2009年07月25日

山本幸久 ある日、アヒルバス (7/2009) ☆☆☆☆☆


ある日、アヒルバス
著者: 山本幸久
出版社: 実業之日本社
サイズ: 単行本
ページ数: 365p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784408535272
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料

ある日、アヒルバス

秀子(デコ)は、東京の観光バス会社「アヒルバス」のバスガイドだ。
まだまだ自分でも未熟だと思っている。
デコは、他の同僚と一緒に、都内の寮に住んでいる。 やさしい先輩も鬼のような先輩も、仲の悪くない同僚もいる。

続きを読む
ラベル:山本幸久
posted by 濫読ひで at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本甲士 ひろいもの (7/2009) ☆☆☆☆☆


ひろいもの
著者: 山本甲士
出版社: 小学館
サイズ: 単行本
ページ数: 301p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784093862462
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

ひろいもの

名手、山本甲士の短編集。
さすが、といえるような作品が揃っている。
「人は、ちょっとしたきっかけで変わることができる」ということをうたった作品集だ。

「セカンドバッグ」
幸高は、やる気のないアルバイト生活を送っていた。 鞄屋でのバイトだが、とくにカバンに興味があるわけではなかった。そんなある日、公園のベンチで、袋に入ったセカンドバッグを見つけた。 そのバッグはブランドではないが、どうやら上等なもののようだ。彼は、バッグについて調べ始めた。すると、いろいろなことが見えてきた…。
(濫読ひで 年間短編賞の最有力候補です)
続きを読む
ラベル:山本甲士
posted by 濫読ひで at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荻原浩 ちょいな人々 (7.2009) ☆☆☆☆1/2


ちょいな人々

著者: 荻原浩
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 266p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784163275505
本体価格 1,524円 (税込 1,600 円) 送料無料
ちょいな人々

荻原浩の短編集。
彼の味が出た、楽しいものになっている。
表題作 クールビズが導入された会社で、男たちはみな悩んでいる。どんな服装をしたらわからないからだ。
課長の誠一は、休日に部下の瑠璃と会社に来て、彼女にヒゲがセクシーだ、と言われた。それでちょっといい気になり、「ちょい悪おやじ」になるにはどうしたら、と考えるようになったが…
続きを読む
ラベル:荻原浩
posted by 濫読ひで at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

倉阪鬼一郎 夜になっても走り続けろ (7/2009) ☆☆☆☆


夜になっても走り続けろ
Joy novels
著者: 倉阪鬼一郎
出版社: 実業之日本社
サイズ: 新書
ページ数: 245p
発行年月: 2009年06月
ISBN:9784408505084
本体価格 857円 (税込 900 円) 送料無料
夜になっても走り続けろ

ミステリ作家の倉阪鬼一郎先生は、最近マラソンに凝っているようだ。
以前紹介した「湘南ランナーズ・ハイ」http://hidebook.seesaa.net/article/82016515.html も、マラソンの話だった。 

今回は、なんと「24時間耐久マラソン」の話になっている。
単純に42.195キロを走るマラソンではない。24時間かかってどれくらい走れるかを競うものなのだ!続きを読む
ラベル:倉阪鬼一郎
posted by 濫読ひで at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

池上永一 テンペスト (上・下) (7/2009) ☆☆☆☆☆


テンペスト 上(若夏(うりずん)の巻) 下(花風の巻)
著者: 池上永一
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 426p(上)427p(下)
発行年月: 2008年08月
本体価格 各 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
テンペスト 上(若夏(うりずん)の巻)
テンペスト 下(花風の巻)

本屋大賞ノミネート作品。


やっと、この本を読み終わった。
そして後悔した。

なぜか? なんでもっと前にこれを読まなかったんだ!と。

素晴らしい。 
長い作品だが、まったく気にならない。
むしろ、読み終わるのを惜しく感じてしまうような作品だった。

時は江戸末期。場所は琉球王国。
天才美少女真鶴は、王府にあこがれ、身を宦官と偽って科試(国家試験)を突破、役人となる。名を孫寧温。 

寧温は、内部の敵から攻撃され続けるが、持前の機転、明るさ、そして周りの人々からのサポートにより、問題を切り抜けていく。続きを読む
ラベル:池上永一
posted by 濫読ひで at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武谷牧子 リターン・チケット (7/2009)  (差し控え)


リターン・チケット
著者: 武谷牧子
出版社: 日本経済新聞出版社
サイズ: 単行本
ページ数: 263p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784532170929
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
リターン・チケット


江都子は大学のドイツ語の講師だ。箱根湯本までロマンスカーで男性と旅行をしようと思ったが、直前に男性にキャンセルされてしまった。 江都子は他にチケットを買ってくれる人はいないか、駅の切符売場で尋ねる。 

そこで声をかけてきた男は、日系4世のレオと名乗った。 続きを読む
ラベル:武谷牧子
posted by 濫読ひで at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芥川賞・直木賞決定

芥川賞・直木賞が決定しました。

受賞作は以下のとおりです。続きを読む
ラベル:芥川賞 直木賞
posted by 濫読ひで at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

小路幸也 マイ・ブルー・ヘブン (7/2009) ☆☆☆☆☆


マイ・ブルー・ヘブン
東京バンドワゴン
著者: 小路幸也
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 305p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784087712902
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

マイ・ブルー・ヘブン

おなじみ「東京バンドワゴン」のシリーズだ。
今回は、なんと生きているサチさんが登場する。

戦後すぐのこと。 良家の子女である咲智子は、両親から書類を預かり、静岡の叔父に渡すように言われた。 その直後、両親は誰かに拉致されてしまった。そして咲智子にも追ってが近づく。彼女を救ったのは、古本屋の主人、勘一だった。続きを読む
ラベル:小路幸也
posted by 濫読ひで at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほしおさなえ 恩寵(7/2009) ☆☆☆☆


恩寵
著者: ほしおさなえ
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 367p
発行年月: 2008年12月
ISBN:9784048739023
本体価格 1,900円 (税込 1,995 円) 送料無料

恩寵

女性ならではの、ゆるやかな世界。ゆるやかな語り口。
ゆっくりと流れる時間のなかで、天の恩寵、そして亡き父の思いを感じる…そんな感じの話、とくくればいいのだろうか。

フウリ(風里)は、小さな古い一軒家を借り、住み始めた。そして植物園でアルバイトも始める。
そこで人々と出会い、生き方を考え始める。 続きを読む
ラベル:ほしおさなえ
posted by 濫読ひで at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂口菊恵 ナンパを科学する (6/2009) ☆☆☆


ナンパを科学する
ヒトのふたつの性戦略
著者: 坂口菊恵
出版社: 東京書籍
サイズ: 単行本
ページ数: 303p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784487802739
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
在庫あり(1〜3営業日内に発送予定)

ナンパを科学する

これは一応、ちゃんとした学問の本だ。
以前、日経新聞の書評でとりあげられていたので、入手してみた。

どうして美人がナンパされるとは限らないの?
男性と女性では浮気の理由が違うって本当? 
なぜ彼女は何回も悪い男にひっかかるの?
進化心理学で解き明かす、ヒトの性行動のふしぎ!

こんな感じの帯がついている。続きを読む
ラベル:坂口菊恵
posted by 濫読ひで at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

百田尚樹 ボックス! (7/2009) ☆☆☆☆☆


ボックス!
著者: 百田尚樹
出版社: 太田出版
サイズ: 単行本
ページ数: 587p
発行年月: 2008年07月
ISBN:9784778311346
本体価格 1,780円 (税込 1,869 円) 送料無料
ボックス!

本屋大賞ノミネート作品。
大阪の高校教師の耀子は、電車の中で、生徒の鏑矢に助けられた。鏑矢はボクシングをやっているらしい。曜子が担任をしている高校一年の木樽優紀は、幼馴染の鏑矢と仲良しだ。
耀子はボクシング部の顧問となり、ひ弱な優輝はボクシング部に入部した。続きを読む
ラベル:百田尚樹
posted by 濫読ひで at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大崎梢 平台がおまちかね (7/2009) ☆☆☆☆1/2


平台がおまちかね
創元クライム・クラブ
著者: 大崎梢
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 260p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784488025281
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
平台がおまちかね

出版社の新人営業マンの井辻智紀くんは、他社の営業からは「ひつじくん」などと呼ばれている。会社は40人くらいの小さな出版社。
営業の仕事は、本屋さんを回って自分の会社の本をアピールして注文をとってくることだけではなく、企画から販促物の作成や在庫管理、市場調査までいろいろだ。続きを読む
ラベル:大崎梢
posted by 濫読ひで at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

芥川賞・直木賞ノミネート作品決まる!

芥川賞・直木賞のノミネート作品が決まった。

今回は芥川賞が話題になるかもしれない。
もちろん受賞者によって、ではあるのだが。

続きを読む
ラベル:芥川賞 直木賞
posted by 濫読ひで at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

加藤実秋 ホワイトクロウ (6/2009) ☆☆☆☆


ホワイトクロウ
インディゴの夜
東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 加藤実秋
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 238p
発行年月: 2008年11月
ホワイトクロウ

ホストクラブ「インディゴ」を舞台とする「インディゴの夜」シリーズの三作目になる。

今回は、オーナーの晶はあまり出てこない。今回の登場人物のメーンは、ホストたちだ。
犬マンやジョン太などが、問題解決のために走り回る。続きを読む
ラベル:加藤実秋
posted by 濫読ひで at 14:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水田美意子 着ぐるみデパート・ジャック


着ぐるみデパート・ジャック
著者: 水田美意子
出版社: 宝島社
サイズ: 単行本
ページ数: 278p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784796664783
本体価格 1,143円 (税込 1,200 円) 送料無料
着ぐるみデパート・ジャック

「このミステリーがすごい!」大賞の特別奨励賞を受賞した作者の新作。

デパートに武装したメンバーが人質をとってたてこもった。
その要求はなんと「文部科学省の解体」だった。
犯人たちは、パンダなどの着ぐるみを着て、武器を持って立てこもっている。

はたして警察は、この犯人たちを捕まえ、無事に人質を救出できるだろうか?

続きを読む
ラベル:水田美意子
posted by 濫読ひで at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五條瑛 天神のとなり (7/2009) ☆☆☆☆


天神のとなり
著者: 五條瑛
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 272p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784334926311
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料

天神のとなり

鏑木は、やくざの手先のようなことをやっている。昔は大学で教えていたが、ある事件によって大学を辞し、流れ流れてこうなった。
手先、というのは、何かあった場合に調査をするということになる。

彼の実質的なボスである白樺(彼はやくざだ)の命をうけ、鏑木はいろいろ探しまわる。
続きを読む
ラベル:五條瑛
posted by 濫読ひで at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。