2009年06月28日

誉田哲也  疾風ガール (6/2009) ☆☆☆☆☆


疾風ガール
光文社文庫
著者: 誉田哲也
ページ数: 389p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784334745707
本体価格 648円 (税込 680 円) 送料無料
疾風ガール

夏美は、初めからその場所にいた。選ばれた者だけが立つべき、舞台という場所に。

祐司は、芸能プロダクションの社員。もともとバンドくずれだが、いまは巨乳アイドルのプロモートを主とする会社にいる。
そんな祐司が、夏美を見出した。夏美の音楽は、自然だ。
そしてパワーがある。スター性を持っている。
続きを読む
ラベル:誉田哲也
posted by 濫読ひで at 12:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辻村深月 ぼくのメジャースプーン (6/2009) ☆☆☆☆☆


ぼくのメジャースプーン
講談社文庫
著者: 辻村深月
ページ数: 514p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784062763301
本体価格 762円 (税込 800 円) 送料無料

ぼくのメジャースプーン

2006年に出版されたこの本が、文庫になって登場。

ある日、学校でひどい事件が起こってしまった。犯人は医学部の学生。何もそれを悪いことだと思っていない。こんなやつのために、クラスメートのふみちゃんは心を閉ざしてしまった。

ぼくには、力があるらしい。だけど、それを使うのはとても難しい。続きを読む
ラベル:辻村深月
posted by 濫読ひで at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茂木健一郎 セレンディピティの時代 (6/2009) ☆☆☆☆☆


セレンディピティの時代偶然の幸運に出会う方法
講談社文庫
茂木健一郎
ページ数: 292p
発行年月: 2009年06月
ISBN:9784062763912
本体価格 571円 (税込 600 円) 送料無料
セレンディピティの時代

「アハ体験」でもおなじみの茂木先生の本だ。
彼の本は、かなり小難しく、大学受験のテキストにでも使いそうなものが多い。(まあ実際に大学の先生もやってたんだし。)

だがこの本は違う。もっとくだけた格好で、気軽に若者をプッシュする内容になっている。

あなたは、セレンディピティという単語を知っているだろうか?
続きを読む
posted by 濫読ひで at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誉田哲也 ストロベリーナイト (6/2009) ☆☆☆☆


ストロベリーナイト
光文社文庫
著者: 誉田哲也
ページ数: 435p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784334744717
本体価格 667円 (税込 700 円) 送料無料
ストロベリーナイト

姫川玲子はノンキャリアとしては異例の速さ、27歳で警部補に昇進し、その後警視庁本庁の捜査一課殺人犯捜査係の主任となった。いまは29歳。
彼女が昇進にこだわった理由は、実は彼女が昔に体験した事件にあった。

今回彼女が担当する事件は、釣り堀に浮かんだ死体だ。
死体はビニールシートに巻かれ、腹部にはまっすぐの切り傷があった。
続きを読む
ラベル:誉田哲也
posted by 濫読ひで at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小手鞠るい 別れのあと (6/2009) ☆☆☆☆1/2


別れのあと
著者: 小手鞠るい
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 174p
発行年月: 2009年01月
ISBN:9784104371044
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料無料
別れのあと

愛に関する短編集。
まあ小手鞠るいの場合、すべてが愛にかかわる作品だから、この表現は少し重複なのかもしれないが。

彼女の作品に出てくる女性の多くは、悲しみを経験している。
それが夫の不信であったり、不倫であったり、別れであったり。

「別れのあと」洋服を着替えるように、男性を替える女性。そんな彼女も、昔は結婚していた。そのときの夫は…続きを読む
ラベル:小手鞠るい
posted by 濫読ひで at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

米澤穂信 秋期限定栗きんとん事件 (上・下) (6/2009) ☆☆☆☆☆


秋期限定栗きんとん事件(上)(下)
創元推理文庫
著者: 米澤穂信
出版社: 東京創元社

(上)ページ数: 254p
発行年月: 2009年02月
ISBN:9784488451059
本体価格 580円 (税込 609 円) 送料無料

(下)ページ数: 242p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784488451066
本体価格 580円 (税込 609 円) 送料無料

秋期限定栗きんとん事件(上)秋期限定栗きんとん事件(下)

米澤穂信の「小市民」シリーズ最新作。
秋季限定ということで、前の二つ
「春期限定いちごタルト事件・夏期限定トロピカルパフェ事件」
http://hidebook.seesaa.net/article/31726886.html

の続きになっている。

しかし。
前作の終わりは夏。主人公の小鳩くんと小佐内ゆきの二人が別れたのちの作品なので、この作品がその秋のことかと思うと大間違いだった。
二人が別れたのは夏で、そのあとは二人は別々の異性とつきあいはじめた。 小鳩くんは、クラスの女の子の仲丸さんから告白されて。 ゆきは、新聞部の男、瓜野に告白されて。
続きを読む
ラベル:米澤穂信
posted by 濫読ひで at 13:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大崎梢 スノーフレーク (6/2009) ☆☆☆☆


スノーフレーク
著者: 大崎梢
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 253p
発行年月: 2009年02月
ISBN:9784048739276
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
スノーフレーク

「配達あかずきん」http://hidebook.seesaa.net/article/61597177.html
「サイン会はいかが?}
http://hidebook.seesaa.net/article/59300344.html

などの大崎梢の書いたミステリー。

真乃は高校三年生。もうすぐ卒業だ。 幼馴染の亨(とおる)は学校のアイドルになっている。 だが真乃には忘れらない相手がいた。
小学校の同級生だった速人だ。 彼は、一家心中に巻き込まれて死んでしまった。ところが、続きを読む
ラベル:大崎梢
posted by 濫読ひで at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大倉崇裕 オチケン、ピンチ!! (6/2009) ☆☆☆☆


オチケン、ピンチ!!
Rakugo club part 2  ミステリーya!
著者: 大倉崇裕
出版社: 理論社
サイズ: 単行本
ページ数: 311p
発行年月: 2009年05月
ISBN:9784652086339
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円)
オチケン、ピンチ!!


以前紹介した
オチケン!http://hidebook.seesaa.net/article/67143614.html の続編になる。

越智健一は、大学の落語研究会(オチケン)のメンバーだ。
名前とサークルがここまでぴったり合うのは珍しいだろう。

今回のエピソードは二つ。「三枚の始末書」と「粗忽者とアリバイ」だ。
落語好きな人には、タイトルからもある程度想像つくだろう。「三枚起請」「粗忽長屋」を題材にした話だ。
続きを読む
ラベル:大倉崇裕
posted by 濫読ひで at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小手鞠るい 時を刻む砂の最後のひとつぶ (6/2009) ☆☆☆☆1/2


時を刻む砂の最後のひとつぶ
著者: 小手鞠るい
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 252p
発行年月: 2009年05月
ISBN:9784163282107
本体価格 1,333円 (税込 1,400 円) 送料無料
時を刻む砂の最後のひとつぶ

小手鞠るい、という名前を書くとき、いつも少し逡巡する。
彼女の本は恋愛モノが大部分であり、しかも恋におぼれていく女性が主人公になったりするケースも多い。 女性として恋に身をこがし、官能の世界に身をやつす。そして嫉妬に狂い、悲しみに泣きくれる。

彼女の本は…それこそ女の読むものであり、大の男が読むものではない、というイメージが強いのだ。

だが私は彼女の本を読む。ためらいながらも、手に取ってしまう。


続きを読む
posted by 濫読ひで at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙川環 逆転ぺスカトーレ (5/2009) ☆☆☆1/2


逆転ペスカト-レ

長編ミステリ-
著者: 仙川環
出版社: 祥伝社
サイズ: 単行本
ページ数: 267p
発行年月: 2008年12月
ISBN:9784396633110
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
逆転ペスカト-レ

あきらは、れすとらんミヤマのオーナー、みゆきの妹だ。
ミヤマのシェフが突然にやめたため、仕方なく店を手伝うことにした。

ある日、店に文句をつける男が現れた。
だがその男は、料理の腕は天下一品だ。
その男、花井は、ミヤマで働くことになった。
続きを読む
ラベル:仙川環
posted by 濫読ひで at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小路幸也 わたしとトムおじさん (6/2009) ☆☆☆☆1/2


わたしとトムおじさん
著者: 小路幸也
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 単行本
ページ数: 253p
発行年月: 2009年01月
ISBN:9784022505330
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
わたしとトムおじさん

わたしはハーフの女の子、帆奈(はんな)。日本人のトムおじさんとふたりで、「明治たてもの村」という観光地の中に住んでいる。

帆奈の両親は海外にいる。帆奈は学校にうまくなじめず、自宅にいる、いわゆる不登校だ。 トムおじさんは、昔は人とうまく話しができなかった。ただ、手先がとても器用なので、いろいろな物を直す仕事をここでやっている。

続きを読む
ラベル:小路幸也
posted by 濫読ひで at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

井上尚登 ホペイロの憂鬱(JFL篇)(6/2009) ☆☆☆☆1/2


ホペイロの憂鬱(JFL篇)

著者: 井上尚登
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 238p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784488024413
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
ホペイロの憂鬱(JFL篇)

ホペイロというのは、サッカーチームでスパイクの手入れをするスタッフのことだ。
僕、坂上栄作は、JFLの弱小チーム、ビッグカイト相模原のホペイロだ。実際には雑用係とも言う。 スパイクの手入れ以外にも多くのことをやらなければ、チームが回っていかないからだ。

続きを読む
ラベル:井上尚登
posted by 濫読ひで at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

有吉玉青 ぼくたちはきっとすごい大人になる (6/2009) ☆☆☆☆


ぼくたちはきっとすごい大人になる
著者: 有吉玉青
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 252p
発行年月: 2009年01月
ISBN:9784334926519
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料

ぼくたちはきっとすごい大人になる

子供を主人公にした短編集。
「イン・ザ・ベイスメント」
カンナは、乱暴なクラスメートの翔之介に呼ばれて、彼の新しい家に行った。 その家には、核シェルターがあるという…
続きを読む
ラベル:有吉玉青
posted by 濫読ひで at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水原秀策 >裁くのは僕たちだ (6/2009) ☆☆☆☆1/2


裁くのは僕たちだ
東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 水原秀策
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 246p
発行年月: 2009年05月
ISBN:9784488017552
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料

裁くのは僕たちだ

裁判員制度が始まった。 さっそく、それを題材にしたミステリが書かれている。

サラリーマンの慎一は、美人議員による夫殺し事件の裁判員になった。
動機も明らかで目撃者もいる、簡単な有罪事件のはずだった。
初日の帰り、慎一のところに女性がやってきた。彼女は慎一を非難した。 
続きを読む
ラベル:水原秀策
posted by 濫読ひで at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小谷野敦 美人作家は二度死ぬ (6/2009) ☆☆☆1/2


美人作家は二度死ぬ
著者: 小谷野敦
出版社: 論創社
サイズ: 単行本
ページ数: 231p
発行年月: 2009年01月
ISBN:9784846006969
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
美人作家は二度死ぬ

「もてない男」(紹介したはずなのに消えてしまったらしい)
「俺も女を泣かせてみたい」
http://hidebook.seesaa.net/article/22839046.html

の小谷野敦の書いた小説だ。
タイトルだけ読むと、なんとなくミステリのような気がする。
だが実際は肩透かしだ。 内容としては、樋口一葉の評伝を書こうとする女子大生の話になっている。


続きを読む
ラベル:小谷野敦
posted by 濫読ひで at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白瀬修 おと×まほ(7) (6/2009) ☆☆☆☆


おと×まほ(7)
GA文庫
著者: 白瀬修
出版社: ソフトバンククリエイティブ
サイズ: 文庫
ページ数: 311p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784797354072
本体価格 610円 (税込 641 円) 送料無料
おと×まほ(7)

おとXまほ 最新刊。
実は一巻しかまだ読んでない。

登場人物が増えているが、基本的な設定がぶれていないので、そのまま読んでいて楽しめる。
続きを読む
ラベル:白瀬修
posted by 濫読ひで at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。