラニクには早すぎる (7/2011) ☆☆☆☆

【送料無料】マノロブラニクには早すぎる

【送料無料】マノロブラニクには早すぎる
価格:1,680円(税込、送料別)


マノロブラニクには早すぎる

永井するみ
ポプラ社
・ISBNコード: 9784591112069

2年前のちょっと古い作品ではあるがご紹介。
世里は文芸雑誌を志望していたが、配属先はファッション誌だった。
ファッションに気をつかなわなかった彼女は四苦八苦する。そこにいるのは鬼の編集長、松田だ。松田にいろいろ怒られながら世里は成長していく。続きを読む
タグ:永井するみ
posted by 濫読ひで at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒野伸一 ジョシカク!(7/2011) ☆☆☆1/2

【送料無料】ジョシカク!

【送料無料】ジョシカク!
価格:1,575円(税込、送料別)


ジョシカク

黒野伸一
光文社
1,575円(税込)送料無料
・ISBNコード: 9784334927264

浅田美麗は売れないグラビアアイドル。事務所の社長から、痩せないとクビ、と言われて格闘技スクールに通いだす。
ところがそこで、彼女の意外な才能が見出される。美麗はラウンドガールだけでなく、格闘技の選手として出場することになった!

続きを読む
タグ:黒野伸一
posted by 濫読ひで at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本文緒 カウントダウン (7/2011)☆☆☆1/2

【送料無料】カウントダウン

【送料無料】カウントダウン
価格:1,000円(税込、送料別)


カウントダウン (BOOK WITH YOU)
山本文緒

1,000円(税込)送料無料
・ISBNコード: 9784334927356


山本文緒の本だが、
・注記:
『シェイクダンスを踊れ』加筆・修正・改題書
とのこと。
彼女がジュブナイルを書いていた頃の作品ということになるだろう。

高校生の漫才コンビの話になる。
主人公は小春。同級生の優等生、梅太郎とコンビを組んで漫才をやる。
お笑いコンテストに挑戦したが、少女の審査員にボロカスに言われてダメだった。 
だが、そこにスカウトの電話がかかってくる。

続きを読む
posted by 濫読ひで at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

荻原浩 誰にも書ける一冊の本 (7/2011) ☆☆☆☆

【送料無料】誰にも書ける一冊の本

【送料無料】誰にも書ける一冊の本
価格:1,260円(税込、送料別)



これは本の書き方ではない。
荻原浩の書いた普通の本だ。
実話なのかどうかはわからないが多分違うのだろう。


「誰にも書ける一冊の本」というのは、自分史ということだ。誰でも、自分のことについては書くことができる。
私の父は死の床についていた。
母は、見舞いにきた私に、原稿用紙の束を手渡した。父が書いていた小説だというのだ。
それは、父の自分史だった。続きを読む
タグ:荻原浩
posted by 濫読ひで at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沢木耕太郎 あなたがいる場所 (7/2011) ☆☆☆☆

【送料無料】あなたがいる場所

【送料無料】あなたがいる場所
価格:1,365円(税込、送料別)



沢木耕太郎の短編小説集。
ノンフィクション作家の書くフィクションということになる。

いずれにしても先入観を排して、読んでみた。

なかなかいける、というのが最初の感想だ。
文体はいつもの沢木耕太郎のままだ。
その一方で、内容については「文学」しているといえるだろう。

「銃を撃つ」バスに乗り合わせた女子中学生二人の会話。二人の会話はいつしか不幸の手紙のことになってくる。 そこに、おばあさんが口をだした…。

「天使のおやつ」 亡くなった娘の話。全体の中では、ちょっとあざとさを感じる作品。

続きを読む
タグ:沢木耕太郎
posted by 濫読ひで at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

瀧羽 麻子 はれのち、ブーケ (7/2011) ☆☆☆☆



結婚式の日のことを記した小説だ。
主人公はもちろん花嫁。

大学のゼミの同期、6人が集まった。そのうちの2人が結婚するのだ。
他のメンバーも祝福している。だが皆それぞれ悩みを持っている。続きを読む
タグ:瀧羽 麻子
posted by 濫読ひで at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鯨統一郎 努力しないで作家になる方法 (7/2011) ☆☆☆☆

【送料無料】努力しないで作家になる方法

【送料無料】努力しないで作家になる方法
価格:1,575円(税込、送料別)


努力しないで作家になる方法
鯨統一郎
光文社
・ISBNコード: 9784334927653

タイトルを見て思った。
これを読めばすぐに作家になれるかもしれない、と。
とくに、これだけの多作の作家が書いているのだから
きっと簡単に売れる本を書くだけのやり方が書いてあるのではないか…

簡単にいえば、裏切られた。
この本は、「努力しないで作家になる方法」が書いているのではない。
もう少しいえば、「努力しないで作家になる方法は、ここには書いていない」。
続きを読む
タグ:鯨統一郎
posted by 濫読ひで at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

石田衣良 結婚はあなたのゴールではない (7/2011) ☆☆☆☆

【送料無料】結婚はあなたのゴ-ルではない

【送料無料】結婚はあなたのゴ-ルではない
価格:1,050円(税込、送料別)



石田衣良のエッセイ。若い女性に対して語りかける構造になっている。
内容としては、タイトルのとおり。
婚活の時代。多くの女性は結婚したい、と思っている。 それをゴールだ、と。続きを読む
タグ:石田衣良
posted by 濫読ひで at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥泉光 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 (6/2011) ☆☆☆☆


奥泉光 文藝春秋
・ISBNコード: 9784163804606

クワコーこと桑潟幸一准教授は、弱小私立大学にやってきた。
とくに野望もなく、そしてお金もない。

大学も潰れそうな大学だ。給料も雀の涙。
ある日クワコーは文芸部の顧問となる。
続きを読む
タグ:奥泉光
posted by 濫読ひで at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

朱川湊人 オルゴォル (7/2011) ☆☆☆☆1/2

【送料無料】オルゴォル

【送料無料】オルゴォル
価格:1,785円(税込、送料別)


オルゴォル
朱川湊人
講談社
・ISBNコード: 9784062165693

古い団地に住む小学生のハヤトの家は母子家庭だ。母のヒトミさんは不動産屋で働いているが、夜遅くまで帰ってこないことも多い。
ある日ハヤトは、近所に住む足の悪いトンダじいさんから、「一生に一度のお願い」としてオルゴールを託された。続きを読む
タグ:朱川湊人
posted by 濫読ひで at 09:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡辺容子 エグゼクティブ・プロテクション (6/2011) ☆☆☆☆


渡辺容子
講談社
・ISBNコード: 9784062170260

エグゼクティブプロテクション。それは、ターゲットの警護だ。 ターゲットは、有名な女子マラソン選手、真姫。スポンサーであるムゲンドーからの依頼になっている。
私は八木。背の高い日本人女性だ。独身。そしてプラチナブロンドに染めている。
それは、目立つことによりターゲットを目立たせないため。そして警護していることを知らせるためでもある。
続きを読む
タグ:渡辺容子
posted by 濫読ひで at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。