2007年11月28日

平山瑞穂 株式会社ハピネス計画 (11/2007) ☆☆☆☆


株式会社ハピネス計画

著者: 平山瑞穂
出版社: 小学館
サイズ: 単行本
ページ数: 223p
発行年月: 2007年08月
ISBN:9784093877299
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別

楽天:株式会社ハピネス計画
アマゾン:株式会社ハピネス計画

氏家譲(ウージー)は、失恋し、会社も首になったニートのようなものだ。
その譲が、昔の同級生の「ロックスター」の武蔵に、アルバイトとして女性の世話を頼まれた。
その女性というのは武蔵の愛人だ。そしてなんと、武蔵の家と同じ敷地の離れに住んでいるという!


続きを読む
タグ:平山瑞穂
posted by 濫読ひで at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

菅浩江 プリズムの瞳 (11/2007) ☆☆☆☆


プリズムの瞳
著者: 菅浩江
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 340p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784488018115
本体価格 1,900円 (税込 1,995 円) 送料別

楽天:プリズムの瞳
アマゾン;プリズムの瞳

これは、ロボットの物語だ。
すでに予定された機能を期待されておらず、ただ絵を描いてすごすことになったロボットたちの物語。


続きを読む
タグ:菅浩江
posted by 濫読ひで at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森見登美彦 有頂天家族 (11/2007) ☆☆☆☆☆


楽天;有頂天家族
アマゾン:有頂天家族
有頂天家族
著者: 森見登美彦
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 357p
発行年月: 2007年09月
ISBN:9784344013841
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別


素晴らしい。
まずはその一言から始めさせてもらおう。
続きを読む
タグ:森見登美彦
posted by 濫読ひで at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

本屋大賞の投票

いささか旧聞に属することだが、
「本屋大賞」の投票がはじまっている。

本屋大賞とは、書店員が選ぶ「売りたい本」の賞だ。

要綱はこんな感じだ。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | コネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大倉 崇裕 オチケン!(ミステリーYA!) (11/2007) ☆☆☆☆


オチケン!
ミステリーya!
著者: 大倉崇裕
出版社: 理論社
サイズ: 単行本
ページ数: 339p
発行年月: 2007年09月
ISBN:9784652086148
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料別
楽天:オチケン!
アマゾン:オチケン!―Rakugo Club The Key to Solving Mysteries (ミステリーYA!)

ヤングアダルト向け落語ミステリー。
大学へ入学して早々、落語研究会(おちけん)に入部する羽目になった越智健一(おちけんいち)。部員はあと2人。続きを読む
タグ:大倉 崇裕
posted by 濫読ひで at 19:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海林さだお  ショージ君のalways 東海林さだおが昭和を懐かしむ (11/2007)☆☆☆


ショージ君のalways
東海林さだおが昭和を懐かしむ
著者: 東海林さだお
出版社: 集英社インターナショナル /集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 253p
発行年月: 2006年04月
ISBN:9784797671476
本体価格 1,200円 (税込 1,260 円) 送料別
楽天;ショージ君のalways
アマゾン;ショージ君のALWAYS―東海林さだおが昭和を懐かしむ

ご存知東海林さだおのエッセイ集。
ショージ君が昭和を懐かしむ、という副題のとおり、昭和の話が並んでいる。続きを読む
posted by 濫読ひで at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森博嗣 少し変わった子あります (11/2007) ☆☆☆☆



少し変わった子あります 
著者: 森博嗣
出版社: 文藝春秋
サイズ: 新書
ページ数: 246p
発行年月: 2007年11月
ISBN:9784163264400
本体価格 800円 (税込 840 円) 送料別

楽天:少し変わった子あります
アマゾン:少し変わった子あります

森センセイの本。
私が読んだのはハードカバーだが、今月に文庫が出た。

大学教授の私(小山)は、友人の荒木から紹介を受け、ちょっと変わった店を訪れた。
続きを読む
タグ:森博嗣
posted by 濫読ひで at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沢村凛 黄金の王白銀の王 (11/2007) ☆☆☆☆


黄金の王白銀の王

著者: 沢村凛
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 410p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784344013988
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別

楽天:黄金の王白銀の王
amazon;黄金の王白銀の王

翠の国に、対立する二つの民があった。王を出した民、鳳穐(ほうしゅう)と敗れた民、旺廈(おうか)。 鳳穐の頭領、穭(ひづち)は王として振舞っているが、捕らえた旺廈の頭領、薫衣(くのえ)を生かしておいた。
続きを読む
タグ:沢村凛
posted by 濫読ひで at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

鎌倉幕府はいつ?

どこかで聞いたような気がするが…
いまの教科書では、どうやら鎌倉幕府の成立は1192年ではないらしい。

R25というリクルートの雑誌で紹介されていた。
それによると、いまの主流は、1185年に成立した、というのだそうだ。

山川の教科書というのだから、かなり(というかとっても)正統派の教科書でそう書いているらしい。

歴史は変わるということだ。
語り手によって歴史は異なる。

でも、こんな感じに教科書が変わっているとは思わなかった。
不思議な感じがするけどなあ。

まあ、誰も見てないんだけどね(笑)













続きを読む
posted by 濫読ひで at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎誉子 三日月 (11/2007) ☆☆☆


三日月

著者: 宮崎誉子
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 296p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784062139458
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別

楽天:三日月
アマゾン:三日月

うーん。
どうも私のテイストではない。
続きを読む
タグ:宮崎誉子
posted by 濫読ひで at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三浦亜記 となり町戦争 (11/2007) ☆☆☆1/2


となり町戦争

著者: 三崎亜記
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 196p
発行年月: 2005年01月
ISBN:9784087747409
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
楽天:となり町戦争
アマゾン:となり町戦争

静かにはじまったとなり町との戦争になんとなくまきこまれた青年の話。続きを読む
posted by 濫読ひで at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

山口芳宏  雲上都市の大冒険 (11/2007) ☆☆☆☆


雲上都市の大冒険

著者: 山口芳宏
出版社: 東京創元社
サイズ: 単行本
ページ数: 394p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784488023973
本体価格 2,200円 (税込 2,310 円) 送料別
楽天;雲上都市の大冒険
アマゾン:雲上都市の大冒険

鮎川哲也賞の受賞作。
とにかく長い!

舞台は戦後の東北の炭鉱町。
炭鉱の地下牢にある男が閉じ込められていた。
そして二十年。 男は密室になった牢から脱走した。
続きを読む
タグ:山口芳宏
posted by 濫読ひで at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野圭吾 使命と魂のリミット (11/2007) ☆☆☆☆1/2


使命と魂のリミット

著者: 東野圭吾
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 376p
発行年月: 2006年12月
ISBN:9784103031710
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
楽天:使命と魂のリミット
アマゾン:使命と魂のリミット

東野圭吾の作品。
夕紀は研修医だ。いまは心臓外科にいる。
指導教官の西園は、実は父の心臓病を執刀した。そして父は死んだ。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

犯人情報も交換する?

ヤフーが新しいサービスを始めた。
試験的だとは思うが。


ヤフーに「なんでも交換」というサイトがある。
これは物々交換サイトだ。場合によっては「あげます」「ください」というのもある。

なぜか今度、そこに新しい「ください」ができた。
それは「犯人情報をください」というものだ。

正確には「犯人捜しています特集」だ。
警察の協力を得て、指名手配の犯人などについての情報を求める。

通報するのは匿名でもできる。
ヤフーのサイトから警察のサイトへ飛んで、そこからの情報提供もできるし、直接警察に連絡もできる。

礼金・懸賞金が払われる場合には、匿名ではなくちゃんと身元を明かすことが条件になる。

いずれにしてもネット社会が発達する中、最大手ポータルが社会的な貢献をしているひとつの例だといえるだろう。

こういう例が増えるのはいいことだと思う。




posted by 濫読ひで at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

田坂 広志 これから何が起こるのか


これから何が起こるのか
我々の働き方を変える「75の変化」

著者:
これから何が起こるのかこれから何が起こるのか
田坂 広志

PHP研究所 2006-11-23
売り上げランキング : 7656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出版社: PHP研究所
サイズ: 単行本
ページ数: 317p
発行年月: 2006年12月
ISBN:9784569652320
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別

楽天:これから何が起こるのか
アマゾン:これから何が起こるのか

一応、読みました。
あまり内容が伝わってこないので評価パス。
posted by 濫読ひで at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田次郎 つばさよつばさ (10/2007) ☆☆☆☆1/2


つばさよつばさ

著者: 浅田次郎
出版社: 小学館
サイズ: 単行本
ページ数: 252p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784093877442
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料別
楽天:つばさよつばさ
アマゾン:つばさよつばさ

浅田次郎のエッセイ。
シリアスなものとコミカルなものを書き分けるこの作者だが、実はものすごい回数の旅行をしているのだ。
旅行エッセイ、あるいはギャンブルエッセイのために旅行しているのだ、ともいえるだろう。
続きを読む
タグ:浅田次郎
posted by 濫読ひで at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハセベバクシンオー ビッグタイム (10/2007) ☆☆☆☆1/2


ビッグタイム

著者: ハセベバクシンオー
出版社: 宝島社
サイズ: 単行本
ページ数: 283p
発行年月: 2006年07月
ISBN:9784796653749
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
楽天:ビッグタイム
アマゾン:ビッグタイム

コン・ゲームの物語。
東はパチスロ情報会社をやっている。「出る」パチスロの情報を仕入れ、会員に売るのがビジネスだ。裏で設定を聞き、それを会員に流す。
その情報だけで月に50万円を取る。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恩田陸 中庭の出来事 (10/2007) ☆☆☆☆


中庭の出来事

著者: 恩田陸
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 382p
発行年月: 2006年11月
ISBN:9784103971078
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別

楽天;中庭の出来事
アマゾン:中庭の出来事

恩田陸の、演劇関係の小説。
面食らうのは、同じようなシーンが何度も出てくる、ということだ。
ほんの少しずつ違う。それはなぜか。続きを読む
タグ:恩田陸
posted by 濫読ひで at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。