2009年03月28日

増永寛之 仕事頭がよくなるアウトプット勉強法 (3/2009) ☆☆☆☆☆


仕事頭がよくなるアウトプット勉強法
著者: 増永寛之
出版社: サンマーク出版
サイズ: 単行本
ページ数: 207p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784763199072
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料別

仕事頭がよくなるアウトプット勉強法

著者の増永社長から、この本を戴いた。
もともと買おうと思っていたのに、機先を制されてしまった。


増永さんは、株式会社ライブレボリューションの社長で、発行18万部の「プレジデントビジョン」
http://www.president-vision.com/
を書いている。続きを読む
ラベル:増永寛之
posted by 濫読ひで at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

橋本治 夜(3/2009) ☆☆☆☆



著者: 橋本治
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 300p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784087712445
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別




短編集。基本的には同じテーマが流れている。
それは、男が浮気して出て行ったあとに残される女、ということだ。続きを読む
ラベル:橋本治
posted by 濫読ひで at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

湊かなえ 告白 (3/2009) ☆☆☆☆☆


告白
著者: 湊かなえ
出版社: 双葉社
サイズ: 単行本
ページ数: 268p
発行年月: 2008年08月
ISBN:9784575236286
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別

告白

本屋大賞ノミネート。
第29回小説推理新人賞受賞作。


凄い。
新人とは思えない作品だ。

物語は、学校の教師が生徒に対して終業式で「告白」するところから始まる。 彼女の娘、愛美は昨年死んだ。 彼女は言う。「愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」
続きを読む
ラベル:湊かなえ
posted by 濫読ひで at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滝田誠一郎 ビッグコミック創刊物語 (3/2009) ☆☆☆☆


ビッグコミック創刊物語
ナマズの意地
著者: 滝田誠一郎
出版社: プレジデント社
サイズ: 単行本
ページ数: 311p
発行年月: 2008年12月
ISBN:9784833418980
本体価格 1,524円 (税込 1,600 円) 送料別
ビッグコミック創刊物語

ビッグコミックとは、大人向けの月二回刊のマンガ週刊誌だ。
「ゴルゴ13」が連載されている雑誌、といえば何となくわかるのではないだろうか。
続きを読む
ラベル:滝田誠一郎
posted by 濫読ひで at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊坂幸太郎 モダンタイムス (3/2009) ☆☆☆☆☆


モダンタイムス
Morning novels
著者: 伊坂幸太郎
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 540p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784062150736
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
モダンタイムス

伊坂幸太郎の作品。本屋大賞ノミネート。

週刊コミックモーニングに連載されていた。ときどき読んでいたが、出来上がってつなげてみると、こんな小説だったのか!と驚く。

僕のところに男がやってきた。「勇気はあるか?」と聞く。その男は妻に雇われて、僕を痛めつけて浮気の事実を認めさせ証拠をとって妻に送るというのが役割だという。続きを読む
ラベル:伊坂幸太郎
posted by 濫読ひで at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

重松清 少しだけ欠けた月 (3/2009) ☆☆☆☆



少しだけ欠けた月

季節風 秋
著者: 重松清
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 356p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784163273907
本体価格 1,429円 (税込 1,500 円) 送料別
少しだけ欠けた月



季節風シリーズ。シーズンは秋だ。

「オニババと3人の盗賊」

学校のそばの文房具店を営むオニババ。
だが、客をコンビニになどに取られ、売上はどんどん減っている。

今年は花火もたくさん余ってしまった。 しかたなく、処分品として外においていたが、小学生たちが盗っていってしまった。追いかけようとしたオニババは店のなかで倒れて気を失ってしまい…
続きを読む
ラベル: 重松清
posted by 濫読ひで at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重松清 サンタ エクスプレス (3/2009) ☆☆☆☆1/2


サンタ・エクスプレス
季節風冬
著者: 重松清
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 269p
発行年月: 2008年12月
ISBN:9784163276700
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別


季節風シリーズ 冬。
冬の寒さに耐えて、あたたかい心を持てるような作品が並んでいる。

「あっつあつの、ほっくほく」
女性だからという理由で差別されている女性が、ふと昔のことを思い出して焼き芋を食べ、心を落ち着かせていく。


続きを読む
ラベル:重松清
posted by 濫読ひで at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天童荒太 悼む人 (3/2009) ☆☆☆☆


悼む人

著者: 天童荒太
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 450p
発行年月: 2008年11月
ISBN:9784163276403
本体価格 1,619円 (税込 1,700 円) 送料別
悼む人

直木賞受賞作。そして本屋大賞ノミネート作品。

彼は「悼む人」だ。

人が亡くなったのを知り、その人を悼む。
その人の情報を集める。

続きを読む
ラベル:天童荒太
posted by 濫読ひで at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森博嗣 銀河不動産の超越 (3/2009) ☆☆☆☆


銀河不動産の超越
著者: 森博嗣
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 279p
発行年月: 2008年05月
ISBN:9784163270708
本体価格 1,381円 (税込 1,450 円) 送料別
銀河不動産の超越

森センセイの短編集。
舞台は「銀河不動産」 とはいってもSFではない(最初はそういう話かと思ったが)。
小さな不動産屋「銀河不動産」に大学を卒業した高橋君が就職したところからこの話は始まる。
続きを読む
ラベル:森博嗣
posted by 濫読ひで at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

楽天ブックス、ウォーリーのDVD30%オフ


DVDセール一覧

ウォーリー、EXILEも30%オフ!!


アマゾンに比べるとまだまだ、という感もある楽天ブックス。
最近はいろいろなキャンペーンをやっている。


ウォーリー 2-Disc・スペシャル・エディション(初回生産限定)
30%オフ

一度覗いてみるのもいいかもしれない。意外に安い。
posted by 濫読ひで at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三崎亜記 バスジャック (2008/11) ☆☆☆☆


バスジャック
集英社文庫
著者: 三崎亜記
出版社: 集英社
サイズ: 文庫
ページ数: 254p
発行年月: 2008年11月
ISBN:9784087463682
本体価格 476円 (税込 500 円) 送料別

バスジャック

単行本で出ていた本の文庫化。

表題作は非常にしゃれた作品だ。
何と、バスジャックがブームになっている時代のことを描いている。
続きを読む
ラベル:三崎亜記
posted by 濫読ひで at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日明恩 ギフト (2/2009) ☆☆☆☆


ギフト
著者: 日明恩
出版社: 双葉社
サイズ: 単行本
ページ数: 348p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784575236194
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
ギフト

作者の名は「たちもり めぐみ」と読むそうだ。

俺は元警官だが、事情があっていまはひっそりとビデオ屋の店員として暮らしている。
あるとき、彼は少年と出会った。
その少年は、ビデオの棚で涙を流していた。
そしてその少年と横断歩道で出会った時、彼は突然道に飛び出していった。それを止めようとする俺は、信じられないものを見た。続きを読む
ラベル:日明恩
posted by 濫読ひで at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上田早夕里 ショコラティエの勲章 (2/2009) ☆☆☆☆1/2


ショコラティエの勲章
東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 上田早夕里
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 278p
ISBN:9784488017507
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
ショコラティエの勲章

創元のミステリ・フロンティアの作品。
作者はこれが第4作。ただしデビューと二作目はSFで、ミステリとしては二作目ということになる。

舞台は和菓子屋とチョコレート屋になる。というか、和菓子店の娘のあかりと、その二軒隣のショコラトリーのショコラティエである(つまりチョコレート屋のチョコレート職人)長峰シェフが出会い、あかりが、長峰の助けをかり、あるいは長峰と対峙しながら問題の解決をはかっていくものだ。続きを読む
posted by 濫読ひで at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。