2008年11月30日

蒼井上鷹 まだ殺してやらない (11/2008) ☆☆☆☆


まだ殺してやらない
講談社ノベルス
著者: 蒼井上鷹
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 284p
発行年月: 2008年06月

まだ殺してやらない

妻を殺されたノンフィクション作家の瀧野は、自ら調査に乗り出す。そして連続殺人犯人「カツミ」が捕まったが、瀧野の妻を殺した犯人はどうやらその男ではないようだ。

瀧野の妻は、なぶり殺しにあっている。すぐに殺すのではなく、ゆっくりと時間をかけて。そうすることで、瀧野にダメージを与えようとしているのではないか、と彼は言う。 瀧野の友人である藤樹は、事務所をあげて彼をサポートする。
続きを読む
ラベル:蒼井上鷹
posted by 濫読ひで at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

森見登美彦 美女と竹林 (11/2008) ☆☆☆☆☆


美女と竹林
著者: 森見登美彦
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 293p
発行年月: 2008年08月
ISBN:9784334926243
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別

美女と竹林

この本は、極めて野心的な構想を持って執筆が始められた。
著者の森見氏は、森ではなく、竹林をこよなく愛する人であった。

そこで、森見氏が竹林を制圧し、しかも美女を得る、というのが基本的な構想であった。
知り合いの保有する竹林の竹を切り、綺麗なものとして、しかも竹でいろいろなものを作り…と、構想は膨らんでいく。続きを読む
ラベル:森見登美彦
posted by 濫読ひで at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

町山智浩 アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (11/2008) ☆☆☆☆1/2


アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない

Bunshun paperbacks
著者: 町山智浩
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 254p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784163707501
本体価格 1,000円 (税込 1,050 円) 送料別

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない

ウェイン町山というこの作者は、在米の評論家だ。映画評論家、とここに書かれているがどこまで映画評論がすばらしいのかは知らない。

ただ、彼のコラムは非常に面白い。米国と日本を比べての状況がよくわかるからだ。
このタイトルは事実だと思う。
それどころか、東京はボストンの先だと思っている人もいるのだ。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平山瑞穂 プロトコル (11/2008) ☆☆☆☆1/2


プロトコル
著者: 平山瑞穂
出版社: 実業之日本社
サイズ: 単行本
ページ数: 269p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784408535241
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別

プロトコル

わたし、有村ちさとは、ヴィヴァンという会社で情報管理を担当している。 父は翻訳家で、いまは世界を放浪している。妹はふらふらしていて、自称「ミュージシャン」の彼とつきあっている。

ある日、わたしは、自分が会社で避けられていることに気づいた。そうやらわたしに対して悪い噂があるらしい。続きを読む
posted by 濫読ひで at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩井志麻子 ハメルンの笛吹き女 (11/2008) ☆☆☆☆1/2


ハメルンの笛吹き女
中公文庫
著者: 岩井志麻子
出版社: 中央公論新社
サイズ: 文庫
ページ数: 265p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784122050471
本体価格 629円 (税込 660 円) 送料別
ハメルンの笛吹き女

岩井志麻子というのは稀有な作家だ。
なぜなら…「アンアン」と「東スポ」の両方に連載を持っているからだ。

彼女の「ぼっけえ、きょうてえ」とかのイメージしかない人は驚くだろう。なぜに東スポ? 東京スポーツというのは、単なるスポーツ紙ではない。嘘と誇張とガセネタと冗談でできたような新聞だ。
続きを読む
ラベル:岩井志麻子
posted by 濫読ひで at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

汀こるもの フォークの先、希望の後 (11/2008)☆☆☆☆1/2


フォークの先、希望の後
THANATOS
講談社ノベルス
著者: 汀こるもの
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 270p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784061826144
本体価格 880円 (税込 924 円) 送料別
フォークの先、希望の後

何だ、これは!と岡本太郎のように驚く。
あるいは、それこそ松田勇作の「何じゃこりゃ〜」という感じかもしれない。

だいたい、作者の名はいったいなんだ?「みぎわ・こるもの」意味がわからない。

それはさておき。これは不可能殺人と観賞魚マニアのラブ・ホラーストーリー、らしい。
作者が「ハチクロ」をイメージした、というのは悪質な冗談としか思えないのだが。続きを読む
posted by 濫読ひで at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石田衣良 逝年 (11/2008) ☆☆☆☆


逝年
Call boy2
著者: 石田衣良
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 197p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784087712247
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
逝年

「娼年」(書評書いてないみたいです。読んだのに…)の続編です。

「娼年」は、男娼のクラブを作ったが、摘発されてしまい、主催者でHIVポジティブの女性、御堂静香が逮捕されてしまうところまでだった。残されたリョウ、静香の娘で口のきけない咲良、アズマたちは、三人で再出発することにする。
続きを読む
ラベル:石田衣良
posted by 濫読ひで at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石持浅海 人柱はミイラと出会う(11/2008) ☆☆☆☆


人柱はミイラと出会う
著者: 石持浅海
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 245p
発行年月: 2007年05月
ISBN:9784103046714
本体価格 1,200円 (税込 1,260 円) 送料別
人柱はミイラと出会う

ほんのちょっとだけ違う世界の話。
タイトルからして、何を意味するのかわかる人はいないだろう。

この世界では「人柱」というのは、本当に人柱という職業なのだ。続きを読む
ラベル:石持浅海
posted by 濫読ひで at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

服部真澄 エクサバイト (11/2008) ☆☆☆☆1/2


エクサバイト

著者: 服部真澄
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 381p
発行年月: 2008年01月
ISBN:9784048738224
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別

エクサバイト

エクサバイト、というのは容量の単位だ。
フロッピーが700キロバイトとか言っていた時代もあるが、現在ではキロからメガバイト、そしてギガバイトになってきている。
その上にテラバイトがあり、エクサバイトはその上だ。続きを読む
ラベル:服部真澄
posted by 濫読ひで at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

平山瑞穂 桃の向こう (11/2008) ☆☆☆☆1/2


桃の向こう
著者: 平山瑞穂
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 253p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784048738828
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
桃の向こう

学生時代に、異性とのつきあいがうまくできなかった人は多いだろう。私ももちろんその一人だ。
そして、そういうのを簡単に、軽々とこなしていくやつを見ては歯ぎしりしつつもうらやましがったりする。 当時の言葉でいえば「青春」だ。(今でももちろん「青春」という言葉は残っているのかもしれないが…)続きを読む
ラベル:平山瑞穂
posted by 濫読ひで at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉永南央 誘う森 (11.2008) ☆☆☆☆


誘う森
東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 吉永南央
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 289p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784488017460
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
誘う森

洋介の妻、香映は突然、自宅で自殺してしまった。
その苦しみからまだ抜けられない洋介は、妻の死因に疑問を抱いている。
本当に自殺だったのだろうか?と。

続きを読む
ラベル:吉永南央
posted by 濫読ひで at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬尾まいこ 見えない誰かと (11/2008) ☆☆☆☆1/2


見えない誰かと

著者: 瀬尾まいこ
出版社: 祥伝社
サイズ: 単行本
ページ数: 163p
発行年月: 2006年12月
ISBN:9784396681197
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料別

見えない誰かと

瀬尾まいこのエッセイ集。

最近、よく考える。「幸せ」とは何だろうか、と。
金があっても幸せじゃない人はたくさんいるだろうし。
自分の環境に満足できれば幸せなのだろうか?

さてこの本の著者は中学校の先生をやっている。そして毎日の日常にかかわることなどをエッセイで書いている。
彼女のエッセイを読むと思う。 この人は幸せだ、と。続きを読む
ラベル:瀬尾まいこ
posted by 濫読ひで at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

山本甲士 ばす 10/2008 ☆☆☆☆1/2


ばす
著者: 山本甲士
出版社: 双葉社
サイズ: 単行本
ページ数: 321p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784575236330
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別

ばす

名手山本甲士の短編集だ。
今回は「ばす」がテーマ。
そうは言っても乗合バスではない。
外来魚のブラックバスだ。
続きを読む
ラベル:山本甲士
posted by 濫読ひで at 17:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

ランダル・E.ストロス /吉田晋治 プラネット・グーグル ☆☆☆☆


プラネット・グーグル
著者: ランダル・E.ストロス /吉田晋治
出版社: 日本放送出版協会
サイズ: 単行本
ページ数: 272,
発行年月: 2008年09月

ISBN:9784140813225
本体価格 2,000円 (税込 2,100 円) 送料別
プラネット・グーグル

グーグルについて書かれた本は多い。これも新たなその一冊だ。
この本はアメリカで出たものの翻訳だ。だが、かなり最新の情報までをカバーしている。続きを読む
posted by 濫読ひで at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永瀬隼介 退職刑事 (10/2008) ☆☆☆☆


退職刑事
著者: 永瀬隼介
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 268p
発行年月: 2007年08月
ISBN:9784163262307
本体価格 1,695円 (税込 1,779 円) 送料別

退職刑事

永瀬隼介の刑事もの短編集。
だが、暗い話が多い。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。