2009年01月31日

谷村志穂 みにくいあひる (1/2009) ☆☆☆☆


みにくいあひる
著者: 谷村志穂
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 250p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784163268705
本体価格 1,571円 (税込 1,650 円) 送料別
みにくいあひる

短編集だ。それぞれに登場する主人公の女性の名前、設定は少しずつ違う。 だが、ほぼ同じような名前だし行動になっている。 あたかも、私小説を毎回別名で書いているかのように。


主人公は独身女性。一人暮らし。 そして、不倫している。
ある時の名はしずる。あるときは志津。そして真志津のことも。

続きを読む
タグ:谷村志穂
posted by 濫読ひで at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸田真音 CC:カーボンコピー (1/2009) ☆☆☆☆


CC:カーボンコピー
著者: 幸田真音
出版社: 中央公論新社
サイズ: 単行本
ページ数: 405p
発行年月: 2008年11月
ISBN:9784120039935
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
CC:カーボンコピー

幸田真音の新作。
ビジネス小説のもはやベテランだといえるが、今回の舞台は広告会社だ。
主人公の香純は中規模の広告会社のアカウント・エグゼクティブ。
なかなか落ちないクライアントに、以前その部署にいて、そして一度彼女と情を結んだことのある男性、研吾が転勤で戻ってきた。


続きを読む
タグ:幸田真音
posted by 濫読ひで at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

本屋大賞ノミネート作品発表!


今年も、本屋大賞のノミネート作品が発表された。
今年は分厚いのが揃っている感じがする一方、ベストセラーも入っている。

東野圭吾、伊坂幸太郎とか、直木賞作品なども入った。

さあ今年の受賞は誰だろうか?
読んでいないなかでも、池上永一とか飯嶋和一、人気総なめの湊かなえなども楽しみだ。

あなたは何冊読みますか?続きを読む
タグ:本屋大賞
posted by 濫読ひで at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西尾維新 不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (1/2009) ☆☆☆☆1/2


不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界

講談社ノベルス
著者: 西尾維新
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 181p
発行年月: 2008年12月
ISBN:9784061826267
本体価格 800円 (税込 840 円) 送料別
不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界

あまりに長いタイトルだ。
一度で覚えられる人はほとんどいないだろう。

で…実はこれはシリーズもの、シリーズ4作目だったそうだ。
知らずにこれから読んでしまった。
他の3作は
  • きみとぼくの壊れた世界
  • 不気味で素朴な囲われた世界
  • きみとぼくが壊した世界
    だそうだ…

    で、この物語の語り手は「病院坂迷路」という。どうやら同名の女性が過去の作品に登場しているようだ。だが、今回は、「当時中学生だった彼女の、意味のないバックアップ」ということだ。
    バックアップ、の意味は判然としないが。身代わりとかではないようだ。分家だし。


    続きを読む
    タグ:西尾維新
  • posted by 濫読ひで at 16:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    北山猛邦 踊るジョーカー (1/2009) ☆☆☆☆


    踊るジョーカー
    名探偵音野順の事件簿
    著者: 北山猛邦
    出版社: 東京創元社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 297p
    発行年月: 2008年11月
    ISBN:9784488024406
    本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
    踊るジョーカー

    「ひきこもり探偵」音野純の事件簿だ。
    音野は、引っ込み思案、引きこもりの青年だ。
    「私」、すなわち推理作家の白瀬白夜がワトスン役。

    音野の探偵事務所を立ち上げ、一緒に事件に赴く。続きを読む
    タグ:北山猛邦
    posted by 濫読ひで at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月18日

    芥川賞・直木賞

    第140回芥川賞・直木賞が15日(木)に発表され、芥川賞に津村記久子氏の『ポトスライムの舟』、直木賞に天童荒太氏の『悼む人』、山本兼一氏の『利休にたずねよ』が選ばれた。3氏とも3度目のノミネートを経て受賞。


    天童荒太
    (てんどうあらた)
    悼む人

    (文藝春秋)


    山本兼一
    (やまもとけんいち)
    「利休にたずねよ」
    (PHP研究所)
    posted by 濫読ひで at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    小路幸也 残される者たちへ (1/2008) ☆☆☆☆


    残される者たちへ
    著者: 小路幸也
    出版社: 小学館
    サイズ: 単行本
    ページ数: 316p
    発行年月: 2008年12月
    ISBN:9784093862363
    本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別

    残される者たちへ

    準一=ジュンチは、ひさしぶりの小学校の同窓会に出席してみた。
    昔住んでいた団地の仲間が大部分だ。

    幹事をしていたのは押田。
    ジュンチは、彼のことをまったく覚えていないのだった。続きを読む
    タグ:小路幸也
    posted by 濫読ひで at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    角田光代 三月の招待状 (1/2009) ☆☆☆☆1/2


    三月の招待状
    著者: 角田光代
    出版社: 集英社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 281p
    発行年月: 2008年09月
    ISBN:9784087712452
    本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
    三月の招待状

    フリーライターの充留のところに、一枚の招待状が届いた。それは、何と正道と裕美子の「離婚パーティ」のものだった。大学時代の仲間たちがそれに呼ばれている。幸せな主婦にみえる麻美も出席するという。続きを読む
    タグ:角田光代
    posted by 濫読ひで at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月12日

    芥川賞・直木賞ノミネート

    芥川賞、直木賞のノミネートが発表されている。
    読者はご存じとは思うが、一応自分のためを含めて書いておこう。

    芥川賞:
    鹿島田真希
    (かしまだまき)
    「女の庭」(文藝秋号)
    墨谷 渉
    (すみたにわたる)
    「潰玉 (かいぎょく)」(文學界12月号)
    田中慎弥
    (たなかしんや)
    「神様のいない日本シリーズ」(文學界10月号)
    津村記久子
    (つむらきくこ)
    「ポトスライムの舟」(群像11月号)
    山崎ナオコーラ
    (やまざきナオコーラ)
    「手」(文學界12月号)
    吉原清隆
    (よしはらきよたか) 「不正な処理」(すばる12月号)続きを読む
    posted by 濫読ひで at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月04日

    中野翠 この世には二種類の人間がいる (12/2008) ☆☆☆☆


    この世には二種類の人間がいる


    著者: 中野翠
    出版社: 文藝春秋
    サイズ: 単行本
    ページ数: 207p
    発行年月: 2007年03月
    ISBN:9784163689708
    本体価格 1,429円 (税込 1,500 円) 送料別
    この世には二種類の人間がいる

    エッセイ集。タイトルどおり、その二種類について断言し、そのあと考察(?)している。

    それは「とっとく」と言う人と「捨てろ」という人だ
    それはうたう人とひねる人だ
    続きを読む
    タグ:中野翠
    posted by 濫読ひで at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    山口芳宏 豪華客船エリス号の大冒険 (12/2008) ☆☆☆☆1/2


    豪華客船エリス号の大冒険
    著者: 山口芳宏
    出版社: 東京創元社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 348p
    発行年月: 2008年11月
    ISBN:9784488024390
    本体価格 2,000円 (税込 2,100 円) 送料別
    豪華客船エリス号の大冒険

    「雲上都市の大冒険」
    http://hidebook.seesaa.net/article/65653105.html

    が放つ第二弾。

    探偵、荒城のところに伝説の犯罪者「夜叉姫」から挑戦状が届いた。
    そして荒城はその挑戦を受け、豪華客船エリス号に乗り組む。

    それを知ったもう一人の名探偵、真野原は一緒に乗り組もうとするが、追い出されてしまう。
    続きを読む
    タグ:山口芳宏
    posted by 濫読ひで at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    谷村志穂 フラワーズ (12/2008) ☆☆☆1/2


    フラワーズ
    著者: 谷村志穂
    出版社: 角川春樹事務所
    サイズ: 単行本
    ページ数: 224p
    発行年月: 2008年07月
    ISBN:9784758411141
    本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
    フラワーズ

    マコトは女性DJ.クラブ・シーンなどを伝え、ナイスな音楽をかける。マコトはアメリカで育ったこともあり、英語は完璧。
    両親は飛行機事故で死に、一人でくらしている。
    続きを読む
    タグ:谷村志穂
    posted by 濫読ひで at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    森博嗣 僕は秋子に借りがある (12/2008) ☆☆☆☆1/2


    僕は秋子に借りがある
    森博嗣自選短編集
    著者: 森博嗣
    出版社: 講談社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 397p
    発行年月: 2008年08月
    ISBN:9784062148474
    本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別
    僕は秋子に借りがある

    森センセイの自薦短編集。

    推理小説、ホラー、「奇妙な味」などが並んでいる。
    ジャック・フィニイやロアルド・ダール、フレデリック・ブラウンなどの系譜といえばいいだろうか。
    続きを読む
    タグ:森博嗣
    posted by 濫読ひで at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    片川優子 動物学科空手道部1年高田トモ! (12/2008) ☆☆☆☆


    動物学科空手道部1年高田トモ!
    著者: 片川優子
    出版社: 双葉社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 245p
    発行年月: 2008年09月
    ISBN:9784575236347
    本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
    動物学科空手道部1年高田トモ!

    トモは大学で空手道部に入部した。
    彼女は、姉に対しての意地があった。
    姉は男にもてることに全精力を傾けていた。そんな姉に反発を覚えるトモは、その真逆を選んだのだ。
    続きを読む
    タグ: 片川優子
    posted by 濫読ひで at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    汀こるもの パラダイス・クローズド (12/2008) ☆☆☆☆1/2


    パラダイス・クローズド
    Thanatos
    講談社ノベルス
    著者: 汀こるもの
    出版社: 講談社
    サイズ: 新書
    ページ数: 243p
    発行年月: 2008年01月
    ISBN:9784061825796
    本体価格 860円 (税込 903 円) 送料別

    パラダイス・クローズド

    先日読んだ「フォークの先、希望の後」
    http://hidebook.seesaa.net/article/109697053.html

    の作者によるデビュー作。
    「生意気な新人が現れた」という評価だったという。

    なるほど。続きを読む
    タグ:汀こるもの
    posted by 濫読ひで at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    唯川恵 瑠璃でもなく、玻璃でもなく (12/2008) ☆☆☆☆


    瑠璃でもなく、玻璃でもなく
    著者: 唯川恵
    出版社: 集英社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 284p
    発行年月: 2008年10月
    ISBN:9784087712612
    本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別

    瑠璃でもなく、玻璃でもなく

    「恋愛は不安との戦いであり、結婚は不満との戦いである」


    それがこの本のテーマだ。
    矢野美月は、職場の森津朔也と不倫している。
    美月はそれが不満だ。恋愛しているが、報われない。
    だが美月はそれ以上彼を困らせることはしない。
    続きを読む
    タグ:唯川恵
    posted by 濫読ひで at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    海堂尊 ひかりの剣 (12/2008) ☆☆☆☆


    ひかりの剣
    著者: 海堂尊
    出版社: 文藝春秋
    サイズ: 単行本
    ページ数: 319p
    発行年月: 2008年08月
    ISBN:9784163272702
    本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
    ひかりの剣

    医大の剣道部どうしでの戦いを描く。
    医学部の剣道部というのはそれほど強くないだろう。
    だがその中に、たまに強い経験者も交じっている。
    続きを読む
    タグ:海堂尊
    posted by 濫読ひで at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。