2009年02月21日

重松清 ツバメ記念日  季節風・春


ツバメ記念日季節風・春
著者: 重松清
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 326p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784163268002
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
ツバメ記念日

重松清の「季節風」シリーズの「春」になる。
春をテーマにした短編集だ。

場所も登場人物もさまざま。
ただ、言えること。
春は新たな出発の季節だ。 決断があり、行動があり、別れがある。続きを読む
posted by 濫読ひで at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森見登美彦 四畳半神話大系 (2008/10) ☆☆☆☆1/2


四畳半神話大系
著者: 森見登美彦
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 文庫
ページ数: 405p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784043878017
本体価格 667円 (税込 700 円) 送料別
四畳半神話大系

2005年に出ていた本の文庫化。
解説がしっかりついている分、読んだあとの心の整理がしやすくなっている。

この本は4つの章からなっている。だが、第二章を読んで読者は驚くだろう。 第一章と同じだからだ。
続きを読む
タグ:森見登美彦
posted by 濫読ひで at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森博嗣 スカイ・イクリプス (2/2009) ☆☆☆☆


スカイ・イクリプス
著者: 森博嗣
出版社: 中央公論新社
サイズ: 単行本
ページ数: 245p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784120039447
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
スカイ・イクリプス

スカイ・クロラシリーズ番外編。
本来はスカイ・クロラシリーズは
クレイドゥ・ザ・スカイ 
http://hidebook.seesaa.net/article/57938779.html

終わったはずだったが、これは短編の番外編になっている。
おなじみのクサナギやカンナミ、ササクラにフーコなどが出てくる。続きを読む
タグ:森博嗣
posted by 濫読ひで at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

服部真澄 ポジ・スパイラル (2/2009) ☆☆☆☆☆


ポジ・スパイラル
著者: 服部真澄
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 360p
発行年月: 2008年05月
ISBN:9784334926069
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別

ポジ・スパイラル

本格的な環境ビジネス・サスペンス小説とでもいえばいいのだろうか。

海洋学者の沙紀は、大手マリコン(海洋関係の建設会社)の社長の娘でもある。
沙紀は、海を守る、あるいは地球を守る、ということを自分の専門にしている。続きを読む
タグ:服部真澄
posted by 濫読ひで at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野圭吾 流星の絆 (2/2009) ☆☆☆☆


流星の絆
著者: 東野圭吾
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 482p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784062145909
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
流星の絆

本屋大賞ノミネート作品。
まあ今更彼、そしてこの作品に本屋大賞もないだろうが…。

テレビ化もされ、かなり売れているこの小説。
もちろん水準以上ではある。
続きを読む
タグ:東野圭吾
posted by 濫読ひで at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡辺やよい ピーター・ノースの祝福 (2/2009) ☆☆☆☆☆


ピーター・ノースの祝福
著者: 渡辺やよい
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 381p
発行年月: 2008年07月
ISBN:9784344015432
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
ピーター・ノースの祝福

「渡辺やよい」という作家を知っているだろうか?
このブログ・メルマガでも以前紹介したことがある。
http://hidebook.exblog.jp/3123894

基本的にはレディースコミックの(もう少し正直にいえばアダルトの)漫画家だが、本も何冊か書いている。

その彼女の新作の小説だ。

正直、驚いた。非常によくできた作品集になっている。
それぞれの作品が意外なストーリー展開と結末になっていて、いい意味で期待を裏切るような形になっている。
続きを読む
タグ:渡辺やよい
posted by 濫読ひで at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

料理研究家 安井レイコさんの新刊

御友達の安井レイコさんが、このたび本を出版されましたのでご紹介します。

彼女は料理研究家として有名で、ちょっと前には「オロナミンC」のCMにも出ていました。

未来の起業家をあつめて文達ネットという集まりも主催していらっしゃいます。

彼女の本は、以下のものです。

一年中役立つ男女中高生弁当―基本弁当・ボリューム弁当・ヘルシー弁当90種 (レディブティックシリーズ no. 2814)

彼女は毎日「日刊・晩ごはん」というメルマガを発行されています。
 今までたまったレシピは、1000以上。
その中から厳選したお弁当レシピを「朝の忙しい時間に手軽にできて、中高生の身体を作る時期に大切なおかずを野菜中心で選びました。」ということです。

中高生をおもちで、お弁当を作る必要のある方は、買っておいて損はないと思います。

ちなみにレイコさんの公式サイトは以下です。
(メールマガジンの登録もできます)
http://www.yasui-reiko.com/
posted by 濫読ひで at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

小手鞠るい レンアイ相談 (2/2009) ☆☆☆☆☆


レンアイ相談
著者: 小手鞠るい
出版社: 筑摩書房
サイズ: 単行本
ページ数: 189p
発行年月: 2008年11月
ISBN:9784480816627
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別

レンアイ相談

小手鞠るいのエッセイ。

また彼女か…なぜに「男のくせに」こんな作者のこんな本を読むのか? 自分でも不思議なくらいだ。だが、彼女の本にはなぜか魅せられてしまう。

今回は恋愛相談のエッセイだ。 読者から問いかけられた質問に答える形になっている。続きを読む
タグ:小手鞠るい
posted by 濫読ひで at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石持浅海 ガーディアン (2/2009) ☆☆☆1/2


ガーディアン
Kappa novels
著者: 石持浅海
出版社: 光文社
サイズ: 新書
ページ数: 319p
発行年月: 2008年08月
ISBN:9784334076764
本体価格 943円 (税込 990 円) 送料別
ガーディアン

2つの章からなっている。
第一章の主人公、冴には父がいない。父は早いうちに死んだのだ。 ところが、冴には、父がついている。正確に言うと、父の力がついている、というべきだろう。
冴に対して害を及ぼそうとするものには、超常現象が起きるのだ。
たとえば痴漢は指を逆にへし折られてしまう。続きを読む
タグ:石持浅海
posted by 濫読ひで at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鴨志田穣 遺稿集 (2/2009) ☆☆☆☆


遺稿集
著者: 鴨志田穣
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 384p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784062145107
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
遺稿集

鴨志田穣、つまり漫画家西原理恵子の元ダンナの遺稿集だ。
つまり彼はガンで亡くなっている。

カモちゃんは突然サイバラと結婚してまわりを驚かせた。
続きを読む
タグ:鴨志田穣
posted by 濫読ひで at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

誉田哲也 ヒトリシズカ (1/2009) ☆☆☆☆


ヒトリシズカ

著者: 誉田哲也
出版社: 双葉社
サイズ: 単行本
ページ数: 277p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784575236408
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別

ヒトリシズカ

交番勤務の木崎の毎日は、退屈なものだった。
ところがある日、所轄の地域で殺人事件が起きた。
そして木崎は捜査の一翼を担うことになった。
続きを読む
タグ:誉田哲也
posted by 濫読ひで at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。