2008年10月26日

石持浅海 君の望む死に方 (10/2008) ☆☆☆☆


君の望む死に方
長編本格推理
Non novel
著者: 石持浅海
出版社: 祥伝社
サイズ: 新書
ページ数: 253p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784396208455
本体価格 838円 (税込 879 円) 送料別

君の望む死に方

「扉は閉ざされたまま」
http://hidebook.seesaa.net/article/18521810.html

の続編ともいえる作品。そこの登場人物の中で、この作品のキーになるのは結局ひとりだけだ。そう。あの嫌な美女、碓氷優佳だ。

日向貞則はソル電機の創業社長だ。彼にはガンが見つかった。
不治の病だ。 そこで彼は決意した。
自分を、あの男に殺させよう、と。

そのために彼は舞台を用意した。選ばれた者たちだけが参加する研修。 実はお見合い研修でもあるわけだが。


続きを読む
posted by 濫読ひで at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒキタクニオ 上を向いて歩こう (10/2008) ☆☆☆☆1/2 「


上を向いて歩こう
著者: ヒキタクニオ
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 341p
発行年月: 2008年07月
ISBN:9784062148436
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別

上を向いて歩こう

神楽坂にある、リニューアルした小さな湯屋。桐山は、娘ふたりを育てながら、その湯屋をいとなんでいる。
桐山は元筋者らしい。だが足を洗ってこの湯屋を始めたようだ。

この湯屋、そして近所の店などを舞台にして、物語が展開される。続きを読む
posted by 濫読ひで at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉野万理子 乙女部部長 (10/2008)☆☆☆1/2


乙女部部長
ダ・ヴィンチブックス
著者: 吉野万理子
出版社: メディアファクトリー
サイズ: 単行本
ページ数: 182p
発行年月: 2007年11月
ISBN:9784840120791
本体価格 1,200円 (税込 1,260 円) 送料別
乙女部部長

小夏は運命の人を探し続けて、今に至った。
小夏はデパートに勤める32歳・独身。
友人の遥香は、結婚して子供もいる。


小夏は、独身女性たちを集めて「部」を作った。
名づけて「乙女部」
続きを読む
タグ:吉野万理子
posted by 濫読ひで at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

古川日出男  聖家族 (10/2008) 評価不能


聖家族
著者: 古川日出男
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 738p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784087712551
本体価格 2,600円 (税込 2,730 円) 送料別

聖家族

これは、すごい本だ。
古川日出男はこう言うかもしれない。

「俺は、書いた」
「おまえは、読めるか?」

記録したものが真実になる。記憶だけでは世に残らないから。
記憶だけで残るものが人と人の間に存在するなら、それを記録すればそれが真実になる。


続きを読む
タグ:古川日出男
posted by 濫読ひで at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

不知火京介 ただいま (10.2008) ☆☆☆☆1/2


ただいま
著者: 不知火京介
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 278p
発行年月: 2008年09月
ISBN:9784334926335
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別
ただいま

ファンタジー中編集といえばいいだろうか。
単なる小説というよりはファンタジーに近いだろう。
SFというのはちょっと違うし、ホラーではない。

続きを読む
タグ:不知火京介
posted by 濫読ひで at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

一条ゆかり 正しい欲望のススメ


正しい欲望のススメ
著者: 一条ゆかり
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 156p
発行年月: 2008年07月
ISBN:9784087814026
本体価格 1,000円 (税込 1,050 円) 送料別

正しい欲望のススメ

一条ゆかりといえば、少女マンガの大御所だ。
彼女がいままでの人生を振り返るエッセイ。
「有閑クラブ」はなんと通算2500万部も売れているという。

もちろんエッセイは一筋縄ではいかない。

続きを読む
タグ:一条ゆかり
posted by 濫読ひで at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重松清 ブルーベリー (10/2008) ☆☆☆☆1/2


ブルーベリー

著者: 重松清
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 244p
発行年月: 2008年04月
ISBN:9784334926038
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
ブルーベリー

私と同世代の重松清による短編集。
エッセイのような、フィクションのような作品。
そのころを生きた同世代にとっては、甘酸っぱく懐かしい気持ちになる。続きを読む
タグ:重松清
posted by 濫読ひで at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楡周平 プラチナタウン (10.2008) ☆☆☆☆☆


プラチナタウン
著者: 楡周平
出版社: 祥伝社
サイズ: 単行本
ページ数: 408p
発行年月: 2008年07月
ISBN:9784396632984
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別

プラチナタウン

私、山崎鉄郎は四井商事の穀物取引部部長だ。年収は二千五百万円。
仕事はきついが充実している。

そんな私に、故郷の緑原町の同級生から電話があった。町長選挙に出てくれ、というのだ。町は浪費で借金まみれで使えない箱ものばかり。周辺の市町村も合併してくれない。この町を助けてくれ、という悲鳴だった。続きを読む
タグ:楡周平
posted by 濫読ひで at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

深水黎一郎 トスカの接吻 (9.2008) ☆☆☆☆


トスカの接吻
オペラ・ミステリオーザ
講談社ノベルス
著者: 深水黎一郎
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 290p
発行年月: 2008年08月
ISBN:9784061826083
本体価格 880円 (税込 924 円) 送料別
トスカの接吻

オペラ「トスカ」の途中で男優が殺された。殺したのは相手の女優だ。
オペラの中で、トスカ(主演)がスカルピア(悪役)を殺す場面がある。そこで使われる小道具のナイフが、本物のナイフとすりかえられていたのだ。続きを読む
タグ:深水黎一郎
posted by 濫読ひで at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

森博嗣


工学部・水柿助教授の解脱
著者: 森博嗣
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 288p
発行年月: 2008年04月
ISBN:9784344014923
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別

工学部・水柿助教授の解脱

森センセイの著作。
水柿助教授、というのはおそらく森センセイの分身なのであろう。

水柿助教授は、大学の助教授であるが、作家でもある。そして作家のほうでお金持ちになってしまった。 そんな水柿先生の日常を描いたエッセイのような本だ。だが、一筋縄ではいかない。 なんだかわけのわからないこじつけや、暴論などもちりばめられている。続きを読む
タグ:森博嗣
posted by 濫読ひで at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花村萬月 神の名前 王国記7 (9/2008) ☆☆☆☆1/2


神の名前
王国記7
著者: 花村萬月
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 257p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784163268309
本体価格 1,667円 (税込 1,750 円) 送料別

神の名前

「王国記」シリーズ7冊め。
ここでシリーズは意外な展開を見せる。
ずっと主人公、あるいは中心人物であった朧が、中心人物を降りることになった。朧が描いていた王国は、もはや朧を王としない。彼は脇役に甘んじることになる。
その代わりに中心となるのは、朧とマザー・テレジアの息子、太郎だ。
続きを読む
タグ:花村萬月
posted by 濫読ひで at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池井戸潤 オレたち花のバブル組 (10.2008) ☆☆☆☆1/2


オレたち花のバブル組
著者: 池井戸潤
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 323p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784163267005
本体価格 1,667円 (税込 1,750 円) 送料別
オレたち花のバブル組

バブル時代に大手銀行に入行した「バブル組」も銀行では中堅になりかかっている。
半沢は、伊勢島ホテルの担当になった。別の部店では同ホテルの運用失敗を見抜けなかった、ということで半沢の部署に担当替えになったのだ

おりしも金融庁検査が来ることになった。続きを読む
タグ:池井戸潤
posted by 濫読ひで at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。