2009年10月31日

堂場瞬一 天空の祝宴 (10/2009) ☆☆☆☆☆


天空の祝宴
著者: 堂場瞬一
出版社: PHP研究所
サイズ: 単行本
ページ数: 326p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784569702216
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
天空の祝宴

冒頭から、クライミングのシーンが出てくる。
これは、フリークライミングの話だ。

アメリカの北カリフォルニアに、ヨセミテという場所がある。そこは大自然が広がっており、大きな岸壁がある。 そこに『ザ・ウォール』と言われるところがある。山男にとって、そこは征服したい場所になっている。
続きを読む
タグ:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほしおさなえ モドキ (10/2009) ☆☆☆1/2


モドキ
著者: ほしおさなえ
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 266p
発行年月: 2006年04月
ISBN:9784048736893
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
モドキ
ちょっと前の、ほしおさなえの作品。
天の前庭
http://hidebook.seesaa.net/article/11900631.html

恩寵
http://hidebook.seesaa.net/article/123754366.html

をここで紹介している。
あとは「ヘビイチゴ・サナトリウム」だが、読み損ねている。

さてこれは「モドキ」の話だ。
複数の登場人物の視点で描かれる。 最初のうちは、誰の視点なのか、あえて明らかにされていない。読み進めるうちにだんだんこれが誰なのかはわかってくる。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三崎亜記 廃墟建築士 (10/2009) ☆☆☆☆


廃墟建築士
著者: 三崎亜記
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 221p
発行年月: 2009年01月
ISBN:9784087712735
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料無料
廃墟建築士

三崎亜記は、不思議な作家だ。というか、不思議な作品を書く作家だ。
彼女の描きだす世界は、どこか現世と違う。たとえば表題作。廃墟と建築ってもともと二律背反ではないのか。 だがこの世界では、そうではないのだ。廃墟とは文化である、という。

あるいは、蔵守の話。蔵がある。それを守る、蔵守という仕事がある。 その仕事は、長い間ただ蔵を守ることだ。 何から?それはわからない。だが、全力で守り続けるのだ。 実は蔵には意思がある。そしてその意思は蔵守には伝わらない。

続きを読む
タグ:三崎亜記
posted by 濫読ひで at 15:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小路幸也 Brother sun 早坂家のこと(10/2009) ☆☆☆☆


Brother sun早坂家のこと

著者: 小路幸也
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 286p
発行年月: 2009年08月
ISBN:9784198627768
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
Brother sun早坂家のこと

最近の(というか前からかな)小路幸也は、「血がつながらない家族」についての題材が多いような気がする。それと「幽霊」(というか現世への未練かな)。
これは「早坂家のこと」とあるように、早坂家の3人姉妹(あんず、かりん、なつめ)のことを描いている。母親は早く死んでしまい、長姉のあんずが家族の世話をしてきた。三姉妹もかなり成長したので、父親は再婚し、子ども(陽)も生まれた。

皆それなりに幸せに暮らしているそんなとき、ひとりの男性が現れた。続きを読む
タグ:小路幸也
posted by 濫読ひで at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

森博嗣 ZOKURANGER (10/2009) ☆☆☆☆1/2


Zokuranger
著者: 森博嗣
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 284p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784334926588
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
Zokuranger

森センセイの最後の連載だったらしい。
ZOKU,ZOKUDAM
http://hidebook.seesaa.net/article/78115765.html
では敵味方に分かれていたメンバーが一致団結した。
ムチムチのロミ・品川と若くてかわいらしい野乃が、大学の部会で一緒になる。 そして他の連中と一緒に、5色の服を着て、見えない敵と戦うのだ。

続きを読む
タグ:森博嗣
posted by 濫読ひで at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川上健一 ジャパン・スマイル (10/2009)☆☆☆☆1/2


ジャパン・スマイル

著者: 川上健一
出版社: PHP研究所
サイズ: 単行本
ページ数: 223p
発行年月: 2009年07月
ISBN:9784569771014
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
ジャパン・スマイル

名手、川上健一の掌編小説集。
すべて見開き2ページに収まっている。
しかも大部分が「清く正しい」話になっている。
続きを読む
タグ:川上健一
posted by 濫読ひで at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴田よしき 神の狩人 (10/2009) ☆☆☆☆


神の狩人

2031探偵物語
著者: 柴田よしき
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 255p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784163270302
本体価格 1,381円 (税込 1,450 円) 送料無料
神の狩人

柴田よしきの近未来作品。
時は2031年。
探偵のサラは、仙台へ向かった。3年後に遷都をひかえたその町で、風祭という男を訪ねて行ったのだ。 風祭は引退した探偵だ。昔、免許のいらなかったころ、彼はある女性を探していた。そしてレポートを出したが、その結果について聞きたかったから。サラの依頼人は、その女性の妹なのだ。続きを読む
タグ:柴田よしき
posted by 濫読ひで at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中場利一 黒猫 沖田総司の死線 (10/2009) ☆☆☆☆


黒猫
沖田総司の死線
著者: 中場利一
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 単行本
ページ数: 327p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784022505576
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
黒猫

新撰組もの。
沖田総司の目から描いている。
事件が淡々と続き、総司は淡々と人を斬り続ける。
続きを読む
タグ:中場利一
posted by 濫読ひで at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

朱川湊人 本日、サービスデー (10/2009) ☆☆☆☆☆


本日、サービスデー

著者: 朱川湊人
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 302p
発行年月: 2009年01月
ISBN:9784334926502
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
本日、サービスデー

平凡な毎日を送っている俺は、ある日驚いた。妻と家族、そして会社の連中など、みんなの態度が変わっていたのだ。 いいことばかり。 いったい何が?すると突然妙な女が現れた。彼女いわく、今日は一生に一度の「サービスデー」だという。神様が全員に与える特別な日。 ただ、それは普通本人に教えないものだと。そして…
続きを読む
タグ:朱川湊人
posted by 濫読ひで at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

門井慶喜  パラドックス実践 (10/2009) ☆☆☆☆1/2


パラドックス実践

雄弁学園の教師たち
著者: 門井慶喜
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 269p
発行年月: 2009年06月
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円)
パラドックス実践

雄弁学園は、神戸の六甲アイランドにある特別な学校だ。
普通の授業以外に、論理についての授業がたくさんある。雄弁の歴史を学び、実践する学校ということになる。

能勢は、雄弁学園に移り、高等部の授業を受け持つことになった。彼の大学の専攻がプラトンだったということが有利に働いたらしい。実際はほとんど勉強などしていなかったが。続きを読む
タグ:門井慶喜
posted by 濫読ひで at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楡周平 骨の記憶 (10/2009) ☆☆☆☆☆


骨の記憶
著者: 楡周平
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 508p
発行年月: 2009年02月
ISBN:9784163279602
本体価格 1,714円 (税込 1,800 円) 送料無料
骨の記憶

楡周平の今度の作品は、やはりビジネスものに近い。

清枝は、死の床についた夫、弘明の世話をしていた。夫は地元の名家の跡継ぎだったが、人々の面倒をみるうちに資産がなくなっていき、製材所も閉じたりし、貧しくなっていった。山も売ってしまった。
そんな清枝に、荷物が届いた。送り主はずっと昔死んだはずの男の名で、中身はなんと骨だった。それは彼女の父親の骨だという…。


長沢一郎は貧しい農家の長男だ。友人に、同級生の曽我弘明がいた。
家の環境はずいぶん違うが、弘明とは仲がよかった。ある日弘明は、一郎に対して、トンネルを掘ろう、ともちかけた。 野球の場所をとるための近道を作ろうというのだ。そこである事件が起きた。続きを読む
タグ:楡周平
posted by 濫読ひで at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田次郎 夕映え天使 (10.2009) ☆☆☆☆1/2


夕映え天使
著者: 浅田次郎
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 248p
発行年月: 2008年12月
ISBN:9784104394036
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
夕映え天使

浅田次郎の短編集。
あいかわらずうまい。さすがだと言える。
「夕映え天使」
男やもめの父子のやっている小さな店に、ある日突然女性がやってきた。純子というその女性は、住み込みで雇ってくれ、というのだった。
わけがありそうだったが、純子はそこで働き始めた。 それから数カ月、純子は看板娘になった。そして親父は純子を嫁に…と考え始めた。そんなある日、純子は去った…


続きを読む
タグ:浅田次郎
posted by 濫読ひで at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上阪徹 六〇〇万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス (10/2009)


六〇〇万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス
六〇〇万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス
角川SSC新書
著者: 上阪徹
出版社: 角川・エス・エス・コミュニケーションズ /角川GP角川エス・エ
サイズ: 新書
ページ数: 182p
発行年月: 2009年05月
ISBN:9784827550719
本体価格 760円 (税込 798 円) 送料無料

クックパッドについて、創業者のこだわりや主婦の支持の内容が書かれている。続きを読む
タグ:上阪徹
posted by 濫読ひで at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

土屋賢二 純粋ツチヤ批判 (10/2009) ☆☆☆☆☆


純粋ツチヤ批判
著者: 土屋賢二
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 277p
発行年月: 2009年05月
ISBN:9784062155045
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
在庫あり(1〜3営業日内に発送予定)

純粋ツチヤ批判

ツチヤ先生は哲学の先生だ。 だからこそ彼の言うことは素晴らしい。すごい人だ。彼が言うことはすべて真実だ。 
…などと書いても意味はないだろう。

ツチヤ教授を知っている人にとっては当然のことだし、知らない人にとっては、誤った先入感を植え付けてしまう。続きを読む
タグ:土屋賢二
posted by 濫読ひで at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花村萬月 なかで、ごめんね (10/2009) ☆☆☆☆1/2


なかで、ごめんね
著者: 花村萬月
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 229p
発行年月: 2009年08月
ISBN:9784062157698
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
在庫あり(1〜3営業日内に発送予定)
なかで、ごめんね

なんと、あの花萬の新作の主人公は「女子高生」!しかも「私」の人称で書かれる作品とは!!

これはとんでもないことだ…と思い、読み始めた。

さすがに女子高生の会話といっても花萬チックだ。というか現代女子高生がする会話とはとても思えない…。まあいい。
続きを読む
タグ:花村萬月
posted by 濫読ひで at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朱川湊人 わくらば日記 わくらば追慕抄 (10/2009) ☆☆☆☆



わくらば日記
角川文庫
著者: 朱川湊人
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 文庫
ページ数: 317p
発行年月: 2009年02月
ISBN:9784043735020
本体価格 552円 (税込 580 円) 送料無料
取寄せ(1〜14営業日内に発送予定)
わくらば日記
わくらば追慕抄
著者: 朱川湊人
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 358p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784048739375
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
取寄せ(1〜14営業日内に発送予定)
わくらば追慕抄


2冊まとめて紹介だ。

戦後まもない東京での話だ。
まだ小学生だった私、和歌子(ワッコ)には素敵な姉、上条鈴音がいた。実は鈴音には不思議な力があった。
人の思っていることや、ある時にあったことが見えるというものだ。 

その力の存在は秘密だったが、ある事件がきっかけで、ワッコはそれを警察官に話してしまった。 それから、ワッコを通して鈴音のところに事件が持ち込まれてくるようになった。続きを読む
タグ:朱川湊人
posted by 濫読ひで at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中啓文 辛い飴(10/2009) ☆☆☆☆


辛い飴
永見緋太郎の事件簿
創元クライム・クラブ
著者: 田中啓文
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 349p
発行年月: 2008年08月
ISBN:9784488025304
本体価格 1,900円 (税込 1,995 円) 送料無料
辛い飴

どうも田中啓文というと「蹴りたい田中
」とか「UMAハンター馬子完全版(1)」などのタイトルを思い浮かべてしまうが、この本は違う。
ジャズのプレイヤー(サックス奏者)である永見が探偵役をするというシリーズものだ。
語り手でワトスン役ははバンドのリーダーである唐島。
ものによっては事件だし、場合によっては「ちょっといい話」も入っている。続きを読む
タグ:田中啓文
posted by 濫読ひで at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

長嶋有 ねたあとに (9/2009) ☆☆☆☆1/2


ねたあとに
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 単行本
ページ数: 333p
発行年月: 2009年02月
ISBN:9784022505316
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
ねたあとに

朝日新聞に連載された、不思議な作品だ。
毎年夏になると、わたし(久呂子)はコモローさんのナカヤマ山荘に出かける。コモローさんは作家。 山荘にはコモローさんのお父さんやそのお友達などがたくさんやってくる。
そして毎晩、不思議な遊びをする。

たとえば麻雀牌を使って「ケイバ」。馬の名前をそれぞれつけて、出走させる。 実況しながらいろいろ楽しんでいる。
それから軍人将棋。コモローさんたちが昔からルールを少しずつ改良しているので、非常に複雑だ。続きを読む
タグ: 長嶋有
posted by 濫読ひで at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上田早夕里 ラ・パティスリー (9/2009) ☆☆☆☆


ラ・パティスリー
著者: 上田早夕里
出版社: 角川春樹事務所
サイズ: 単行本
ページ数: 261p
発行年月: 2005年11月
ISBN:9784758410571
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
ラ・パティスリー

以前紹介した「ショコラティエの勲章」の前作。
http://hidebook.seesaa.net/article/115047302.html

といっても登場人物も場所も異なる。
ここはパティスリーの「ロワゾ・ドール」。
ある朝、見習いの夏織が店にやってくると、見知らぬ男が菓子を作っている。その手さばきは非常に手慣れており、熟練した職人だと感じられた。 ところが…その男がどこから来たのか、わからない。それどころか、その男はこの店を自分がやっている「ロワゾ・アルジャンテ」という店だと思っていたのだ! 

よく調べると、男の記憶はあいまいで、自分がそれまでどうしていたのか説明できない。今まで毎日この「ロワゾ・アルジャンテ」で菓子を作っていたはずだ、というのだ…。
続きを読む
タグ:上田早夕里
posted by 濫読ひで at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

桂望実 平等ゲーム (9/2009) ☆☆☆☆☆


平等ゲーム
著者: 桂望実
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 346p
発行年月: 2008年08月
ISBN:9784344015494
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
在庫あり(1〜3営業日内に発送予定)
平等ゲーム

僕、芦田耕太郎は瀬戸内海の島、鷹の島からやってきた。 僕のいまの仕事は、島の勧誘員だ。 鷹の島というのは、ユートピア。 人々が誰でも平等に幸せに暮らす権利を持っている島。 
平等が第一優先になる。そして、人々は幸せに、なごやかに暮らしている。 僕は、島への移住希望者に対してインタビューをし、そして島に入れられるかどうかを見定める。 最終的な入島を認めるかどうかは、島全体の投票で決まることになる。
続きを読む
タグ:桂望実
posted by 濫読ひで at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴田よしき 謎の転倒犬 (9/2009) ☆☆☆☆1/2


謎の転倒犬
石狩くんと(株)魔泉洞
創元クライム・クラブ
著者: 柴田よしき
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 248p
発行年月: 2008年05月
ISBN:9784488012106
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
謎の転倒犬

タイトルを見ても、気付かなかった。
しかし、中のそれぞれのタイトルを見て、やっとわかった。

「時をかける熟女」「まぼろしのパンフレンド」「謎の転倒犬」「狙われた学割」「七セットふたたび」 と並んでいる。

これこそ、昔の(ジュブナイル)SFタイトルのパロディなのだ!
なぞの転校生が転倒犬になるとは気づかない。 タイトルをみて、「犬の転倒」すなわち「ワンパターン」なのかと思っていたが、実はパロディということだった。(もちろんワンパターン、というのも兼ねている可能性はあるが。)続きを読む
タグ:柴田よしき
posted by 濫読ひで at 21:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川上健一 透明約束 (9/2009) ☆☆☆☆1/2


透明約束
著者: 川上健一
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 285p
発行年月: 2009年08月
ISBN:9784334926779
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
透明約束

川上健一には海外が似合う。
そして旅が似合う。
もしかしたら寒いところが似合う。(熱風吹き荒れるスペインも似合うのだが。)
そして…「ロマン」が似合う。

この小説は、カナダと日本を舞台にした短編集だ。

一つ一つの短編を追っていくと、カナダ旅行ができるようになっている。


続きを読む
タグ:川上健一
posted by 濫読ひで at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。