2009年12月20日

柴田よしき 私立探偵・麻生龍太郎 (12/2009) ☆☆☆☆1/2


私立探偵・麻生龍太郎
著者: 柴田よしき
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 392p
発行年月: 2009年02月
1,800円 (税込 1,890 円) 送料無料
私立探偵・麻生龍太郎

刑事をやめて私立探偵になった麻生龍太郎が活躍する短編集。
というか、あまり活躍しなくても、彼のところには情報が流れ込んでくる。 
先日紹介した「ドント・ストップ・ザ・ダンス」
http://hidebook.seesaa.net/article/135500447.html
ででてきた「アソー菌」の麻生龍太郎、ということになる。
彼が受けた依頼には、何か別のように見える事件がからんできて、それが最後にうまくつながっていく。

麻生は探偵だが、ひとりでやっているため、警察時代の知り合いからの紹介などで、なんとか食べていける。彼は離婚して、独身だ。とはいえ、恋人というか強い絆を持つ相手がいる。その相手は男だ。そして、犯罪者。 刑務所から出てきて、ヤクザに協力するかどうか、すれすれのところにいる。
続きを読む
タグ:柴田よしき
posted by 濫読ひで at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木光司 エッジ(上)(下) (12/2009) ☆☆☆1/2


エッジ(上)(下)
著者: 鈴木光司
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
発行年月: 2008年12月
各1,600円 (税込 1,680 円)
エッジ(上)
エッジ(下)

「リング」「らせん」の鈴木光司の作品。
世界中で人が消えていく、奇妙な現象が起こっていた。
マリー・セレスト号の話のように、日常生活がありながら、突然に人が消えてしまう。あるは、ドライブの途中で車を止めて、そこから人が忽然と消えてしまう。

ライターの冴子は、消えた一家の謎を追っていた。実は彼女の父親も、18年前に忽然と消えたのだ。母は彼女を産んでそのままなくなったので、父が彼女を育てた。あそこまで自分を愛していた父が、何もないままで自分を見捨てるはずがない。だが父の痕跡はどこにもない。
続きを読む
タグ:鈴木光司
posted by 濫読ひで at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

三浦しをん 星間商事株式会社社史編纂室 (12/2009) ☆☆☆☆1/2


星間商事株式会社社史編纂室
三浦しをん
筑摩書房
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
発行年月: 2009年07月
ISBN: 9784480804204
星間商事株式会社社史編纂室

星間商事株式会社社史編纂室は、文字通り会社の社史を作る部署であり、社内の閑職だ。
主人公は川田幸代。29歳のOLだ。実は腐女子だ。腐女子、という単語は昔と比べると知られていると思うが、一応説明しておくと、男性どうしの恋愛小説やコミック(BLと呼ばれる)を好み、同人誌を集めたりするような女性のことだ。 続きを読む
タグ:三浦しをん
posted by 濫読ひで at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬尾まいこ 戸村飯店青春100連発 (12/2009) ☆☆☆☆1/2



戸村飯店青春100連発

著者: 瀬尾まいこ
出版社: 理論社
サイズ: 単行本
ページ数: 321p
発行年月: 2008年03月
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
戸村飯店青春100連発

瀬尾まいこの作品。
この作者の作る物語には、悪人が出てこない。
作者の性格とか環境によるのかもしれない。

この作品は、戸村飯店という小さな食堂の息子ふたりの物語だ。
弟コウスケは、兄に対して複雑な感情を持っていた。 兄ヘイスケは、器用なはずなのに店を手伝わない。 そして、高校を出たら家を出て行くという。兄は作家を目指している。 コウスケには好きな女の子がいる。幼なじみの同級生、岡野だ。
続きを読む
タグ:瀬尾まいこ
posted by 濫読ひで at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

豊島ミホ リテイク・シックスティーン (12/2009) ☆☆☆☆


リテイク・シックスティーン
豊島ミホ
幻冬舎
1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
発行年月: 2009年11月
ISBN: 9784344017542
リテイク・シックスティーン

高校生の沙織は、クラスメートの孝子から、自分は未来の世界から来た、と告白される。27歳から高校生に戻りたい、と思って戻ったのだと。
沙織はそんなことは信じないが、その割に孝子はいろいろなことを知っている。まるで、前からそのことが起きるとわかっていたように。

続きを読む
タグ:豊島ミホ
posted by 濫読ひで at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞城王太郎 ビッチマグネット (12/2009) ☆☆☆☆


ビッチマグネット
舞城王太郎
新潮社
1,200円 (税込 1,260 円) 送料無料
ISBN: 9784104580057
ビッチマグネット

香緒里の父は、浮気のあげく、帰ってこない。
そんな家で、香緒里は弟の友徳と仲良く育った。
高校になっても、一緒の布団で寝るくらいに。

でも師弟がただならぬ仲になるわけではない。弟にはガールフレンドがいる。しかも二人。柚子とあかり。
ある日、香緒里が弟の部屋に行ってみたら、なんと弟は電話で…



続きを読む
タグ:舞城王太郎
posted by 濫読ひで at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴田よしき ドント・ストップ・ザ・ダンス (12/2009) ☆☆☆☆1/2


ドント・ストップ・ザ・ダンス
柴田よしき
実業之日本社
1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
発行年月: 2009年07月
ISBN: 9784408535524
ドント・ストップ・ザ・ダンス

保育園の園長兼探偵の花咲慎一郎のシリーズ。
花咲の保育園に、浩太郎という男の子がいる。その父親の並木、ペンネーム見城は元作家、といか売れない作家で、離婚してなんとか子育てをしている。ある日、並木が襲われ、入院した。花咲はなんとか元妻に連絡をとろうと東奔西走する。
続きを読む
タグ:柴田よしき
posted by 濫読ひで at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ついったー殺人事件」日本語のままでは日本で読めない!

ついったー殺人事件のキンドル版が日本でDLできない問題ですが、こういう回答がきました。

全部のコンテンツを英語にすること、ということを要求されました。
翻訳するかな〜どうしよう。

とりあえずそういう状況です〜


Hello,

If you want to make your Kindle book "Twitter Murder Case: the very first
novel in Japanese on Kindle " available in Japan, the entire content should
be written in English.

As we mentioned earlier, at this time, titles published in languages other
than English, are made available only in the United States and not
Worldwide. However, we are working on making such titles available all over the
world. I'm very sorry for the inconvenience this may have caused to you.

Thanks for your understanding. We look forward to seeing you again soon.

posted by 濫読ひで at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

あさのあつこ 金色の野辺に唄う (12/2009) ☆☆☆☆☆


金色の野辺に唄う
著者: あさのあつこ
出版社: 小学館
サイズ: 単行本
ページ数: 221p
発行年月: 2008年06月
1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
金色の野辺に唄う

金色の野辺。そこで行われるのは野辺送り。
そう。これは、葬儀の話だ。
ある老女の葬式。彼女にまつわる話が、家族により、知人により、そして本人により語られる。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大崎善生 ディスカスの飼い方 (12/2009) ☆☆☆☆1/2


ディスカスの飼い方
著者: 大崎善生
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 292p
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料 ディスカスの飼い方

大崎善生と言う人は、とてもマニアックに物事を調べるのであろうか。あるいは彼自身がディスカスにのめりこんでいるのかもしれない。そんな半分狂気に近いような執念を感じる作品だ。

ディスカスというのはある種の淡水魚だ。マニアの間では珍重されている。
主人公は、ディスカスに魅せられた青年だ。 若いうちに、機会があって割増退職金をもらい、それを元手にディスカスの本格的な飼育を始めた。 ディスカスの飼育というのは非常に手間がかかる。もちろん凝れば、という話ではあるのだが。続きを読む
タグ:大崎善生
posted by 濫読ひで at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。