2009年05月30日

飯嶋和一 出星前夜 (5/2009) ☆☆☆☆☆


出星前夜
著者: 飯嶋和一
出版社: 小学館
サイズ: 単行本
ページ数: 541p
発行年月: 2008年08月
ISBN:9784093862073
本体価格 2,000円 (税込 2,100 円) 送料無料
出星前夜

本屋大賞ノミネート作品。
以前本屋大賞にノミネートされた黄金旅風
http://hidebook.exblog.jp/2476943

でも登場した長崎の末次平左衛門が出てくる。
ただし、今回は彼は主人公ではなく、あくまでわき役となる。

今回の話は、いわゆる島原の乱だ。
ただし、天草四郎(本作では「ジェロニモ益田四郎」)もあくまでわき役となっている。



続きを読む
タグ: 飯嶋和一
posted by 濫読ひで at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森博嗣 どちらかが魔女 (5/2009) ☆☆☆☆1/2


どちらかが魔女
森博嗣シリーズ短編集
著者: 森博嗣
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 429p
発行年月: 2008年08月
ISBN:9784062148481
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料無料

どちらかが魔女

森センセイの短編集。
森センセイは今後は執筆活動はほとんどしないようだが、それでもまだ鉄道模型のブログは更新されている。

この短編集はS&Mシリーズ (犀川創平・西之園萌絵)の二人がメーンに出てくる。
(ただし冒頭の作品は異なる。)続きを読む
タグ:森博嗣
posted by 濫読ひで at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

角田光代 福袋 (5/2009) ☆☆☆☆


福袋
著者: 角田光代
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本
ページ数: 232p
発行年月: 2008年02月
ISBN:9784309018539
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料無料

福袋

ちょっと不思議な中短編集。
これこそが文学、というものなのだろうか?
日常的なところにおきる小さな事件。なんとなく伊藤たかみに影響されているのでは、というのはうがちすぎだろうか?(伊藤たかみは元夫)

「箱おばさん」
店におばさんがむりやり置いて行った段ボール箱の中には何がはいっていたのか?

「イギー・ポップを聴いていますか?」
家の前においてあった、綺麗な紙袋の中には、ビデオがたくさん入っていた…。

続きを読む
タグ: 角田光代
posted by 濫読ひで at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

中場利一 走れ!ビスコ (5/2009) ☆☆☆☆☆


走れ!ビスコ
著者: 中場利一
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 362p
発行年月: 2009年01月
ISBN:9784344016118
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
走れ!ビスコ

ビスコというのは当然ニックネームだ。
モリキ製菓の新入社員のワタシ、江口リツコは、顔がビスコの箱の子供にそっくりな童顔ということで皆からビスコと呼ばれる。

いきなり、グラマーな先輩OL,尾山に、同期のユリちゃんとともにいじめられる。 尾山はどうやら、社内の雪本と不倫しているようだ。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有川浩 別冊図書館戦争(1) (5/2009) ☆☆☆☆


別冊図書館戦争(1)
著者: 有川浩
出版社: アスキー・メディアワークス /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 273p
発行年月: 2008年04月
ISBN:9784048670296
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
別冊図書館戦争(1)

「図書館戦争」http://hidebook.seesaa.net/article/33380044.html
シリーズ外伝。

外伝というか別冊と称しているが、基本的にはこの本は、関係者のラブコメになっている。
続きを読む
タグ:有川浩
posted by 濫読ひで at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉村萬壱 ヤイトスエッド (5/2009) ☆☆☆☆


ヤイトスエッド
著者: 吉村萬壱
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 234p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784062153737
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
ヤイトスエッド

吉村萬壱の短編集。
不思議な香りがただよっている。

「イナセ一戸建て」 
近所のおんぼろ平屋は、理容室イナセの裏にあり、「イナセ一戸建て」と呼ばれている。 その中に住む男は、作家だった。私は作家を目指していて、彼は私のヒーローだ。 私は、一戸建てに忍びこんだ…
続きを読む
タグ:吉村萬壱
posted by 濫読ひで at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大沢在昌 黒の狩人(上)(下) (5/2009) ☆☆☆☆☆


黒の狩人(上)(下)
著者: 大沢在昌
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
発行年月: 2008年09月
(上)ISBN:9784344015593
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
(下)ISBN:9784344015609
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
黒の狩人(上)
黒の狩人(下)

大沢在昌の上下巻にわたる長編。
主人公は現場の刑事、佐江。
中国人の連続殺人事件を担当することになった。
その際、なぜか中国人の「毛」を助手として使うことになった。手がかりは、死体のわきの下に残された「五岳聖山」の刺青だ。
そこに、外務省の美人ノンキャリア・由紀が加わり、三人は事件の真相に迫ろうとする。

続きを読む
タグ:大沢在昌
posted by 濫読ひで at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拓未司 蜜蜂のデザート (5/2009) ☆☆☆1/2



著者: 拓未司
出版社: 宝島社
サイズ: 単行本
ページ数: 381p
発行年月: 2008年12月
ISBN:9784796667142
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
蜜蜂のデザート

異色デビュー作「禁断のパンダ」
http://hidebook.seesaa.net/article/97067361.html

の作者の作品であるから、かなり期待して読んだ。

千夏は、玉の輿に乗れそうな千載一遇のチャンスを迎えていた。誠一の家に呼ばれた彼女は、誠一の母親の好物だというスイーツをわざわざ購入した。それが悲劇を引き起こすとは露ほども思わずに…

幸太は「ビストロ・コウタ」のオーナーシェフ。彼は自分の料理には自信がある。しかしひとつ気になることがある。デザートについて、客が語ってくれないのだ。続きを読む
タグ:拓未司
posted by 濫読ひで at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

霞流一 ロング・ドッグ・バイ (5/2009) ☆☆☆☆☆ 


ロング・ドッグ・バイ
著者: 霞流一
出版社: 理論社
サイズ: 単行本
ページ数: 417p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784652086322
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
ロング・ドッグ・バイ

村上春樹が「ロング・グッドバイ」を新訳で出した。
大鹿マロイはムース・マロイに変わった。

だがそれとはまったく関係ないのがこの本。なんと、犬が探偵なのだ。
しかも、登場するのは一匹ではない。なんと、彼を助けて、「G8」(GOOD8) の8匹の犬が活躍するのだ。
続きを読む
タグ:霞流一
posted by 濫読ひで at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鯨統一郎 哲学探偵 (5/2009) ☆☆☆☆


哲学探偵
本格推理小説
Kappa novels
著者: 鯨統一郎
出版社: 光文社
サイズ: 新書
ページ数: 235p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784334076788
本体価格 838円 (税込 880 円) 送料無料
哲学探偵

競馬場で哲学の短歌を口ずさむ、不思議な男。
その男が、状況の説明だけで、事件を解決する。

玉石混淆の短編集と言わざるを得ない。

警視庁の高島警視と久保主任のコンビは、難事件を専門に扱っている。
二人は、たまたま訪れた競馬場で、謎の男に会う。

続きを読む
タグ:鯨統一郎
posted by 濫読ひで at 23:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石持浅海 耳をふさいで夜を走る (5/2009) ☆☆☆


耳をふさいで夜を走る
著者: 石持浅海
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 315p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784198625405
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
耳をふさいで夜を走る

どうも最近の石持浅海とは相性が悪い。
彼女の「BG、あるいは死せるカイニスhttp://hidebook.exblog.jp/2830672 」は非常に良かったのだが。

続きを読む
タグ:石持浅海
posted by 濫読ひで at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有川浩 ラブコメ今昔 (5/2009) ☆☆☆☆1/2


ラブコメ今昔
著者: 有川浩
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 279p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784048738507
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
ラブコメ今昔

自衛隊を舞台にしたラブコメディ短編集。
秀逸なのは「軍事とオタクと彼」だ。
続きを読む
タグ:有川浩
posted by 濫読ひで at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨコシマン パート怪人悪キューレ (5/2009) ☆☆☆☆☆


パート怪人悪キューレ(1)(2)
著者: ヨコシマン
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: コミック
発行年月: 2009年05月
(1)ISBN:9784022140166
本体価格 720円 (税込 756 円) 送料無料
(2)ISBN:9784022140210
本体価格 720円 (税込 756 円) 送料無料


パート怪人悪キューレ(1)
パート怪人悪キューレ(2)

またコミックだ。
このタイトル、聞いたことがない人が多いだろう。

これは、幻となった無料週刊コミック誌「コミック・ガンボ」で連載されていた四コマ漫画だ。

非常に面白かったが、出版社倒産・廃刊により幻になっていた。
それがこんど復刊されたのだ。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

葛西りいち あしめし (コミック) (5/2009) ☆☆☆☆☆


あしめし
アシスタントでメシが食えんのか
Big spirits comics special
著者: 葛西りいち
出版社: 小学館
サイズ: コミック
ページ数: 127p
発行年月: 2009年04月
ISBN:9784091824738
本体価格 933円 (税込 980 円) 送料無料
あしめし

番外編として、ひさびさにコミックをとりあげる。
「あしめし」(アシでメシが食えんのか) というサイトがある。
http://ashimeshi.blog17.fc2.com/(携帯非対応)

マンガ家のアシスタントを5年やっている葛西りいちさん(女性、新婚!)が描いているマンガブログだ。続きを読む
タグ:葛西りいち
posted by 濫読ひで at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高嶋哲夫 風をつかまえて (5/2009) ☆☆☆☆☆


風をつかまえて
著者: 高嶋哲夫
出版社: 日本放送出版協会
サイズ: 単行本
ページ数: 269p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784140055618
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
風をつかまえて

私がエンターテインメントの本を読んだときの評価は、それにリアリティがあるか、ではない。読んでいてわくわくするか、面白いと思えるか、だ。 
この本は、読んでいてわくわくする。 その意味、星5つにふさわしい作品だと言えるだろう。続きを読む
タグ:高嶋哲夫
posted by 濫読ひで at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近藤史恵 ヴァン・ショーをあなたに (5/2009) ☆☆☆☆


ヴァン・ショーをあなたに
創元クライム・クラブ
著者: 近藤史恵
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 200p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784488025298
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
ヴァン・ショーをあなたに

「モップを持った天使」 そして傑作「サクリファイス」 http://hidebook.seesaa.net/article/97185303.html の近藤史恵による、ビストロを舞台にしたミステリ。どうやらシリーズらしく、このメンバーによる「タルト・タタンをあなたに」という作品も出版されている。

舞台は小さなビストロ、「パ・マル」。メンバーはたったの4人。シェフの三舟さんと志村さん。女性ソムリエの金子さん、そしてギャルソンのぼく、高築(たかつき)。続きを読む
タグ:近藤史恵
posted by 濫読ひで at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒木亮 冬の喝采 (5/2009) ☆☆☆☆1/2


冬の喝采
著者: 黒木亮
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 625p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784062150415
本体価格 2,000円 (税込 2,100 円) 送料無料
冬の喝采

「カラ売り屋」「巨大投資銀行」「エネルギー」「トップレフト」等で知られるビジネス小説家の作者の作品なので、これも同じようなビジネスノベルだと思って読み始めて驚いた。まったく違うのだ。

これは黒木亮、本名金山雅之の書いた自伝、というか、「大学卒業までの陸上競技と自分」を書いたドキュメンタリーだ。

彼は、早稲田大学競走部のメンバーとして、中村清監督の薫陶を受け、箱根駅伝に二回出場したという。そのことが描かれている。続きを読む
タグ:黒木亮
posted by 濫読ひで at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

母の日に



母の日に迷ったので
送料無料最高級焼き菓子ギフト『ラファエル』(7種13袋詰合せ)
じゃなくって4000円のほうを買いました。
タグ:母の日
posted by 濫読ひで at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重松清 僕たちのミシシッピ・リバー (4/2009) ☆☆☆☆1/2


僕たちのミシシッピ・リバー
季節風 夏
著者: 重松清
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 398p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784163271002
本体価格 1,429円 (税込 1,500 円) 送料無料
僕たちのミシシッピ・リバー

季節風シリーズの「夏」。これで4冊全部紹介したことになる。

イメージとしては、夏というのは明るく楽しいストーリーが集まっているのでは、と思える。だが実際はむしろ、夏にもかかわらず、しんみりするような「ちょっといい話し」が多いといえるだろう。
続きを読む
タグ:重松清
posted by 濫読ひで at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。