2008年01月26日

小路幸也 シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン (1/2008) ☆☆☆☆☆


シー・ラブズ・ユー

 東京バンドワゴン
著者: 小路幸也
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 277p
発行年月: 2007年05月
ISBN:9784087753776
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
シー・ラブズ・ユー

古本屋&カフェの大一家「東京バンドワゴン」を舞台にしたほのぼの小説。「東京バンドワゴン」に続く第二作だ。

ここの登場人物はみな魅力的だ。
だがそれだけではない。 何か、問題を抱えている。続きを読む
タグ:小路幸也
posted by 濫読ひで at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芦原すなお ユングフラウ (1/2008) ☆☆☆☆1/2


ユングフラウ

著者: 芦原すなお
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 343p
発行年月: 2008年01月
ISBN:9784488023980
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別
ユングフラウ

芦原すなおの新刊。
主人公は編集者の女性、翠だ。
独身。彼氏あり。
社会人になって最初のボーナスで友達の真美とスイス旅行に行き、そこでユングフラウに登り、感動した。

今、翠は思う。わたしの生活はどこか、何かがまちがっている。

続きを読む
タグ:芦原すなお
posted by 濫読ひで at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古川日出男 ゴッドスター (1/2008) ☆☆☆☆


ゴッドスター

著者: 古川日出男
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 156p
発行年月: 2007年11月
ISBN:9784103060710
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料別

ゴッドスター

語り手は女性。
あたしの素性?それはいえない。

そしてあたしはカフェテリアから外を見ている。あたしは横断歩道のところに子どもがいるのを見ていた。目をそそいでいた。

続きを読む
タグ:古川日出男
posted by 濫読ひで at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

芥川賞・直木賞決まる

芥川賞・直木賞の受賞作品が決まった。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石田衣良 灰色のピーターパン(IWGP6) (1/2008) ☆☆☆☆1/2


灰色のピーターパン

池袋ウエストゲートパーク6
著者: 石田衣良
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 255p
発行年月: 2006年06月
ISBN:9784163250304
本体価格 1,524円 (税込 1,600 円) 送料別
灰色のピーターパン

池袋ウェストゲートパークシリーズの6巻。そういえば7巻はすでに読んでいるがここに書かなかった。

池袋の果物屋の店番であり、池袋一のトラブルシューターで知られるマコトのところにやってきたのは、小学生。
だが、ただの小学生ではない。かなり稼いでいる小学生だ。

続きを読む
タグ:石田衣良
posted by 濫読ひで at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

門井慶喜 人形の部屋 (1/2008) ☆☆☆☆


人形の部屋
東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 門井慶喜
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 286p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784488017446
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
人形の部屋

専業主夫の敬典のもとにいろいろとささやかな事件が持ち込まれてくる。
「人形の部屋」 敬典と娘のつばめの前に、骨董のジュモーの人形(ビスクドール)が持ち込まれてくる。しかしその人形はつま先が割れていた。敬典のもと同僚から、どうしたらいい、という相談だったが、持ち主がやってきて、弁償しろ、と言われてしまった。

続きを読む
タグ:門井慶喜
posted by 濫読ひで at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

山本幸久 渋谷に里帰り (1/2008) ☆☆☆☆1/2


渋谷に里帰り

著者: 山本幸久
出版社: 日本放送出版協会
サイズ: 単行本
ページ数: 242p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784140055311
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
渋谷に里帰り

稔は食品会社の営業マン。やり手と評判の女性、坂岡の退職にともない、彼女の営業エリアである渋谷を引き継ぐことになった。渋谷は稔の出身地でもあり、あまり近づきたくない土地でもあった。

稔は国立大学(学芸大学)を出ているのだが仕事の成績はあまりよくない。坂岡のやり方に驚きながらも、なんとかついていこうとする。
続きを読む
タグ:山本幸久
posted by 濫読ひで at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒼井上鷹 二枚舌は極楽へ行く (1/2008) ☆☆☆☆1/2


二枚舌は極楽へ行く

Futaba novels
著者: 蒼井上鷹
出版社: 双葉社
サイズ: 新書
ページ数: 289p
発行年月: 2006年10月
ISBN:9784575007541
本体価格 819円 (税込 859 円) 送料別
二枚舌は極楽へ行く

ミステリーの短編およびショートショート集。
「小物のせこさがよく描けている」という評価を得たこの作者。
ただ者ではない。

ストーリーにはそれなりの「ひねり」が加えられている。
そして、それぞれの作品の最後に「参考」としていろいろな作品が並べられている。落ちにかかわる場合もあるが、それでも単純にそのアイディアを使ったわけではなく、やはりひねりがある。
続きを読む
タグ:蒼井上鷹
posted by 濫読ひで at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中野順一 ロンド・カプリチオーソ (1/2008) ☆☆☆☆1/2


ロンド・カプリチオーソ
東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 中野順一
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 322p
発行年月: 2007年11月
ISBN:9784488017422
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別
ロンド・カプリチオーソ

バーのピアノ弾きかつバーテンのタクトは、予知能力のある恋人、花梨から、新宿西口には近づくな、と言われた。しかし彼は近づいてしまう。続きを読む
タグ:中野順一
posted by 濫読ひで at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

芥川賞・直木賞 候補作決まる!

恒例となる芥川賞・直木賞の候補作が決まった。
取り急ぎのご紹介。

なお、恒例の大森・豊崎コンビの予想では直木賞は「無風」かと。

選考会は平成20年1月16日(水)午後5時から。
当日夜には発表される予定だ。続きを読む
posted by 濫読ひで at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西澤保彦 収穫祭 (1/2008) ☆☆☆


収穫祭

著者: 西澤保彦
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 605p
発行年月: 2007年07月
ISBN:9784344013483
本体価格 2,000円 (税込 2,100 円) 送料別
収穫祭

ぼく、省路(しょうじ)は、映画を見に、お町へ行った。
そして大雨になり、帰りは別居する父に村まで送ってもらった。友人の家に泊まりに行くのだ。
雨の中、ガソリンの臭いが漂い、そして知っている男が走っていくのが見えた。彼は時計を落としていった。
友人たち、ブキとカンチが迎えにきたが、すぐに同級生繭子の大声が聞こえた。 それは、村を襲う大量猟奇殺人の始まりだった…続きを読む
タグ:西澤保彦
posted by 濫読ひで at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森博嗣 ZOKU & ZOKUDAM (1/2008) ☆☆☆☆/☆☆☆☆1/2

←クリック!
ZOKU
光文社文庫
著者: 森博嗣
出版社: 光文社
サイズ: 文庫
ページ数: 343p
発行年月: 2006年10月
ISBN:9784334741372
本体価格 571円 (税込 599 円) 送料別
ZOKU



ZOKUDAM
著者: 森博嗣
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 309p
発行年月: 2007年07月
ISBN:9784334925611
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
ZOKUDAM

謎の組織、ZOKUとTAI.
第一作では、ZOKUは悪役として、世間を揺るがす悪ではなく、単純な迷惑行為を行う謎の組織になっている。続きを読む
タグ:森博嗣
posted by 濫読ひで at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴田よしき ア・ソング・フォー・ユー (1/2008) ☆☆☆☆1/2


ア・ソング・フォー・ユー

著者: 柴田よしき
出版社: 実業之日本社
サイズ: 単行本
ページ数: 415p
発行年月: 2007年09月
ISBN:9784408535135
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
ア・ソング・フォー・ユー

俺、花咲慎一郎は歌舞伎町で、私立探偵および私設保育園にこにこ園の園長をやっている。
ハリウッドの有名人の日本人妻から、人探しの依頼を受けた。

十数年前に電車で会った高校生を探して欲しい、というのだ。
しかも彼女は俺を名指しで指名してきたらしい。続きを読む
タグ:柴田よしき
posted by 濫読ひで at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

草思社、新風舎、そしてデジマ(コミックガンボ) の破綻

年末年始、いろいろ破綻している。
本当に出版不況だ。

草思社はそうはいっても民事再生法だし、負債総額は22億4789万円だから、まだ金額が小さい。この金額なら、まあなんとかなるだろう。支援するところもありそうだ。続きを読む
posted by 濫読ひで at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

小路幸也 カレンダーボーイ (12/2007) ☆☆☆☆1/2


カレンダーボーイ

著者: 小路幸也
出版社: ポプラ社
サイズ: 単行本
ページ数: 319p
発行年月: 2007年11月
ISBN:9784591100028
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
カレンダーボーイ

目をさましたら、なんと自分は小学三年生になっていた。
三都充(みとみつる)と安斎武は二人ともそうなってしまったのだ。
充は大学教授、安斎はその大学の事務局長だ。その二人がタイム・トラベルしてしまった。
続きを読む
タグ:小路幸也
posted by 濫読ひで at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒼井上鷹 俺が俺に殺されて (1/2008) ☆☆☆☆


俺が俺に殺されて

長編ミステリー Non novel
著者: 蒼井上鷹
出版社: 祥伝社
サイズ: 新書
ページ数: 290p
発行年月: 2007年06月
ISBN:9784396208301
本体価格 857円 (税込 899 円) 送料別
俺が俺に殺されて

俺は呆然とした。俺は殺されてしまった。なぜそれがわかるか?
俺は俺を殺した人間に乗り移ってしまったのだ。
そして足元には俺の死体がころがっている…続きを読む
タグ:蒼井上鷹
posted by 濫読ひで at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

秋梨惟喬 もろこし銀侠伝 (12/2007) ☆☆☆☆



東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 秋梨惟喬
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 285p
発行年月: 2007年08月
ISBN:9784488017439
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
もろこし銀侠伝

水滸伝時代の中国を舞台にした、オムニバス時代推理小説。
ミステリーズ!新人賞を受賞した「殺三狼」など掲載。

刺客への警戒をしっかりしていた李小遊が毒殺された。前日に薬を処方した蒲半仙が捕まった。9歳の娘、蒲公英は、酒を飲みにきていた雲遊という男の助けを借り、父の無実を晴らすために動きはじめる。 
秘密の鍵は、李小遊の得意技、殺三狼にあった…
刺客への警戒をしっかりしていた李小遊が毒殺された。前日に薬を処方した蒲半仙が捕まった。9歳の娘、蒲公英は、酒を飲みにきていた雲遊という男の助けを借り、父の無実を晴らすために動きはじめる。 
秘密の鍵は、李小遊の得意技、殺三狼にあった…続きを読む
タグ:秋梨惟喬
posted by 濫読ひで at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

岸田るり子 ランボー・クラブ (12/2007) ☆☆☆1/2


ランボー・クラブ

東京創元社・ミステリ・フロンティア
著者: 岸田るり子
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 279p
発行年月: 2007年11月
ISBN:9784488017484
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
ランボー・クラブ

ミステリフロンティアのシリーズ。

菊巳は不登校の中学生で、色覚に一部異常がある。
あるとき気づいた。僕はフランス語がわかる、と。
ネット上にはランボーの詩がかかれており、それを見て気づいたのだ。
両親ともそんなことはまったく知らないはずだ。続きを読む
posted by 濫読ひで at 01:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。