2009年08月30日

海堂尊 ブラックペアン1988 (8/2009) ☆☆☆☆1/2

ブラックペアン1988

著者: 海堂尊
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 317p
発行年月: 2007年09月
ISBN:9784062142540
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
ブラックペアン1988

おなじみの登場人物たちの、昔の確執や事件を描いたものになっている。いまや大御所になった高階院長の、講師時代の話になっている。

「チーム・バチスタの栄光」以来の主人公、田口も医学生として登場する。「ジェネラル・ルージュ」「ひかりの剣」の速水もだ。
それだけではない。ボンクラボヤや黄金地球儀の話まで言及されるのだ。
続きを読む
タグ:海堂尊
posted by 濫読ひで at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅田みか 書店員の恋 (8/2009) ☆☆☆☆


書店員の恋
著者: 梅田みか
出版社: マガジンハウス
サイズ: 単行本
ページ数: 269p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784838719204
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
書店員の恋

翔子は書店員。まだまだ駆け出しだと思っている。
そんなとき、突然、フロアのチーフを仰せつかった。もっと適任の人がいるはずなのに…
彼女は、懸命に考え、自分としては好きでなかったケータイ小説のフェアを成功させた。
その結果、作家のサイン会が実現することになった。それが、彼女の運命を変えていくかもしれない、ということなど、そのときの翔子の知る由もなかった…続きを読む
タグ:梅田みか
posted by 濫読ひで at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有川浩 阪急電車 (8/2009) ☆☆☆☆1/2


阪急電車

著者: 有川浩
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 221p
発行年月: 2008年01月
ISBN:9784344014503
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
阪急電車

「図書館戦争」の有川浩の作品。
タイトルは「阪急電車」だが、べつに電車マニアの話ではない。
阪急電車の各駅の間で起きる、人間模様を描いているものだ。
それぞれ、登場人物は少しずつ重なっている。

阪急今津線。宝塚から西宮北口を往復している電車だ。

宝塚駅から征志は電車に乗り込んだ。その隣に座ったのは、実は彼が一方的に知っている女性だ。 彼が行く図書館で、彼の好みの本を奪っていく女性なのだ。
そして彼女は、窓の外を見て、突然彼に話しかけてきた…

続きを読む
タグ:有川浩
posted by 濫読ひで at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

小石至誠 神様の愛したマジシャン (8/2009) ☆☆☆☆☆


神様の愛したマジシャン
著者: 小石至誠
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 252p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784198625429
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料無料 神様の愛したマジシャン

この作者を知っていたら相当なツウだろう。
彼は別名「パルト小石」 
マジックの「ナポレオンズ」の片方だ。
ナポレオンズといえば…やはり首がぐるぐる回る、あのお約束のマジック、というよりコミック芸だろう。 
「ほぼ日刊イトイ新聞」での不定期連載で知っている人もいるかもしれない。
続きを読む
タグ:小石至誠
posted by 濫読ひで at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井上尚登 T.R.Y.北京詐劇 (8/2009) ☆☆☆☆1/2


T.R.Y.北京詐劇(コンフィデンシャル)
著者: 井上尚登
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 447p
発行年月: 2006年08月
ISBN:9784048737142
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
T.R.Y.北京詐劇(コンフィデンシャル)

時は1915年。舞台は中国。
稀代の詐欺師、伊沢は大きな目的を持って仕事をしている。
あるとき、彼は袁世凱が地元の財閥、シャミール家へ宴席のために赴くことを知る。
伊沢は、大きな詐欺を絵を書いて、袁世凱をハメる算段をする…
続きを読む
タグ:井上尚登
posted by 濫読ひで at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西澤保彦 マリオネット・エンジン (8/2009) ☆☆☆1/2


マリオネット・エンジン
講談社ノベルス
著者: 西澤保彦
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 259p
発行年月: 2009年02月
ISBN:9784061826359
本体価格 860円 (税込 903 円)
マリオネット・エンジン

西澤保彦の書いた、初めての「SF作品集」になる。
彼はいままでもSF的なものを多く書いていたが、あくまで「ミステリ」のカテゴリーであった。神麻嗣子なんかもむしろSFではなくてミステリ、という位置づけだ。

今回は完全にSFのみを集めた本となっている。
続きを読む
タグ:西澤保彦
posted by 濫読ひで at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

山口雅也 新・垂里冴子のお見合いと推理 (8/2009) ☆☆☆☆


新・垂里冴子のお見合いと推理
著者: 山口雅也
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 323p
発行年月: 2009年05月
ISBN:9784062154468
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料無料
新・垂里冴子のお見合いと推理

シリーズ作品だが、読むのはこの本が初めてだ。
垂里冴子は独身の女性。 推理小説作家を志望しているが、なかなか書きあがらない。
そして彼女がお見合いするたびに、何か事件が起こる。
お見合いの場所は事件現場と化し、警察がやってくる。 そして冴子は、事件の解決に協力していくのだ。

基本的にこのパターンとなっている。

続きを読む
タグ:山口雅也
posted by 濫読ひで at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芦原すなお 野に咲け、あざみ (8/2009) ☆☆☆☆


野に咲け、あざみ
著者: 芦原すなお
出版社: 作品社
サイズ: 単行本
ページ数: 420p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784861822131
本体価格 2,000円 (税込 2,100 円) 送料無料
野に咲け、あざみ

「青春デンデケデケデケ」の芦原すなおの作品。
主人公は石野律子。大正元年の11月17日生まれだ。場所は香川県の水之郷(みのご)。
律子は一人っ子だ。姉も妹も死んでしまったから。

旧家の生まれだが、家はどんどん凋落して行った。 だがその中で、なんとか律子は女学校に入れてもらえた。そして卒業後、女子師範学校に進む。 師範学校で楽しい暮らしを過ごしたその後、地元で教師として働き始めた。続きを読む
タグ:芦原すなお
posted by 濫読ひで at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小路幸也 カウハウス (8/2009) ☆☆☆☆1/2


カウハウス
著者: 小路幸也
出版社: ポプラ社
サイズ: 単行本
ページ数: 381p
発行年月: 2009年06月
ISBN:9784591109694
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
カウハウス

畔木(くろき)は、仕事上の失敗により左遷された。新しい仕事は、会社がもつ鎌倉の豪邸の管理人だ。
畔木は、同棲していたガールフレンドの咲とともに、その家に引っ越してきた。
そこには、老人と中学生くらいの少女がテニスをする光景があった。
畔木は、その大豪邸を掃除し、管理し、ピアノを修理したり忙しい。
続きを読む
タグ:小路幸也
posted by 濫読ひで at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誉田哲也 ガール・ミーツ・ガール (8/2009) ☆☆☆☆


ガール・ミーツ・ガール

著者: 誉田哲也
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 333p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784334926434
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
ガール・ミーツ・ガール

「疾風ガール」
http://hidebook.seesaa.net/article/122403194.html
の続編にあたる。
夏美は、バンドのボーカルから、芸能事務所の所属になった。マネージャーは彼女を見出した宮原。

夏美に対して、ある要求がなされた。アイドルのルイが大みそかにテレビ出演して歌うためのバンドを作れ、というのだ。
夏美はルイのことは好きではなかった。しかし、行きがかり上、それに取り組む必要ができてしまった。しかもそれは、夏美のメジャーデビューともからんでいるのだ。
続きを読む
タグ:誉田哲也
posted by 濫読ひで at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

角田光代 森に眠る魚 (8/2009) ☆☆☆☆


森に眠る魚

著者: 角田光代
出版社: 双葉社
サイズ: 単行本
ページ数: 365p
発行年月: 2008年12月
ISBN:9784575236491
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
森に眠る魚

子供を媒介にして知り合った5人の母親。
それぞれが悩みをかかえている。そして母親たちは皆、友達でありライバルだ。
続きを読む
タグ:角田光代
posted by 濫読ひで at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北杜夫 マンボウ最後の大バクチ (8/2009) ☆☆☆☆


マンボウ最後の大バクチ
著者: 北杜夫
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 221p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784103062363
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料無料
マンボウ最後の大バクチ

どくとるマンボウもついに80を越えた。でも、元気だ。
この本は、その北杜夫が書いた、もしかしたら最後の本かもしれない。
だが…

この本のテーマは、「ギャンブル」だ。
北杜夫読者なら知っているだろう。彼は躁鬱患者でもあるわけだが、躁状態のときにはギャンブルを含め何でもやる。
続きを読む
タグ:北杜夫
posted by 濫読ひで at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

「あしぱろ」「あしめし」葛西りいちさんにお会いしました。

511.JPG
以前ご紹介した葛西りいちさんの「あしめし」は読者さんからの反響もありました。

その葛西さんが、自分で編集して「あしぱろ」という同人誌を出しました。 もともと同人誌を出しているのですが、かなり偏向した、というか一部の人たちにしか受けないのではないかと思われるジャンルなので、こういうのは初めてだったのかもしれません。

続きを読む
posted by 濫読ひで at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島本理生 君が降る日 (8/2009) ☆☆☆☆


君が降る日
著者: 島本理生
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 258p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784344016569
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料無料

君が降る日

「君が降る日」「冬の動物園」「野ばら」の3つを収録している。

表題作は、恋人が死んでしまった女性と、その恋人の親友、それから恋人の小さな弟の3人が形成する悲しく静かな物語だ。

降一は、ドライブをしていて、ハンドルを切り損ねて死んだ。 同乗者は、彼の親友の五十嵐だ。 志保は、なかなか降一の死をうけとめられない。 そんなとき、彼の母親から頼まれた。五十嵐が責任を感じて、ただでいいから店で働きたいと言っているが、気づまりなので一緒に来てほしいと。続きを読む
タグ:島本理生
posted by 濫読ひで at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白瀬修 おと×まほ(8) (8/2009) ☆☆☆☆


おと×まほ(8)
GA文庫
著者: 白瀬修
出版社: ソフトバンククリエイティブ
サイズ: 文庫
ページ数: 213p
発行年月: 2009年07月
ISBN:9784797355376
本体価格 590円 (税込 620 円) 送料無料
おと×まほ(8)

おとxまほの8巻。
前回が非常にシリアスな長編であったことと比較すると今回は短編集でコミカル。
しかも妄想爆発!
続きを読む
タグ:白瀬修
posted by 濫読ひで at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

水原秀策 偽りのスラッガー (8/2009) ☆☆☆☆


偽りのスラッガー
著者: 水原秀策
出版社: 双葉社
サイズ: 単行本
ページ数: 348p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784575236576
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
偽りのスラッガー

現役を引退した元プロ野球選手、秋草のところに、昔の同僚、峯村から声がかかった。 現役に復帰しないか、というのだ。
だがそれは、彼の力を買うからではない。 球団の内部にドーピング疑惑があり、それを探るためにスパイとして彼を雇う、というのだ。
続きを読む
タグ:水原秀策
posted by 濫読ひで at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加藤実秋 チャンネルファンタズモ (8/2009) ☆☆☆☆


チャンネルファンタズモ
著者: 加藤実秋
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 317p
発行年月: 2009年05月
ISBN:9784198627324
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料

チャンネルファンタズモ

「インディゴの夜」シリーズ
http://hidebook.seesaa.net/article/13452473.html
の作者が放つ短編集。
舞台は、三流オカルト番組専門放送局のチャンネル・ファンタズモ。
深見百太郎(ももたろう。うしろのひゃくたろう、ではない)は、大手テレビ局から追放され、ここにたどりついた。
この局は、「突撃!となりの超常現象」をはじめとするオカルト番組を24時間流している。
続きを読む
タグ:加藤実秋
posted by 濫読ひで at 23:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥飼否宇 T−REX失踪 (8/2009) ☆☆☆☆


Tーrex失踪

人事系シンジケート
講談社ノベルス
著者: 鳥飼否宇
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 282p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784061826403
本体価格 900円 (税込 945 円) 送料無料
Tーrex失踪

鳥飼否宇の新シリーズ、かもしれない。
主人公の真治は、おもちゃメーカー「トリストイ」の人事部所属だ。
実は、彼は特殊能力を持っている。
人の嘘を見破る力だ。続きを読む
タグ:鳥飼否宇
posted by 濫読ひで at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

吉野万理子 シネマガール


シネマガール
著者: 吉野万理子
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 252p
発行年月: 2009年06月
ISBN:9784048739566
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
シネマガール

黄桃学園大学総務部総務課の小平真琴は、つまらない毎日を送っていた。そこへ突然、初代理事長の孫、一条リラが総務課に配属された。
彼女はその直前までアメリカに住んでいたという。 そして彼女がアメリカでやっていたのが、映画のストーリー・アナリスト。 プロットや脚本を見て、あたりそうかどうかを判断する仕事だそうだ。 彼女は映画に非常に詳しい。 そして、いろいろな出来事について、映画をモチーフにしながら説明をしてくれる。
続きを読む
タグ:吉野万理子
posted by 濫読ひで at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤正午 身の上話 (8/2009) ☆☆☆1/2


身の上話
著者: 佐藤正午
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 373p
発行年月: 2009年07月
ISBN:9784334926717
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
身の上話

宝くじを買いに行った、地方都市に住む、東京からの出張者の豊増と不倫中の女性事務員ミチルは、彼を見送りに行きがてら、東京まで行ってしまった。続きを読む
タグ:佐藤正午
posted by 濫読ひで at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石田衣良 再生 (8/2009) ☆☆☆☆☆


再生
著者: 石田衣良
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 270p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784048739436
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

再生

石田衣良の短編集。
相変わらず筆が冴えている。

表題作は、妻に先だたれ、息子とともに苦しんでいる夫の再生を描きだす。 康彦のところに、妻、利枝子の友人、果歩から連絡が入った。バリ島でコンシェルジュをしている彼女の頭に、利枝子の声が聞こえた、というのだ。信じられない彼に、果歩は一言を告げた。それは、利枝子が自殺した際に飲んでいたワインの銘柄だった…。続きを読む
タグ:石田衣良
posted by 濫読ひで at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三浦しをん 神去なあなあ日常 (8/2009) ☆☆☆☆☆


神去なあなあ日常
著者: 三浦しをん
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 290p
発行年月: 2009年05月
ISBN:9784198627317
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

神去なあなあ日常

三浦しをんの新作。
突然、林業にたずさわることになってしまった若者の独白日記の形式をとっている。

平野勇気は、高校を卒業してぶらぶらするはずだった。ところが、突然、山の村に「就職」することになり、送られた。
村の駅に迎えに来たのは、ヨキと呼ばれる男だった。
そして、村では猪鍋で歓迎された。 そこは森林組合の事務所だったのだ。続きを読む
タグ:三浦しをん
posted by 濫読ひで at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

海堂尊 夢見る黄金地球儀 (7/2009) ☆☆☆☆


夢見る黄金地球儀
東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 海堂尊
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 300p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784488017453
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

夢見る黄金地球儀

おなじみ桜宮市を舞台にした物語。ただし、今回は病院や医者の話ではない。
鉄工所の跡取り息子が主人公だ。ほんのちょっとだけ、厚生労働省の妙な役員、白鳥らしい者も言及される。

続きを読む
タグ:海堂尊
posted by 濫読ひで at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小路幸也 Heartblue (7/2009) ☆☆☆1/2


Heartblue

東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 小路幸也
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 348p
ISBN:9784488017378
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
Heartblue

出版が2007年だから、ちょっと前に出た本ということになる。
サスペンスホラーといえばいいのだろうか。

舞台はニューヨーク。 失踪人課のダニエル・ワットマンのところに届け出があった。ある女の子を探してほしい、と。

続きを読む
タグ:小路幸也
posted by 濫読ひで at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿川大樹 フェイク・ゲーム (7/2009) ☆☆☆☆1/2


フェイク・ゲーム
著者: 阿川大樹
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 390p
発行年月: 2009年05月
ISBN:9784198627294
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料無料
在庫あり(1〜3営業日内に発送予定)
フェイク・ゲーム


あの名作D列車で行こう http://hidebook.seesaa.net/article/45650993.html
の作者が放つ、ハードボイルドストーリー。

主人公は賢い女性、高岡麗美。大学の卒論でヤクザの世界の経済について述べたつわものの女性だ。彼女は暴力団のボスの表向きは愛人、実質上のブレーンとして働き始めた。 そして居場所を新宿に変え、活躍を続ける。続きを読む
タグ:阿川大樹
posted by 濫読ひで at 00:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汀こるもの リッターあたりの致死率は (7/2009) ☆☆☆☆


リッターあたりの致死率は

Thanatos
講談社ノベルス
著者: 汀こるもの
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 253p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784061826458
本体価格 880円 (税込 924 円) 送料無料
リッターあたりの致死率は

例の「タナトス」(あるいはタナトスきゅん)シリーズだ。

魚マニアの美樹(よしき)が魚の展示会に行ったところ、客が毒殺された。そして何と美樹は誘拐されてしまった!
続きを読む
タグ:汀こるもの
posted by 濫読ひで at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。