2010年01月30日

内藤みか編 140字の物語 (12/2009) ☆☆☆


Twitter小説集 140字の物語
ディスカヴァー・トゥエンティワン
1,300円 (税込 1,365 円) 送料無料
発行年月: 2009年11月
ISBN: 9784887597501

Twitter小説集 140字の物語

私が持っているこの本は著者サイン入りだ。
なぜか?というと、年末のついったーイベントに参加したときに購入したからだ。
tw2.jpgtw.jpg続きを読む
ラベル:内藤みか 
posted by 濫読ひで at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五十嵐貴久 ダッシュ! (2/2010) ☆☆☆


ダッシュ!
五十嵐貴久
ポプラ社
送料無料
1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
発行年月: 2009年07月
ISBN: 9784591110294
ダッシュ!

これも五十嵐先生の作品。
こちらは青春小説そのものになっている。

陸上部などの高校生たち4人のアイドルは「ねーさん」。陸上部の先輩だ。3年生なのでもう引退している。だが「ねーさん」の元気がない。どうしたんだろう? そしてねーさんに誘われて「クラブ」へ出かけてみるが、本来はねーさんはそんなところを喜ぶような人ではなかったはずだ。続きを読む
ラベル:五十嵐貴久
posted by 濫読ひで at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江上剛 渇水都市 (1/2010) ☆☆☆



渇水都市

江上剛
幻冬舎
1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
発行年月: 2009年09月
ISBN: 9784344017290

渇水都市

ビジネス小説の巧者、江上剛の書いたSFビジネス小説とでも言えばいいだろうか。
世界的な水不足に対して、海外の水メジャーが日本にも進出した。 日本の地方自治体の財政破綻を救う名目で、水道が外資系企業に売り渡さてたのだ。
続きを読む
ラベル:江上剛
posted by 濫読ひで at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

初のKindle上のコミック配信完了によせて #kindlejp

今般、「うめ」先生(ちゃぶだいケンタ、大東京Toybox)がアマゾンのキンドルでコミックを出した。
ちゃんと審査がとおってめでたい限りだ。

だがこれですべて問題なくなったわけではない。

現時点での(あくまで現時点で)問題をちょっと記してみよう。

1)白黒であり画面が見にくいこと
キンドルの画面は現在白黒だ。E-Inkを使っているので仕方ない部分もある。だが白黒であることにはかわりない。もちろん漫画の大部分も白黒なのでいいのだが、実はキンドルの画面にはもう一つ問題がある。
それは、「拡大縮小ができないこと」だ。
Kindle for iPhoneでは拡大ができるが、現時点のKindleでは画像の拡大縮小ができない。(Kindle for PCも現時点ではできない)
画像についてはPDFの扱いと同じで、キンドルの方向を縦表示にするか横表示にするかの選択肢しかない。 通常は横にすれば表示ガ大きくなって見やすくなるはずなのだが、今回はファイルが縦長の画像のみのためか、その画像が画面におさまるだけの大きさでしか表示されない。つまり、キンドルを横にすると、当然画面の縦の長さは短くなるのだが、原稿はその縦の長さにあうように表示されてしまう。つまり、とても小さくなってしまうのだ。
たぶんこの辺の問題は、アップルのiPadだかiSlate では解決しそうだな。おそらく画面タッチでの拡大機能をもつであろうから。
また、キンドルの次のバージョンはカラーになる可能性もある。(もちろんEInkの限界があるので液晶カラーが別にあって、というNook方式になる可能性もあるが。)それに加えてフォントのみならず画像の拡大機能が搭載されて欲しいものだ。

2)フォントが無いこと
これは致し方ないのだが、キンドルで通常使えるフォントの拡大縮小ができない。なぜかといえば画像だからだ。これも私の作品と同じ話になってしまう。だが英文であればフォントを大きくできる。キンドルのボタンでフォントの拡大縮小はできる。だが画像の拡大縮小については機能がない。そのため画像は変えられないのだ。

3)キンドルの求める機能に対応しえないこと
これもフォントがないから致し方ないのだが、たとえばキンドルには英文読上げ機能がある。だが日本語だったりコミックだったらそれには対応していない。当然のことだ。本来はキンドルでの出版はこの辺に対応することが英文では求められている。 

この辺は技術的な問題でもあるし、一方でキンドルが日本で出るときにはどこまで対応するのだろうと考えさせられるところでもある。


ふと考えた。私の書いた「ついったー殺人事件」初版の「日本語JPG」が認められないのにコミックが認められたのはなぜだろうか、と。
多分、画像だったからではないか。 私の場合にはJPGの画像を使いながらも実質は日本語を打っていた。 だがコミックの場合にはもちろん日本語の表示はあるものの、基本的には画像だ。むしろ「画集」に近い扱いになったのかもしれない。
もちろんこれは憶測だ。 単純にアマゾンのポリシーチェンジかもしれない。


いずれにしても、今回のコミックは、プロがDTP(Digital Text Platform)を用いて出版した、という意味で非常にエポックメーキングなことだといえる。 出版社なしでも電子出版が出せるということが証明されてしまったから。

だがそれで出版社が不要ということには現時点ではならない。紙とデジタルは両立しうる、というかそうあるべきで、相互排他的ではなくて相互補完的であるべきだから。

今回のコミックにしても、本の形式で出るのであればそれはそれでいいだろう。本とデジタル、両方が出版されるほうがいい。作者にとっても多くのチャンネルで読者に触れるというのはいいことだから。 だからこそキンドルにしても出版社経由での配信が多くなっている。

紙でも電子書籍でも買える。そして売上の一部は出版社に行く。それによって出版社が電子書籍を排斥しないで済む。 むしろ紙ではコストがかかるが電子書籍はコストがかからない。であれば出版社にしても電子書籍も同時に売ることで収入を補完することができるはずなのだ。

ちょっと長くなった。

いずれにしても、うめ先生、おめでとうございます。
エポックメーキングな出来事であることは間違いありません!
ラベル:Kindle #kindlejp #kindle
posted by 濫読ひで at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

本屋大賞ノミネート発表!

今年も、本屋大賞ノミネートの季節になった。

今年のラインアップは以下の通り。

続きを読む
posted by 濫読ひで at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

誉田哲也 シンメトリー (1/2010) ☆☆☆


シンメトリー
誉田哲也
光文社
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
発行年月: 2008年02月
ISBN: 9784334925963


姫川玲子は、主任として、「姫川班」を率い、殺人事件の捜査にあたっている。そんな彼女が担当する事件の数々。

他のチームと張りあってみたり、単独で動いてみたり。
殺人ではないと思っているものを調べてみたり。

続きを読む
ラベル:誉田哲也
posted by 濫読ひで at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朱川湊人 あした咲く蕾 (1/2010) ☆☆☆☆


あした咲く蕾
朱川湊人
文藝春秋
1,524円 (税込 1,600 円) 送料無料
発行年月: 2009年08月
ISBN: 9784163284200
あした咲く蕾

朱川湊人の短編集。ほのぼのとした気持ちにされるような作品が多い。
「あした咲く蕾」 これは「わくらば」シリーズにも通じるものがある、一種の超能力の話だ。
美知恵おばさんは、実は超能力を持っている。自分の命を少し他に分け与える力だ。 死にそうな蝶を蘇らせることもできる。だが母はそのことを言うな、と私に言った。その力というのは、恐ろしいものだと。他人を愛すれば愛するほど、大変なことになる、と…。続きを読む
ラベル:朱川湊人
posted by 濫読ひで at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

中場利一 岸和田の血 (1/2010) ☆☆☆



岸和田の血

著者: 中場利一
出版社: 本の雑誌社
サイズ: 単行本
ページ数: 286p
発行年月: 2009年05月
1,800円 (税込 1,890 円) 送料無料
岸和田の血

「本の雑誌」の投稿欄から作家デビューに至った中場利一。 彼の自伝的な小説といえる。「岸和田少年愚連隊」のシリーズになる。
家族は岸和田の貧しいエリア「レンガ場」に住んでいる。 遊び人の父親と働き者の母親の間には喧嘩が絶えない。そして息子のリイチ(「チュンバ」)はその中でたくましく育っている。 とにかく毎日が喧嘩。 何があっても勝たなければならない。 中学二年にして、すでに喧嘩のベテラン。恋の相手、リョーコとも上手く行き、喧嘩三昧の日々を続ける。
続きを読む
ラベル:中場利一
posted by 濫読ひで at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水木楊 会社が消えた日 (1/2010) ☆☆☆


会社が消えた日
水木楊
日本経済新聞出版社
1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
発行年月: 2009年06月
ISBN: 9784532170950

木沢涼介はMOBID社の部長として順調に仕事をしていた。ところがある日出社しようとするとIDカードが通らない。不思議に思ってビルの守衛に聞いてみると、そんな会社は知らない、と言われた。 まさか、と思ってビルに入ると、MOBIDは跡形もなく消え去っていたのだ。 そんな会社はもともと世の中に存在していなかったということになる。
混乱する涼介。 ビルの外で頭をかかえていると、同じような境遇の男に出会う。  給料のない中でいろいろ四苦八苦する涼介にさらなる試練が訪れた。 
続きを読む
ラベル:水木楊
posted by 濫読ひで at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

西澤保彦 身代わり (1/2010) ☆☆☆



身代わり

西澤保彦
幻冬舎
1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
発行年月: 2009年09月
ISBN: 9784344017269

身代わり

先日の「動機、そして沈黙」の際に、「腕貫探偵やタック・タカチシリーズをもっと読みたいものだ。」と書いてみたら
http://hidebook.seesaa.net/article/134123309.html
実はタック・タカチシリーズが出ていた。

あまりに長いこと読んでいなかったこともあり、少したたないとみんなのキャラクターが頭の中で動き出さなかった。動き出せばあとは楽しく読める…といいたいところではあるが、ちょっと不満もないわけではなかった。
続きを読む
ラベル:西澤保彦
posted by 濫読ひで at 15:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅倉卓弥  ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ ☆☆☆


ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
浅倉卓弥
ポプラ社
1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
発行年月: 2009年12月
ページ数: 266p
ISBN: 9784591114629
ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ

このタイトルを見て、ビートルズの同名の曲を思い出さない人も今はいるのかもしれない。
以前は、タイトルを見るだけで、あの曲が頭の中をよぎる人が大部分だったと思うのだが(私もそうです)。
Lucy in the Sky with Diamonds は実はドラッグをやっていて書いたのではないか、といわれることも多い。曲のタイトルの文字をとるとLSDということもあるし。 (この辺は、ビートルズを知る人ならだいたい知っているわけだが。)

この本にはもう一つのオマージュがある。それが「不思議の国のアリス」なのだ。続きを読む
ラベル:浅倉卓弥
posted by 濫読ひで at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三浦しをん


ビロウな話で恐縮です日記
三浦しをん
太田出版
1,300円 (税込 1,365 円)
発行年月: 2009年02月
ISBN: 9784778311605
ビロウな話で恐縮です日記


タイトルどおり、ビロウな話が多い。だがそうはいっても、シモネタやらトイレネタではなく、「腐女子」ネタなのだ。続きを読む
ラベル:三浦しをん
posted by 濫読ひで at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五十嵐貴久 パパママムスメの10日間 (12/2009) ☆☆☆


パパママムスメの10日間
著者: 五十嵐貴久
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 単行本
ページ数: 399p
発行年月: 2009年02月
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
パパママムスメの10日間

辛口批評第一弾は、五十嵐先生の作品。
このブログにもご訪問くださっている五十嵐先生の作品なので甘く…と思ったけど、とりあえず初志貫徹で。

「パパとムスメの7日間」
http://hidebook.seesaa.net/article/27904483.html
でおなじみの父娘。前回は、父親と娘の小梅が入れ替わってしまった。今回はそれに母親が加わり、さらに複雑になっている。パパ→ママ、ママ→小梅、小梅→パパ というパターンだ。
小梅→パパは二度目だ。まあ慣れているといえば慣れている。一方パパ→ママについては、家事をする分には、それほど問題はない…はずだ。

続きを読む
ラベル:五十嵐貴久
posted by 濫読ひで at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年から辛口で

あけましておめでとうございます。

今年からちょっと辛口で行きます。
標準を3にします。
それで試してみますね。
posted by 濫読ひで at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

【ビジネス書】平野敦士カール 新・プラットフォーム思考 たった一人で組織を動かす (1/2010)


新・プラットフォーム思考
たった一人で組織を動かす
朝日新聞出版
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
発行年月: 2009年12月
サイズ: 単行本
ページ数: 223p
ISBN: 9784023304772

新・プラットフォーム思考

ビジネス上お世話になっている平野敦士カールさんから著書をいただいた。平野さんは、興銀からドコモへ移り、「おサイフケータイ」を作った人だ。その後独立し、コンサルティング会社を経営する一方でハーバード大学その他で教えたり、というマルチな活躍をしていらっしゃる。

この本は、「プラットフォーム」と言う考えをわかりやすく説明し、それを応用することの重要さについて述べている。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

Kindle出版顛末記 その3 出版完了!

そこで、英文への翻訳を行うことにした。
自分でやるしかない。

Quick and dirty だが、なんとか完了した。
いろいろ苦労した。
たとえばエキサイト翻訳はいろいろ楽しませてくれた。
「したしみがわく」 → Familiarity is a frame.  orz
これは、「親しみが枠」ということだ。

「すり抜ける」 It prints and it comes off.
刷り抜ける、ってどういうことなんだろうか?

あと「痴漢」という単語がpublic nuisanceとなっていたが、これは公害と言う方が近い。

など、いろいろ大変だったが、なんとか12月30日にアマゾンに申請できた。 2009年中にできたことになる。

そして元旦。iPhoneで調べてみたら、ダウンロード可能になっていた。
ただし価格は7.49だった。 こんなにたかかったっけ?と思いながらまずはダウンロード。 Kindle for iPhone からワンクリックでDLできた。
そして読んでみると、ちゃんと読める。ああよかった!

これで、「史上初のキンドル上の日本語ついったー小説」が出版できたことになる。
英文の本となっているものの、日本語の本文はすべて残してある。
そのため、日本人も読める形になっているのだ。

とりあえず、ほっとした。
ここに宣言します。

キンドル上で日本語ツイッター小説を出版しました。英文の翻訳と解説もついています。



ここで買えます!
http://www.amazon.com/dp/B0032FOIYO/

続きを読む
posted by 濫読ひで at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindle出版顛末記 その2 日本では買えない!

さてアップしたらすぐにキンドルで買えるのかというと、実はそうではない。
アマゾンのレビューがあるのだ。 アマゾンによれば48-72hours とある。つまり2−3日の間にレビューして、不適切なものを排除するということになる。検閲とは違うんだろうが、一応それも必要な手続きだという。

そして数日たち、12月3日にアマゾンでLIVEに変わった。これは、アマゾンで買える、キンドルで買える、ということだ。
その前にKindle Reader for PCもリリースされているので、キンドルを持たない人でもダウンロードできるようになった。

ところが…続きを読む
posted by 濫読ひで at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindle出版顛末記 その1 Uploadまで

国際版が出てすぐ、アマゾンのキンドルを入手した。
そのうちに考えるようになったのは、「これで日本語は使えるのか?」ということだった。
つまり、日本語が通るのであれば、今でもすぐにアマゾンでキンドル出版が可能だというわけだ。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 18:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年ベスト発表!

皆様、明けましておめでとうございます。
濫読ひでです。

高齢じゃなかった恒例になりました年間ベスト、年内間に合わなくてすみません。
では2009年ベストを発表します(いきなりかよ)。

まずはコミック。
あまり紹介してないのですが…2つをあげておきます。
1)ヨコシマン パート怪人悪キューレ 
http://hidebook.seesaa.net/article/119638812.htmlもうひとつは
2)葛西りいち 「あしめし」
http://hidebook.seesaa.net/article/118995107.html

どちらも4コマ漫画だったりします(後者はそれだけではないですが)。
そしてどちらもそれほど話題になっていませんが、私は大好きです。

次は「マニアック賞」
マニアックな話題をとりあげた小説です。
1)大崎善生 ディスカスの飼い方
http://hidebook.seesaa.net/article/134884814.html
とにかくマニアな話で、これについてこられるのは、汀こるものさんくらいでは、と思えるほどです(ミキちゃんはいろいろなこと言いそうですが)。
2)三浦しをん 星間商事株式会社社史編纂室
http://hidebook.seesaa.net/article/136047141.html
コミケの記載などは経験者でないと書けません(笑)

それから「ビジネス賞」
どちらも献本いただいた本になります。ビジネスマンの方々にはぜひ!と思えるので再掲します。
1)平野敦士カール アライアンス「自分成長」戦略 
http://hidebook.seesaa.net/article/117335424.html
お財布ケータイを作った著者が、アライアンスを組んで自分を成長させビジネスを成功させる秘訣を書いています。
2)増永寛之 仕事頭がよくなるアウトプット勉強法 
勉強家の青年社長が、自分のやり方を惜しみなく公開しました。 なぜ勉強するのか? その意識をちゃんとするところから始めましょう。
http://hidebook.seesaa.net/article/116356597.html
続きを読む
posted by 濫読ひで at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindle出版顛末記 その3 やっと出版へ

このままではいずれにしても日本では読めない、ということで、仕方なく翻訳することにした。
まあもとが短いので、翻訳は手間の問題だけだ。
忙しいのでなかなか手につかない。

なんとかQuick and dirty翻訳を終わらせた。
あちこちの翻訳サイトを使ってみたが、いまいちで結局自分でやるほうが早い。単語についても変な感じだったりする。
エキサイト翻訳でこんなふうになった。
したしみがわく → Familiarity is a frame.  orz
意味がわかるだろうか?

ほかにも
すり抜ける It prints and it comes off.
これも焦った。
あと、
 痴漢Public nuisance 
うーむ。これはむしろ「公害」という感じだ。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

明けましておめでとうございます

2010年が、皆様にとって素敵な一年でありますように!

追伸;年男です。

b06.jpg

posted by 濫読ひで at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。