2008年08月30日

馳星周 約束の地で (8/2008) ☆☆☆☆


約束の地で

著者: 馳星周
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 252p
発行年月: 2007年09月
ISBN:9784087748789
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
約束の地で

馳星周の作品だが、ハードボイルドアクションではない。

北の田舎の土地。ここは約束の地かもしれないし、そうではないかもしれない。そこに生きる人たち。悩みながら、この地を憎みながらも生きている。ある者は土地を離れ、そして戻ってきて父親の秘密を知る。
またある者は肉親からの仕打ちに疲れ果てる。続きを読む
posted by 濫読ひで at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米澤穂信 遠まわりする雛 (8/2008) ☆☆☆☆☆


遠まわりする雛
著者: 米澤穂信
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 354p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784048738118
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
遠まわりする雛

米澤穂信の「古典部」シリーズ。
主役はおなじみ、ものぐさ高校生の折木ホータローだ。
「安楽椅子探偵」的に事件を解決していく。続きを読む
ラベル:米澤穂信
posted by 濫読ひで at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永瀬隼介 黒龍江省から来た女 (8/2008) ☆☆☆☆


黒龍江省から来た女
著者: 永瀬隼介
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 220p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784103067719
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
黒龍江省から来た女

これはノンフィクションだ。
男性が意識不明の重体で、病院に運ばれた。原因は、妻が夫にインシュリンを注射したことだった。
その妻は、中国の黒龍江省から来た花嫁だった。

筆者は、その事件に興味をもち、調べ始めた。


続きを読む
ラベル:永瀬隼介
posted by 濫読ひで at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楊逸 時が滲む朝 (8/2008) ☆☆☆☆1/2


時が滲む朝
著者: 楊逸
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 150p
発行年月: 2008年07月
ISBN:9784163273600
本体価格 1,238円 (税込 1,299 円) 送料別
時が滲む朝

史上初めて、日本人でない人が書いた芥川賞受賞作。

浩遠と志強は、二狼と呼ばれた大学の親友だった。二人は毎朝詩を朗読していた。そのうち、甘先生と出会い、学生運動に傾倒していく。しかしそこで、天安門事件が起きる。続きを読む
ラベル:楊逸
posted by 濫読ひで at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

小手鞠るい なぜ泣くの (8/2008) ☆☆☆☆1/2


なぜ泣くの
著者: 小手鞠るい
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 234p
発行年月: 2008年07月
ISBN:9784198625580
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別

なぜ泣くの

小手鞠るいの新作。
短編集だが、どこかでつながっている。

「愛ある結婚」
結婚するなら、愛のある結婚がいい。かすみは、そう思っていた。そして、愛があればいい、と思っていた。
だから彼女は、彼について、ニューヨークまで行った。子供ができ、夫は成功し、郊外に家をたてた。でも、心はもどってこなかった…。
それが、最初の結婚だった。
「幸せな結婚をしても、人は幸せにはなれない。愛ある結婚。あるいは、愛。それでも駄目なのだ。」
それが、かすみの得た教訓だった。続きを読む
ラベル:小手鞠るい
posted by 濫読ひで at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高井忍 漂流巌流島 (8.2008) ☆☆☆☆


漂流巌流島
東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 高井忍
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 315p
発行年月: 2008年07月
ISBN:9784488017323
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
漂流巌流島

作者は表題作でミステリーズ!新人賞を受賞した。

この短編集は、映画を作る際の脚本家の僕と監督との間の会話で成り立っているが、その背景には、時代劇で話題にされるテーマに対しての新解釈がある。

「漂流巌流島」は、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘について、各種の文献をしっかりとあたり、つじつまがあわない部分を見つけ出して、それの説明から、真相(?)を暴きだしている。 

原文が出てきたりして読みづらい部分もあるが、それをできるだけ補っている作者の親切心もなかなかのものだ。続きを読む
ラベル:高井忍
posted by 濫読ひで at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸田真音 Hello,CEO.(8/2008) ☆☆☆☆


Hello,CEO.
著者: 幸田真音
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 389p
発行年月: 2007年09月
ISBN:9784334925734
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
Hello,CEO.

そろそろ出てから一年になる、幸田真音の作品。
主人公の翔は、大学を出て外資系のカード会社に働いている。ガールフレンド(深い関係なのかどうかは記載されていないが…)のりり花は広告会社で活躍する女性だ。

翔の働くメトロポリタン・エキスプレス・カードでは業績不振のため本社からリストラ指令がきていた。 外資系では、給料の高い者から順番に首を切られる。彼の上司もそうだった。
その後、今度は希望退職が募集される。これも、早いほうが条件がいいと言われている。 翔も、成り行き上応募してしまった。続きを読む
ラベル:幸田真音
posted by 濫読ひで at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五十嵐貴久 FOR YOU (8/2008) ☆☆☆☆1/2


For you
著者: 五十嵐貴久
出版社: 祥伝社
サイズ: 単行本
ページ数: 447p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784396632953
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別

For you


このブログにも訪れてくださったこともある五十嵐さんの作品。
パパとムスメの7日間
http://hidebook.seesaa.net/article/27904483.html
はテレビ化されてかなり話題になった。

主人公は映画雑誌の編集者の女性、佐伯朝美だ。
彼女は、来日する韓国スター、フィル・ウォンのインタビューをとる準備で忙しくしていた。 そんなとき、父から連絡が入る。幼いときからかわいがってもらっていた叔母、冬子が倒れたというのだ。


続きを読む
ラベル:五十嵐貴久
posted by 濫読ひで at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

新井素子 ちいさなおはなし (8/2008) ☆☆☆☆


ちいさなおはなし
著者: 新井素子
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 229p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784087748956
本体価格 1,200円 (税込 1,260 円) 送料別

ちいさなおはなし

新井素子は短編の書けない作家として有名だった。
短編としてはじめるとどんどん長くなる。
連載すると、予定の倍になる。
続きを読む
ラベル:新井素子
posted by 濫読ひで at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津野海太郎 ジェローム・ロビンスが死んだ (8/2008)


ジェローム・ロビンスが死んだ
ミュージカルと赤狩り
著者: 津野海太郎
出版社: 平凡社
サイズ: 単行本
ページ数: 359p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784582834000
本体価格 2,800円 (税込 2,940 円) 送料別
ジェローム・ロビンスが死んだ

ジェローム・ロビンスといっても知らないひとが大部分ではないだろうか。
彼は第二次大戦前後に有名になったブロードウェイミュージカルの振付師兼演出家だ。ウェスト・サイド・ストーリーの演出家だといえば、なるほど、と納得する人も多いだろう。

続きを読む
ラベル:津野海太郎
posted by 濫読ひで at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽田圭介 走ル (8/2008) ☆☆☆☆1/2


走ル
著者: 羽田圭介
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本
ページ数: 156p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784309018584
本体価格 1,200円 (税込 1,260 円) 送料別
走ル

物置のなかから古いロードレーサー(自転車)を引っ張り出した高校生の僕は、ふと気が向いて、八王子から学校のある四谷まで自転車で行ってみた。
僕は陸上部員なので、練習のためのウェアでそのまま。4時間で着いた。


続きを読む
ラベル:羽田圭介
posted by 濫読ひで at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

あさのあつこ ぬばたま (8/2008) ☆☆☆☆


ぬばたま
著者: あさのあつこ
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 247p
発行年月: 2008年01月
ISBN:9784103063315
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別

ぬばたま

あさのあつこの書いたホラー連作。
山には、不思議な力がある。
人を呼ぶ力が。続きを読む
posted by 濫読ひで at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馳星周 やつらを高く吊せ (8/2008) ☆☆☆☆


やつらを高く吊せ

著者: 馳星周
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 311p
発行年月: 2008年05月
ISBN:9784062147095
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
やつらを高く吊せ

馳星周の連作。
おれは一匹オオカミの、スキャンダルを追うフリーの記者だ。
おれが好きなのは「秘密」だ。他人の秘密を知ることにぞくぞくする。
おれは愛車のポルシェで突っ走り情報を探す。
続きを読む
ラベル:馳星周
posted by 濫読ひで at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

山門敬弘 すべては愛のために 風の聖痕ignition 4 ☆☆☆☆


すべては愛のために

富士見ファンタジア文庫




著者: 山門敬弘
出版社: 富士見書房
サイズ: 文庫
ページ数: 278p
発行年月: 2007年06月
ISBN:9784829119402
本体価格 520円 (税込 546 円) 送料別
すべては愛のために


風の聖痕ignition の4.
外伝ふうの短編集。
続きを読む
ラベル:山門敬弘
posted by 濫読ひで at 13:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小路幸也 モーニング (7.2008) ☆☆☆☆1/2


モーニング
著者: 小路幸也
出版社: 実業之日本社
サイズ: 単行本
ページ数: 291p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784408535265
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別


「小路幸也に外れ無し」といわれるほどの巧者である筆者。
やはりこの作品もいい味を出している。

今日は真吾の葬式だ。学生時代、5人で住んでいた仲良しだったのだが。
モーニング、とは朝ではなくて、「喪」Mourning なのだ。

続きを読む
ラベル:小路幸也
posted by 濫読ひで at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥飼否宇 爆発的 七つの箱の死 (7/2008) ☆☆☆☆


爆発的
七つの箱の死
著者: 鳥飼否宇
出版社: 双葉社
サイズ: 単行本
ページ数: 331p
発行年月: 2008年06月
ISBN:9784575236200
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別
爆発的

不思議な美術館があった。
日暮百人という金持ちが作った、変わった形の美術館だ。これは彼のプライベートミュージアムとして、現代アートの旗手を7人呼び、それぞれに部屋を与えてアートを作らせるというのだ。


続きを読む
ラベル:鳥飼否宇
posted by 濫読ひで at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楡周平 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)(下) (7/2008) ☆☆☆☆1/2


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)

著者: 楡周平
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
(上)
ページ数: 338p
発行年月: 2008年02月
ISBN:9784062142533
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
(下)
ページ数: 359p
発行年月: 2008年02月
ISBN:9784062145381
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(下)

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」がベトナム戦争にかかわる話とすれば、本作はそれに近い時代に日本で起こっていたこと、つまり大学紛争にかかわる話だ。

物語は、1999年と学生紛争の時代、1999年を行ったり来たりする。
30年の間に何が変わり、何が変わらなかったのか。

ふた組の夫婦がいる。
片方は、病院経営をする両親と大蔵省の息子と高校生の息子がいる夫婦。
もう片方は、年ごろの娘が二人いる政治家の夫婦だ。

続きを読む
ラベル:楡周平
posted by 濫読ひで at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。